【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

あなたの心は今どこに向いていますか?自分の心を時々見直すことも大切です。

投稿日:2017年2月10日


 

昨日はちょっと嬉しいお客様がありました。

と言っても、友達とかではなく、保険のセールスレディです。つまりは、私がお客様ってことなんですけどね。

でも、会えば話も弾み、結構な時間を過ごしていくことも多いんですよ。

昨日もそうでした。

仕事の話をした後に雑談になって、それから、彼女の過去の話になり・・・

 

息子のことも小学校時代の低学年から知っている彼女。今受験なんだよ、心理系を希望しているんだよ、という話になって、

『じゃ、私も話を聴いてもらおうかな?』

とニコニコするのです。

 

会話の流れで言ってくれたのかと思ったんですが、そうではありませんでした。

彼女も心理系を卒業していること。
心理系に進んだ理由も彼女の過去が関係していること、を話してくれたのです。

それは、彼女の容姿、明るさからは想像もできないようなもので、辛い辛い過去でした。

親子の間で誤解があって、
精神面から病気になり、
親に対する間違った思い込みに気付いて、
親も赦し、自分も赦して、
今があると。

 

人の気持ちを知る、感じる、というのは難しい。

経験のないことは、尚のこと難しい。

 

セラピーやカウンセリングを受けるにしても、知識で頭でっかちだけの人には相談したくはない、そのような方はすぐわかる、とも話してくれました。

これは、私にとっても息子にとっても大切な一言。

 

知識も生きていくためには必要だけど、心には勝てないですね。

そう思わされました。

 

これは、私にとっては原点のようなものなんですよ。

心は大切で、接する相手にも心は入るし、つくるものにも心は入ります。
どんな心を持つかでその人が放つ雰囲気も変わります。

辛い経験をした人、心を痛める思いをした人は、特に敏感にそのオーラを察知しますね。

心ってごまかせないものなんだな、伝わってしまうもんなんだな、と強く思う朝です。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お子さんのにはお子さんの理解者が、お母さんにはお母さんの理解者がいたら理想かな^^

  お陰様で、親子共々日に日に体調が良くなっています。 この良くなっていく過程ってすごく気持ちいいですよね。体が軽くなるし、食事も美味しいと感じられる。「さぁ、頑張ろう!!」という新鮮な気持 …

息子が久しぶりの喘息発作でした・・・

  息子は元々が喘息の持病持ち。風邪を引くと弱いところを突かれますね。ちょっと咳発作気味で昨日は病院に行っておりました。 夜には38度まで熱が上がったし、密かに「肺炎かなぁ」と用心しつつ、幼 …

不登校<魅力的な人であれ!

  あなたの目の前に男性がいます。 1人は品良くスーツを着こなす紳士タイプ。 もう1人は、ガッチリ体型で、優しさと強さを感じさせるスポーツマンタイプ。 もう1人、登場してもらいましょう。人を …

不登校にこだわりすぎていると、やりたいことをできずに歳だけとります

  赤本の国語の評論文問題で、うん、そうだよねって思ったことがあったので、今日はそれについて書きますね。 それは、健康に関するものでした。 1950年代後半、日本での主要死因は結核でしたが、 …

今日は坐禅の講義があるから休めない?息子は行けるかな?

  一度発作を起こすと、息子の場合は落ち着くまでに一週間はかかります。 大学が近いのはいいのですが、場所がはちょっと小高いところにあり、行きは坂、キャンパス内も坂、そして、極めつけはエレベー …