【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

今日は二人で偏頭痛。不登校がもたらすストレスというもの

投稿日:2016年11月12日


 

私と息子は似た体質のところがあります。

気圧低下で頭痛が起きることがあるというところ。

先日が正にその日。二人で怠い、重い・・・。

 

でも、学校に行かないといけない用事があり、その状態で学校にも行き、案の定、帰宅後二人でダウン・・・笑

息子に至っては、学校に行ったせいか、右目奥がチカチカすると偏頭痛の前触れ。

そんなに学校が嫌なのかー、と改めて思った次第。

私も、本当は年々気持ち的には楽になっているはずなのに、ストレスが体調面に出てくることが多くなってきたなぁと実感。

歳と言えば歳なのかもしれないですけどね、

体力低下は避けられなくても、それを上回る精神の成長があっても良いかとも思ってるので、まだまだ伸びしろいっぱいです笑

 

不登校の子は、生活リズムが崩れがちですし、体調面も優れないことが多いですよね。

それを見ている親も、平常心でいられないこともありますから、親も精神的に負担がかかっていると思います。

自分自身がストレスを感じている時、体調不良を感じる時、私は、不登校がもたらす大きな心の負担というものを感じてしまいます。

学校に行っていないという事実だけ見れば、苦痛な場からは逃れられています。

しかし、心まで逃れられているのではないんですよね。

 

ここも見えない部分・・・。気付けていますか?

 

見えないだけに、気付けていないこともあり、理解が難しいところでもあり。

息子が大学生になって、社会人になって、お互いの心がどう変化していくのか?今は未知です。

ずっと、今よりは良くなっているだろう?そう思って過ごしてきたけど、どうなんだろう?

前に比べたら、心はずっと楽なのかな?通えない状況は変わらずなのにね。

数年後はどう思っているのだろう?

ここに今の気持ちを記しておくことも、未来からの振り返りの時に感慨深いものになるかな?

そう思って、不安と希望の心のうちを書いておきます笑

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校で苦しさを感じるとき、私はこうやって落ち着きます。

  もっともっとと追い求めていると、いつまでも尽きないことに気づく。 これは昨日の記事で書いたことです。 息子は歩き始めるのも、言葉を発するのも遅く、検診では別室に通されました。 ここで言う …

「〇〇できて当たり前」は、自分に対して使う言葉

  試験一日目が終了しました! 得意の数学が難しかったー、と得点を伸ばせなかったようで、雪の降る中、心も身体も凍えて帰宅しました。 いくら過去問を解いても対応しきれないものはあるし、イレギュ …

不登校の子供が安心する場所には、安心させる方がいるはずです。

  昨日は息子とヘアカット。 息子の伸び放題の髪もスッキリです。 美容師さんとはボウリングを通じて知り合い、つき合いはまだ10年ぐらい。ですけど、まるで家族のような気楽さで、実家に行くような …

本日は息子の後期の試験日。でも、本音は行きたくない大学です(^_^;)

  実は、今日は息子の私立の後期試験日。 3月にもなると、卒業式もあって受験ということを忘れてしまいますね。 それだけ真剣ではないということか? 我が家には必死さの空気はなく、今日が試験とい …

不登校であっても、興味の持てることを数十年続けたら、それはその子の強み

  昨日の新聞に、ノーベル医学生理学賞を受賞した、大隅さんの記者会見でのメッセージが書かれていました。 私的には、とても響く深い言葉。 引用させていただきます。   「興味を持てる …