【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

もうすぐ夏休みに入るのかな?夏休みは夏休みでしんどいよね

投稿日:2017年7月17日


 

この連休が終われば、学校も夏休みに入るんでしょうね。

嬉しいような、でも、なんかスッキリしないような夏休み。そうじゃありませんか?

私はずっとそんな気持ちで過ごしてきました。

 

息子はどうだったのだろう???

決して心から楽しめるということはなかったのではないかなと思います。

普通は休みは嬉しくて「やーったー!」という感じで、それは登校しているからからこその喜びでもあったんですよね。

不登校の子供の心を察するに、普段よりかはちょっとだけ楽という感じなのかな?

  • とりあえず日中外に出歩いても変な目では見られない
  • でも、外に出ればそれは学区内の誰かに会う可能性もあるということで、「好奇の目」に耐えることもある

こうした葛藤があるような気がします。

 

親は親でまた別の意味で気が重い。

学校との諸連絡やらが一時的になくなるのは嬉しいけど、我が家の場合は帰省があるので、それが重ーくのしかかっていました。普通に旦那さんの実家に帰省するだけでも、女性にしたら負担な行事ですよね?そこに不登校の事実が重なるから尚更ね。

小学校、中学校までは、私達が学校のことを聞かれるのを怖れていました。根が正直なもので、ごまかし方も下手だしね(/o\)。高校の時は、通信制高校ということは伝えていたので、実家の方が気を使って何も触れてきませんでしたし。

このお互いの空気感がとても異様で、私は嫌でした。こういうストレスも大きかったです。

両親や義両親は、不登校にショックを受け、心配し、そして、その理由を母親に求めてきます。説明をしても納得してもらえることはまずないし、不登校に関して心を通い合わせることはできません。大きな壁がありますね。

だから、心構えを持っていても帰省は結構辛いもの。ただでさえ重い行事なのに、不登校の母親はさらにもっと重いものを背負って帰省をするようなものですから・・・。

不登校の母は大変だー!年中ストレスだらけ(笑)

これから、この計画を立てるママが多数いるのかなと思うと、どうか、頑張りすぎないようにしていただきたいと願ってしまいます(なかなか難しいんだけどね・・)

 

今年は息子も大学生で、しかも、まあまあ通えている。大学生活のことも普通に話せる環境にはなっていますけど、今年は今年で3人の予定をすり合わせるのが難しい(笑)

地元に両家があって、ちょっと顔を出して帰って来れるくらいがほどよいのかもね。

 

受験生のお子さんをお持ちだと、ママのストレスもきっとピークです。今は感じていなくても、ジワジワと蓄積しているので、たまには「シュッ!シュッ!」と蒸気を抜いて下さいね。

夏休みは夏休みでしんどいと私は思っていましたけど、あなたはどうでしょうか?

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子がコンタクトレンズに挑戦しました!

  昨日は息子がコンタクトレンズを作ると言って、大学終了後1人で眼科へ行ってきました。 使い捨てのソフトレンズです。 大学に入って目覚めた?笑 髪もワックスつけてツンツンさせたりしているし笑 …

楽しさを提供する教育

  息子のゴルフも今日が最終日。 私的には「よく毎日9時に通えたね~」が大きくて、未だにこんなことに感動を覚えてしまいます。 でも、息子本人は私が思うほど時間的なルールには苦痛を感じていなか …

不登校息子の大学生活がスタート!今日は入学式です

  今日は入学式。 昨日はガイダンス初日でした。 盛りだくさんの情報で頭はいっぱいいっぱいのようですけど、表情は不安そうでありながらも明るさを感じられます。 最初は説明やら、登録やら、やるこ …

家の『氣』を整えることが、私にとっては心の平安につながります

  全国的に夏休みに入った頃でしょうか? 不登校の親にはあまり実感がないんですけどね。 夏休みは三食作らないといけなかったり、家で一人の時間が持てなかったりと、子供は嬉しくても、母親は大変か …

息子から出た意外な言葉

  何をやってもうまく行かない日ってありますよね? 『今日はやだ・・・もうダメ』っていう日。 願書記入をしたその日、その日が息子に取ってはそんな日だったようです。 いつも持ち歩くiPhone …