【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

過去の習慣が【今】の健康であり、今の習慣が【将来】の健康をつくる

投稿日:2017年3月27日


 

受験が終了し、息子と私には逆の症状が現れています。

私は一日睡魔に襲われ、息子は眠れない症状。

今日も友達が泊まりにくるので、おそらく徹夜かも・・・。

ちょっと心配になりますね。

ゲームを自分で解禁したのはいいけど、これもきっと眠れない要因になっているかと。

ほどほどに・・・です。

 

若くても勿論、そして、年取ってからも健康が第一というのは変わらない。

これはしっかりと覚えておいて欲しいです。

 

主人の話によると、同年代の同僚は健診で何かしらの異常が見つかることが多いそう。

「今まで何ともなかったのに、あちこち異常が出てきた」という話をよく聞くそうです。

でもね、いくら嘆いても、今までの蓄積してきたものが溢れてきただけなんですよね。

私の健康オタクの友人も「若いころのツケが50代以降に現れる」と言っていますし、私もその通りと思います。

 

喫煙は良いこと一切ないし、飲酒もほどほどにしないと後々自分が苦しむことになります。

酒も煙草もやらないから良いということでもなく、食習慣も将来の身体に大きく影響を及ぼすんですよね。

 

昔、私がまだ小さいころ、お相撲さんは何で短命なんだろう?と疑問に思ったことがありました。

今ではよくわかります。

体を大きくするのも必要で、食べるのも稽古だからなんですよね。

体重が増えて大きくなれば強くなれるかもしれませんが、内臓系には大きな負担をかけることになり、見えないところで老化を早めているのです。

 

若いうちは元気!健康に気を付けるということはおろそかにしがちですね。

でも、早いうちから数十年後の自分を見る習慣ができれば、「健康」にも注意を払えるようになります。

そこまで見れるかです。

 

不登校になって、私も息子の将来から逆算する考えが身につきました。

これは健康に関しても同じで、30代の後半にそのことに気付かされ、少しずつ習慣を改めてきました。

とはいっても、食べたいときもあるので、思いっきり食べることもありますよ。が、その後の調整は必ずいれます。

お金もそうですね。一攫千金を目指すより、長期に渡って稼げる視野を持った方が安定につながります。

楽して稼ぐとか、棚からぼたもち的な稼ぎ方などないです。

 

人生も後半戦になって気付くことが多く、でも、これらは経験したからこそ気付けたこと。

気付けたら取り入れ改めていけばいい。今からでもつくれる。

私はそう思っています。

 

赤信号になって気付いたのでは、後悔も多い。

黄信号で気付けば、まだ何とかなるかもしれない。

できれば、青信号でずっと人生を送れるように、毎日を大切に過ごした方がいいですね。

 

あー、息子が将来を気にして実行していることが一つあります。

それは【頭皮】

私の家系では男性はキレイにハゲ(笑)

主人の方は白髪。でも、その中で主人が一番頭皮が薄い(ハゲではないんですけど)。

 

自分の将来の頭皮を気にして、

パーマはかけない!カラーもしない!を貫くそうです(笑)

 

そうそう、その考えは良いよ。合ってる(笑)

それを健康や将来の目標にも活かせるようになるといいね^^

 








-つぶやき

執筆者:


  1. 神無月 より:

    はじめまして、神無月です。
    我が子も不登校高校生です。
    中学2年生の3学期に睡眠障害になり、2ヶ月の入院をしました。
    入院後は、療養しながら高校受験の準備をしました。
    高校へ入学は出来ましたが、2学期から体調不良となり登校できていません。
    3学期も登校できず、通信高校への転校になりました。
    この春から高校1年生をやり直します。
    毎日が不安です。 心のことも体のことも

  2. befield より:

    神無月さん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    大変でしたね・・・。

    私の息子も通信制でしたが、登校しなくてもいいスタイルは心の負担を軽くしてくれていたみたいです。
    神無月さんのお子さんもそう感じられるといいですね。
    自宅で勉強するのも決して不利ではないと私は思っています。
    体調を見ながら、自分のペースで進めることができるので。
    息子も健康ではないですが、自分のペースでやっていました。
    通信制の高校がお子さんに合うといいですね

  3. 神無月 より:

    コメントありがとうございます。
    不登校の娘を受け入れることが出来ず、違和感のある生活をしています。
    明るく振る舞っていますが、時々、心にぽっかりと穴が開いたような
    気持ちになります。 
    優秀だった娘は、全く勉強もしなくなり、性格まで変わったように
    思います。
    娘も私も希望が持てず、時間だけが過ぎています。
    早くこのトンネルを抜けたいと思いますが、気持ちに余裕がなく
    どう、子どもに向き合ったらいいのかわかりません。

  4. befield より:

    コメント返信が遅くなりすみません。
    昨日はどのように返信しようかと考えておりました。

    今が一番闇が深い状況なのかもしれません。

    でも、光は必ずありますし、時間が流れて見えてくることもあると思います。
    闇が深いときが夜明け前ですから。

    外を見たらもしかしたらその光が見えるかも・・・
    ちょっと外も見てみませんか?

  5. 神無月 より:

    コメントありがとうござます。
    きっと、私が成長しないとこの状況を変わらないのかもしれませんね。

    子育てがこんなに苦しいこととは思いませんでした。
    ゆっくりでも前を向いて歩みたいと思います。

    ブログ、心の支えにします。感謝しています。

  6. befield より:

    おはようございます。
    子供は思うようには育ちませんけど、我が子は可愛いですよね。
    可愛い我が子だから、どなたも投げ出さずになんとかしようとしています。
    これこそが、母親の愛です。
    私も今後もゆっくり自分と向き合っていきます。
    いつもご訪問ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「不公平感」の感情を乗り切るにはどうしたらいい??

  昨日の息子のゴルフの講義はゴルフ練習場での打ちっぱなしだったそうです。 午前中、ひたすら打つ(笑) 面白かったけど、やっぱり、ボウリングの方が好きだなと言っていました。 10年ぶりにやっ …

カフェで叔母と話をして思ったこと~私の30年後はどっちかな?(;’∀’)

  先日、book&cafeで本を読んでいた時、偶然叔母夫婦に会って思いがけず話をすることになりました。 叔母は今年で81歳になるのかな? 見た目はとても若く、60歳後半にも見えるくらい。ず …

息子と私の間で起きている氣の循環

  12月だというのに、そして、それなりに忙しくしているのに、せわしい気持ちもなく、なんか不思議な感じ。 受験も近付いてきて、本来なら家庭でもピリピリ(たぶん他の家庭はそうだろう)するんだろ …

母親にも必要な「好奇心」

  息子は昨日徹夜のようです。。。 私がブログを書いているこの時間も、まだ友達とオンラインゲーム中。   大学では後期の講義が始まって、新たに健康科学というものがあるのだそう。 こ …

不登校の子供に「頑張って学校行け!」は禁句?

  【頑張って学校に行く】 あなたはこの言葉を聞いてどう感じますか? そもそも、学校って頑張って行くもの? 今更ながらそんなことを考えます。 私は習慣で学校に行っていて、頑張って行った記憶は …