【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

子供は生きがい。でも、自分の目標も持っていたい。

投稿日:2016年11月13日


 

子供は思うようには動かない。

不登校のお子さんを育てている方は、よくよくわかることでしょう。

さて、さて、あなたも親の思い通りに育ったのでしょうか?

私は育っていません笑
私の兄も同じです。

 

そして、今まさに、主人と義母の間で同じことを見せられているところです。

主人も親の思う通りには生きていません。

主人は地元を離れて、宮城で職を見つけ、私と結婚しその後ずっと宮城にいます。

今では、地元よりも宮城に住んでる期間の方が長くなりました。

義両親の本音・・・地元にいて欲しかったです。

 

この気持ちよくわかります。

でも、全てが自分の思い通りにいかないのが育児なんですよね。
一番感じているのは母親だと思うし、それをどう乗り越えていくのかというのがそれぞれの課題。

 

不登校ではなくても、みんなそれぞれに思い通りにいかないものを持っていて頑張っているんですよね。

母親はすごいです。

でもね、親子ではあっても、子供は親の所有物ではなくて1人の意思を持った人間ですから、親は子供の人生を尊重し、子供も親の人生を尊重する、このことは必要だと思うのです。

これは、親子に限ったことではないですね。全ての人の人生を尊重し、自分の人生も尊重することですよね。

母親は子供のために生きてしまうところが少なからずあると思います。私はその傾向があるので、今後気を付けていかないとと思っていますよ。

これはもう、性格もあるんでしょうが、大らかな気持ちを持っている方や精神的に自立している方は強いです。

今日の地元の新聞に、三浦雄一郎氏の話が載っていました。84歳。今も夢と目標を持って、行動しています。その姿から、充実した毎日を送っているんだろうなぁと感じました。

若いし、元気、活力も感じます。人生を楽しんでいます。

これは目標があるかないかの違いだと思うんですよね。

子供の成長を楽しみにして、生きがいにするのも一つの方法ではあるけれど、子供以外の自分なりの目標を持っていたいな、と本日改めて思いました。

歳を取ってからの生活にこそむしろ必要と思えたし、私は一人息子ですから、なおのこと、息子中心にならないようにしないと自分が苦しくなってしまうかな?

これからは、息子を見守りつつも自分自身の人生にも目標をつくって、笑いのある毎日を送っていきます(o^^o)

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の息子は戦わない。これが彼のゆるい心をつくっていたのかな?

  息子の心はゆるーい。 これは私が今感じている素直な心。 息子は、戦わない。 これなのかな?と思いました。   どういうことか説明しますね。 今現在、私は左耳の不調を感じていて、 …

息子の分析&私の想い

  息子がアスペルガー? これを初めて聞いたときは、ショックより驚きでした。 でも、他人から見てそう見えるということは、客観的な判断でしょうから、NOとは言えませんね。 それからは私もアスペ …

不登校の息子の主張と主人の主張の違い

  今日は主人と息子が、あるテレビを見ていて、主張のぶつけあいとなっていました。 決して口論ではないんですけどね。 でも、私はそばで聞いていて、息子は本当に学校が嫌いなんだとよ~くわかったよ …

突然、自分だけ他のクラスに行くことを命じられたら・・・どんな気持ちになるだろう?

4月からは新年度。 新たに入学する子もいれば、進級してクラス替えとなる子もいます。先生も変わりますね。 子供たちにとっては大きな大きな環境の変化です。 進学は勿論だけど、進級でも内向的な子たちにとって …

【不登校】という「変化」が「進化」になる時がきっと来る!

  日々の生活に変化があるのと変化がないのとでは、あなたはどちらを好むのでしょう? 毎日、同じことを繰り返して一日を終えたりしていませんか? 変らぬ毎日に感謝することも大切だけど、変わらない …