【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

不登校であっても、興味の持てることを数十年続けたら、それはその子の強み

投稿日:2016年12月9日


 

昨日の新聞に、ノーベル医学生理学賞を受賞した、大隅さんの記者会見でのメッセージが書かれていました。

私的には、とても響く深い言葉。

引用させていただきます。

 

「興味を持てる分野で、最初に持った素朴な疑問を追究してほしい」

「私は競争が得意な人間ではなかったが、
顕微鏡をのぞいて観察する時間だけは誰よりも長かった」

河北新報 2016年12月8日(木)より

 

 

息子に言って下さっている言葉のように感じました。
一つのことに興味を持って、それを継続できたら、それがその子の強み。

私達親が、常日ごろから、我が子の興味を持てる分野が何であるのか、親が興味を持って見ればいい。

学校に行かないことは、不安でもあり勇気がいる行動だけど、我が子の将来を考えたら悩んでもいられない。

悩まない、というと勘違いされるかもしれないんですけど、

私が言いたいのは、ネガティブな後ろ向きの悩むのではなくて、どうやったら、この状態でも自立していけるか、と前向きに悩みたい。

これは、お子さんを持つ親は共通ですよね。
学校に行っていても、行っていなくても同じだと思います。

 

天才と呼ばれる人達の共通点は、何十年も同じことを継続できることです。

イチロー選手、タイガーーウッズ、小さい頃から野球であり、ゴルフをしてきました。
それも普通レベルで続けているのではなく、父親がつきっきりで熱血指導してますよね。

取り組み方が全然違います。

スポーツに限ったことではありません。

ウォーレン・バフェットは11歳から投資を始めて、現在は86歳。75年も投資の世界にいます。

斎藤一人さんは中卒。サラリーマンの経験がないから、社長業を続けるしかないと言っていて、ずっと社長業をしています。

エジソンもそうですね。
成功するまでやり続けるから失敗はなくて、うまくいかなかった大量のデータを取得していました。

 

ちょっとやって、結果が出なくて、すぐ辞める人がほとんどです。
ちょっと、というのも上記の方たちから見たら、続けているとさえ言えないのかもしれません。

 

嫌いなものは続かないけど、好きなものは続けられる。

私はそこに目を向けても良いと思っています。

 

あなたのお子さんの好きなことは何ですか?

どんなことに興味を示していますか?

 

この問いに答えられますか?

わからないのなら、ぜひ、探してみてください。注意して観察してみてください。

誰でも困難とも思わずに、続けることができるものを秘めているはずだと思います。

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

初めての経験を重ねて自信がつきます

  昨日は息子の登校日。 センター試験の願書記入を行うためでした。 願書を記入し、先生に確認してもらい、受験料として持たせたお金を持って、自分でゆうちょ銀行に振り込みに行ったそうです。 正確 …

あなたにとっての不登校の解決は、登校できるようになることですか?

  あなたの不登校の解決とは、どのようなものでしょうか? この質問の答えに明確に答えられる方はどのくらいいるのでしょう?   何を分かり切ったことを聞いているの? と思われるかもし …

自分へのクリスマスプレゼントは、卒業後の息子の姿

  昨日はクリスマスイブ。 もう、大人揃いの我が家は平常モードです。 息子が欲しいものは、 ・現金 ・合格通知 だそう。 合格通知は自分でプレゼントしてもらって^^; 現金もね、18歳ですか …

親が子供に愛情をたくさん注げば、子供は親の愛に応えるんですね

  先日ブログを見てまわっていた時のこと。 不登校とは一切関係なくても、目に入る記事というのはありますよね。 私は、気になったものは無視せず、そこにある考えを不登校に生かせるか?と考えるよう …

不登校でも【あなたがいい♪】と言われるように

  プロ野球も交流戦が始まって、主人の機嫌が良い我が家です。 主人は長年のジャイアンファンでしたが、今は地元の楽天を応援しています。 セならジャイアンツ、パなら楽天って感じですね。 ですから …