【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

良い人、良い嫁、良い母、良い妻から卒業するには・・・

投稿日:2017年4月13日


 

新年度が始まって1週間余り。

皆さんそれぞれにいろんな思いや感情の中過ごされているんだろうなと思います。

私もその一人。

私は特に器用に立ち回れるほうではないので、人の忙しさや機嫌といったものに左右されることが多いです。

ちょっとここ数日の体調の波も息子の精神状態から私も同調している感じ。

息子が疲れを感じれば、私も疲れる。息子が元気なら、私も元気が出る。そんな感じの数日です。

 

感情とはいろんなことを教えてくれる大切なものですけど、マイナスの方へ傾くと本当に扱いづらいというのが私のこれまでの印象。

私はどうしてもこうしたサインを無視して頑張りがちのところがありました。

友人に危険なタイプだよ・・と言われたこともあるので、今は自覚だけはしているつもりです。

 

良い人であろう。
良い嫁であろう。
良い母であろう。
良い妻であろう。→と昔思ったけど、今はここからは解放されました。

 

「良い」であることはとても良いこと。

けど、無理があったら自分の心を無視した「良」なので、自分にとってはむしろ「悪」ですよね。

そして悲しいことに、その不自然さは相手にも伝わってしまう。

相手もその不自然さに居心地の悪さだったり、普通にしてくれればいいのにと思ったり、結局は「良い」ことなどないということに気付きます。

 

良い妻であろうというブロックを外せたように、他も外せれば人生楽に楽しく生きられるんでしょうね。

 

良い母であろうという思いも、今はそんなに縛られていないかな?
私自身、不登校期間中「不登校にも対処できる器量の大きい母」を目指して、理想の母親像のように振る舞っていたようなところもありました。

でも、不器用な私にそんなことができるはずもなく、ただ時間が過ぎて、でも、何も変わらなくて、結局は疲れてやめた、というのが大きい。

でも、時々はまた戻って良い母に戻ろうとしたり、行ったり来たりね。

そうこうしているうちに、高校を卒業した・・・、これが本当のところです。

 

このブロックというのは、私だけではなく、あなたも苦しむ厄介なものでしょう。

何度もぶつかってダメで、繰り返し繰り返し訪れるものですよね。

 

真の解放とは「どうでもよい!」と心から思えた時。

開き直りとも言えます。

 

わかってはいるんだけど、これができないから毎回苦しむんですよね。

そこに行き着く手段を自分で明確に具体化できたらいいのに・・と思います。

 

良い妻、良い母を卒業できたら、次は良い嫁卒業か・・・(笑)

 

これも修行ですね(笑)。やってみます(^_-)-☆

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校は学校が合わないという価値観

  最近思うこと・・・ 不登校はその子の価値観が学校と合っていないのかな、と。 人は誰でも価値観が合わなければ、居心地が悪いし、嫌いにもなりますね。 義務教育は9年にも及びます。 不登校の原 …

息子が久しぶりの喘息発作でした・・・

  息子は元々が喘息の持病持ち。風邪を引くと弱いところを突かれますね。ちょっと咳発作気味で昨日は病院に行っておりました。 夜には38度まで熱が上がったし、密かに「肺炎かなぁ」と用心しつつ、幼 …

私は視覚派。息子は聴覚派。知っておくと何を学習するにしても便利です

  私は家事をしながらよく音声教材を聴くということをするのですが、あまり、耳に入ってこないということもしばしば。 アイロンがけや洗濯物を干す時は比較的入るかな? あ、あと車の運転中も割と大丈 …

【恩送り】は最大の【恩返し】~私はそう思っています♪

  息子の特徴に、友人知人は息子より年上の方が圧倒的に多いというのがあります。 同じ歳の友人も数える程度で、年下となるとほぼいないんじゃないかな?のレベルで、偏りがあるんですよね。 これは本 …

不登校の親はある意味セールスマン的要素が求められますね

  先日、友人からの紹介で頭痛外来に行ってきました。 頭痛に特化して開院するのも珍しいなぁとは思いましたけど、まぁ行ってみてビックリ。 待っている患者さんの数、数、数・・・ 座るところがなく …