【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

ちょっとだけホッとしたこと♪

投稿日:2017年10月4日


 

息子がここ1週間ほど大学を休んでいます。

不登校復活?

と心配してくれた友達がいましたが、多分大丈夫(^^;;

鼻水と軽い喘息発作、それにお腹に来る風邪のようです。一番お腹がひどいですね。

お腹は空くけど、食べると胃もたれがやってきて、ものすごく怠さを感じ、何時間でも寝れる状況。

起きては寝ての繰り返しです。

それでも、昨日は1コマだけ出席できるところまで元気が戻ってきたところでした。

寒暖の差が激しいので、気を付けて過ごして下さいね(^_−)−☆

体調を崩すと全てがストップしてしまいますから。

大丈夫か?自分!と戒めも込めておきます(笑)

 

で、ですが、

休んである間にもいろいろと流れがありまして、10月に入ってから、前期の履修講義の成績発表もありました。

おかげさまで、単位を落とした講義はなく、これだけは落としたくない!と言っていた講義もなんとか履修できていて、本人もホッとしているようです。

私もね、今だから言えますが、学力的にちゃんとついていけるのかが本当にわからなくて、不安だらけでした(⌒-⌒; )

大学に入れたとはいえ、勉強面においてはカバーしていないところの方が断然多い息子です。

それは認めないといけないところで、普通に通えている子と同じようにできるのか?どこまで通用するか?は、私も自信は持てませんでした。

高校と大学は違うと思ってはいても、です。

 

なんとかやっていけそうな感じなので、一つ安心事項が増えましたよ。

本当はこれも本人の問題で私が気にすることでもないんですけど、親バカっていうところですよね。

 

どんな大学かにもよるかとは思いますが、息子の大学は不登校であってもついていける大学かな。あまり、この点は心配する必要もないのかなと思いました。

テストも筆記だったり、レポート提出だったり、ばらけているので、それが救いになっているのかも・・・。

テスト形式だけだと、息子には厳しかったかな?とも思います。

 

レポートは正解というものがないし、思考回路が特殊な息子は、他の子とは違った切り口から論理の展開ができてしまうみたいなので、簡単とは言いませんが、苦ではないようです。調べて書けるところも、暗記の必要性がないので向いているのかも、と分析しています。

 

何が言いたいかというと、不登校はハンデにはならないということ!

親が勝手に不安を膨らませているだけなのかもしれませんね。

 

子供も日々成長していくので、不安も一つ一つ消していってくれるということでしょう。

 

いい加減子離れして、自分のことを考えていいんだよ!と言われているような気がしましたね。

 

なんか、親子の立場が逆転しているような気分・・・です。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校で幸せを感じたこと

  夏休みも8月に入り、結婚して他県に住んでる友人たちが、代わる代わる帰省をしています。 両親が健在でも70後半~80代ですからね。マメに帰省する友人が多いですよ^^   私の同年 …

ミスを笑い飛ばして、次なる力を引き出そう!!

  私の好きな野球も今シーズンはソフトバンクの優勝で幕を閉じました^^ 半年以上も楽しませれくれた選手たちに感謝すると共に長いシーズンお疲れ様と言いたいです。 でも、厳しい実力の世界はこの後 …

親の欲望が不登校の問題を遠ざけます

  不登校の解決方法ってそもそもどのようなことなのでしょうか? これも人によって、異なりますよね。 学校に行ってくれたらそれで解決って方が多いのかな?   自分が求めるゴールによっ …

不登校は「ままならない」という学び。「ままならない」を身内で学ぶか?それとも外で学ぶか?

  息子が大学に行くようになって、私も家で一人でいる時間が多くなりました。 家族を送り出した後にホッとする気持ちとはこういうことかな? おそらく普通の主婦が味わっているだろう感覚を今味わって …

私たち夫婦関係の流れを振り返ります その②

  サクッと書くつもりが長くなってしまっています(笑)。早速続きを書いていきますね。 前回は、 私たち夫婦は職場結婚で、息子が生まれる前まではとても仲が良かったこと 息子が生まれてから私たち …