【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

もうすぐ夏休みに入るのかな?夏休みは夏休みでしんどいよね

投稿日:2017年7月17日


 

この連休が終われば、学校も夏休みに入るんでしょうね。

嬉しいような、でも、なんかスッキリしないような夏休み。そうじゃありませんか?

私はずっとそんな気持ちで過ごしてきました。

 

息子はどうだったのだろう???

決して心から楽しめるということはなかったのではないかなと思います。

普通は休みは嬉しくて「やーったー!」という感じで、それは登校しているからからこその喜びでもあったんですよね。

不登校の子供の心を察するに、普段よりかはちょっとだけ楽という感じなのかな?

  • とりあえず日中外に出歩いても変な目では見られない
  • でも、外に出ればそれは学区内の誰かに会う可能性もあるということで、「好奇の目」に耐えることもある

こうした葛藤があるような気がします。

 

親は親でまた別の意味で気が重い。

学校との諸連絡やらが一時的になくなるのは嬉しいけど、我が家の場合は帰省があるので、それが重ーくのしかかっていました。普通に旦那さんの実家に帰省するだけでも、女性にしたら負担な行事ですよね?そこに不登校の事実が重なるから尚更ね。

小学校、中学校までは、私達が学校のことを聞かれるのを怖れていました。根が正直なもので、ごまかし方も下手だしね(/o\)。高校の時は、通信制高校ということは伝えていたので、実家の方が気を使って何も触れてきませんでしたし。

このお互いの空気感がとても異様で、私は嫌でした。こういうストレスも大きかったです。

両親や義両親は、不登校にショックを受け、心配し、そして、その理由を母親に求めてきます。説明をしても納得してもらえることはまずないし、不登校に関して心を通い合わせることはできません。大きな壁がありますね。

だから、心構えを持っていても帰省は結構辛いもの。ただでさえ重い行事なのに、不登校の母親はさらにもっと重いものを背負って帰省をするようなものですから・・・。

不登校の母は大変だー!年中ストレスだらけ(笑)

これから、この計画を立てるママが多数いるのかなと思うと、どうか、頑張りすぎないようにしていただきたいと願ってしまいます(なかなか難しいんだけどね・・)

 

今年は息子も大学生で、しかも、まあまあ通えている。大学生活のことも普通に話せる環境にはなっていますけど、今年は今年で3人の予定をすり合わせるのが難しい(笑)

地元に両家があって、ちょっと顔を出して帰って来れるくらいがほどよいのかもね。

 

受験生のお子さんをお持ちだと、ママのストレスもきっとピークです。今は感じていなくても、ジワジワと蓄積しているので、たまには「シュッ!シュッ!」と蒸気を抜いて下さいね。

夏休みは夏休みでしんどいと私は思っていましたけど、あなたはどうでしょうか?

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校<魅力的な人であれ!

  あなたの目の前に男性がいます。 1人は品良くスーツを着こなす紳士タイプ。 もう1人は、ガッチリ体型で、優しさと強さを感じさせるスポーツマンタイプ。 もう1人、登場してもらいましょう。人を …

人生において大切にしたものが残ります。あなたの大切なものは何ですか?

  お盆にも地方なりの風習があって、様々ですよね。 お盆期間中、毎日お墓参りにいくところもあるみたいですし。 私が子供の頃は、お坊さんがわざわざ家まで来て、お経をあげていましたが、今はお寺で …

子供が可愛いか、孫が可愛いか~おばあちゃんになったらの妄想

  昨日、友達と孫の話になりました(笑) 私の年齢でおばあちゃんになってる人もいるとは思いますけど、私の親しくしている友人の中で孫がいる人はまだいませんね。   「孫は勿論可愛いと …

普通に通える子と不登校の子の掛け算がちょうどいいかも・・・

  なんかね、今日はつぶやきに近い投稿を。 物事を覚えること、 何かを習うこと、 勉強すること、 これらには、効果的に学べる順番というものがあります。 でも、その順番が全てではないこともある …

たくましい女性~どのように考えるかで違うものです

  たくましい人っていますよね。 本人の性格と言ってしまえばそれまでですが、見習うべきところは多いので書いてみます。   こんな話を聞きました。 ある女性の話です。 離婚した後に、 …