【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

あなたの心は今どこに向いていますか?自分の心を時々見直すことも大切です。

投稿日:2017年2月10日


 

昨日はちょっと嬉しいお客様がありました。

と言っても、友達とかではなく、保険のセールスレディです。つまりは、私がお客様ってことなんですけどね。

でも、会えば話も弾み、結構な時間を過ごしていくことも多いんですよ。

昨日もそうでした。

仕事の話をした後に雑談になって、それから、彼女の過去の話になり・・・

 

息子のことも小学校時代の低学年から知っている彼女。今受験なんだよ、心理系を希望しているんだよ、という話になって、

『じゃ、私も話を聴いてもらおうかな?』

とニコニコするのです。

 

会話の流れで言ってくれたのかと思ったんですが、そうではありませんでした。

彼女も心理系を卒業していること。
心理系に進んだ理由も彼女の過去が関係していること、を話してくれたのです。

それは、彼女の容姿、明るさからは想像もできないようなもので、辛い辛い過去でした。

親子の間で誤解があって、
精神面から病気になり、
親に対する間違った思い込みに気付いて、
親も赦し、自分も赦して、
今があると。

 

人の気持ちを知る、感じる、というのは難しい。

経験のないことは、尚のこと難しい。

 

セラピーやカウンセリングを受けるにしても、知識で頭でっかちだけの人には相談したくはない、そのような方はすぐわかる、とも話してくれました。

これは、私にとっても息子にとっても大切な一言。

 

知識も生きていくためには必要だけど、心には勝てないですね。

そう思わされました。

 

これは、私にとっては原点のようなものなんですよ。

心は大切で、接する相手にも心は入るし、つくるものにも心は入ります。
どんな心を持つかでその人が放つ雰囲気も変わります。

辛い経験をした人、心を痛める思いをした人は、特に敏感にそのオーラを察知しますね。

心ってごまかせないものなんだな、伝わってしまうもんなんだな、と強く思う朝です。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ある女子校生の話から。彼女の好きなマンボウとは?

  今日は息抜きブログ。 くだらない内容です^^   私はカフェで本を読んだり、書き物をしたりすることが多いです。 で、先日行ったカフェでの出来事。   私は窓に面したカ …

不登校は親にもストレスがかかります。そのストレスを自分でどこまで理解していますか?

  ストレス・・・ ストレスの強い人、弱い人。 ストレスの対処の仕方が上手な人、うまくできない人。 なぜ、こんなに差が出るのかな・・・と時々思います。   私は、ストレスとはうまく …

我が家の連休初日はこんな感じでした♪今日は完全プライベート記事です(^^♪

  昨日の朝まで気付かずにいたけど、3連休だったんですね。 みなさんいかがお過ごしですか? 土曜日はいつも道路が空いているのに、なぜか混んでて「そっか、3連休かー。」と気付きました。 我が家 …

「不公平感」の感情を乗り切るにはどうしたらいい??

  昨日の息子のゴルフの講義はゴルフ練習場での打ちっぱなしだったそうです。 午前中、ひたすら打つ(笑) 面白かったけど、やっぱり、ボウリングの方が好きだなと言っていました。 10年ぶりにやっ …

カウンセラーという仕事

  何度もこのブログに登場するカウンセリングドクターですけど、またひとつ笑える話を思い出しました。 大学時代、心理学の教授にある質問をしたそうです。 その質問というのが「先生は心理学を教えて …