【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

ちょっとだけ【不登校】時代に逆戻り???

投稿日:2017年8月18日


 

楽しい時間はあっという間・・・のようです(笑)

A君帰宅後は「暇~」を連発していた息子。

でもね、そのあとは、なぜか?なぜか?

あるカードゲームでのカードを引き当てる確率を求めるのにハマって、集中していました。

昨年まで使用した数学の参考書etcを引っ張りだして、まあ、リビングの床一面参考書だらけにしてくれて(笑)何か受験時代に逆戻りしたようでしたよ。

まだまだ、私は息子が大学に行っているいうのが違和感だらけで、この受験さながらのスタイルがまだまだ現実に感じる。この姿の方がしっくり来るし、落ち着くところが私にはあるんですよね。

「あー、いつもの息子に戻ったぁ」という感じです(^_^;)

 

これは、息子にも主人にもあるみたい。

実際、大学に通っている息子もフッと現実から飛ぶ瞬間があるようで、「俺、ここの学生。学籍番号ある!」と言い聞かせてみたり(笑)

主人も私も学生時代にこのような感覚になったことはないので、これは親が感じる特有のものなのか、それとも、不登校の子が社会生活に入っていたことに関して感じるものなのか、そこはまだ不明です。

 

我が子が志望大学を決めて、親もそれを願って応援し、そして入学を勝ち得たときに、憧れが現実のものとなり、こうした感覚はあるのかなぁと想像したりはしています。

もっと極端な例で言えば、オリンピックでの金メダルを目指してそれを手にしたときがそうかな?

「夢じゃないのか???」と思う感覚が選手にはあるかと思うのですが、私が持つのはそういう感覚かな?

お陰様で、体調の方は家族3人落ち着いてきて、日常でも快適に過ごせるようになってきましたけど、まだまだ心の面では馴染んでいませんね(^_^;)

 

息子も久しぶりに触った確率問題が楽しかったようで、カテキョーくんに「これで合っていますか??」とメールを送って、解答を求めていました。

カテキョーくんも夏休み中なので、普通なら「休み中に悪いな・・」と思うところなんですけど、カテキョーくんも普通ではありません(笑)

こうした問いの吹っ掛けは、ちょっとしたレジャーそのものになります。

一つのことを掘り下げることが大好物。きっと火がつき、ものすごく長文のメールが返ってきそう。

息子もそういうところがあるし、カテキョーくんや息子は臨床心理士よりも教授職や研究職が合ってるのかも。対面する人の心理を追究するというより、学術面での心理を追究するという方が向いているのかな?というのが、今の私の感じるところです。

 

こうして、息子の観察を日々するのがちょっと癖になっていますね。

息子だけではなく、自分のことももっと客観的に観れたら・・・とつくづく思います。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の子供に昼夜逆転は起きやすい。これは、いいのか?悪いのか?

  夏休み、オリンピック、暑くて寝れない・・・ いろいろあると思いますが、息子の昼夜逆転が甚だしいです(笑) オリンピックは興味がないようですが、友人も夏休みで夜更かししているので、LINE …

私も息子も偏頭痛持ち。遺伝であっても、責めずにうまく付き合うことはできます

  昨日、息子はほぼ一日寝て過ごしていました・・・ 私の正直な心は、『またか・・・』なんですけど、昨日は偏頭痛がひどく、起きていられなかったみたいです。   健康体の方にはわかりず …

カフェで叔母と話をして思ったこと~私の30年後はどっちかな?(;’∀’)

  先日、book&cafeで本を読んでいた時、偶然叔母夫婦に会って思いがけず話をすることになりました。 叔母は今年で81歳になるのかな? 見た目はとても若く、60歳後半にも見えるくらい。ず …

お子さんのにはお子さんの理解者が、お母さんにはお母さんの理解者がいたら理想かな^^

  お陰様で、親子共々日に日に体調が良くなっています。 この良くなっていく過程ってすごく気持ちいいですよね。体が軽くなるし、食事も美味しいと感じられる。「さぁ、頑張ろう!!」という新鮮な気持 …

不登校は親にもストレスがかかります。そのストレスを自分でどこまで理解していますか?

  ストレス・・・ ストレスの強い人、弱い人。 ストレスの対処の仕方が上手な人、うまくできない人。 なぜ、こんなに差が出るのかな・・・と時々思います。   私は、ストレスとはうまく …