【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

子供が興味を示すところには何かがある

投稿日:2016年11月11日


 

アメリカの大統領がトランプ氏に決まりましたね。

個人的な感情はさておき、多くの人が注目していたのは明らかです。

日本の政治に興味を持てないような人も、学生も、アメリカの大統領選は気になって見ていたのではないでしょうか?

息子が言うには、ツイッターでの話題は、大統領選がトップだったそう。博多で大規模な陥没事故もありましたが、それよりも上回っていたとのことです。

第一、息子が大統領選挙のことを話す自体がその証拠ですよね。

日本の政治に興味のない息子が、トランプ氏優勢らしいよ〜と途中経過を教えてくれたり笑。

アメリカは世界の心臓ですし、政権交代は日本にも大きく影響します。

さらに、トランプ氏は強烈な個性を持っている方ですからね。

息子が注目したのは、世界に影響を与えるアメリカということだけではなくて、興味を引きつけるエンターテイメント性もあるんでしょうね。

見ていて面白い!と言っていました。

確かに・・・

この辺は、アメリカと日本の文化の違いかな。

 

前に思ったことがあります。

息子を留学させたら、きっとのびのびとやっていくだろうなって。

アメリカの方が合うのかも、と漠然と思い、提案したこともありました。

でも、息子は日本にいたいそう笑。日本大好き。地元大好き笑。

日本の学校が合わなくて、アメリカだったら合うかも・・・と嘆きたいわけではありません。

子供が興味を示す何かがある
注意を引きつける何かがある
面白いと思わせる何かがある

というところに注目したいんですね。

学校に行かないのはいいとして、生活までつまらなくする必要はない。

行けない後ろめたさを感じるより、笑顔を引き出しながらの生き方を教える方が良い。

学校の勉強のやり方が全てではなくて、他のその子に合う勉強法を求めるのも良い。

サラリーマンではなく、子供の特性を伸ばせる仕事を思い描くのも良い。

環境が合わないのなら、合う環境を探すのも良い。

探してもなければ、自分がつくれば良い。

 

子供が興味を示すところには、何かがありますよね?

ただ、流してしまわないで、何がこの子の気を引いたのだろうと考えてみるのも私のやることです。

 

さて、最後に・・・

息子が今回の大統領選に興味を持っていたのは、トランプ氏のキャラクターでしょうね。

人とは違う、そのような方に目がいくのかな?

人と同じはつまらない!

息子の心の声が聴こえるような気がします。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

育児も不登校も修行ですね^^

  以前、子育てで悩んでいた時に、江原啓之さんの本でこんな言葉を見かけ、心に残っていたことを思い出します。 人間として成長するために必要なことは、 結婚すること(親になること)、 上司になる …

不登校だからこそ大学が合うのかも。高校がダメだから大学も通えないとはならない

  昨日、カテキョーくんと息子と私と3人で話していて、不登校の子ほど、もしかしたら大学があうのかも・・な話になりました。 息子は明らかに大学が合っていたパターンですけど、それは息子本人が違い …

不登校による感情のアップダウンにどう対処する?

  昨日ある音声で聴いて耳に残った言葉がありまして、それが、 「自分が理解していないゲームで勝つことはできない」というモノ。 これはカジノについて言っていたんですけどね、日本で考えるならパチ …

今日は【ありがとう!】と言われることを一つだけしてみよう

  最近春らしく暖かい日が増えてきたので、日常にウォーキングを入れています。 ウォーキングと言っても、そんなにガチなものではなく、買い物に歩いて行ったり、街中まで電車を使わず行ったり、その程 …

親のボキャブラリーを増やすことで、子供に伝わりやすくなる

  今日はいよいよセンター試験。まだまだ先のことと思っていたんですけどね。時は訪れました。 心配、ハラハラするものかと思っていたけど、我が家は割と平常ですね。 少し前の私なら、試験時間に頭が …