【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

母親にも必要な「好奇心」

投稿日:2017年9月23日


 

息子は昨日徹夜のようです。。。

私がブログを書いているこの時間も、まだ友達とオンラインゲーム中。

 

大学では後期の講義が始まって、新たに健康科学というものがあるのだそう。

この講義というのが主に「睡眠」の講義で、結構面白く、役に立って、90分があっという間に終わる、と先週も昨日も話してくれたところでした。

睡眠の大切さを分かっているはずなのに、まだ実践レベルで必要と思っていないんでしょうね(^^;

自分に本当に必要と思っていなければ、動けないのは誰でも一緒です(笑)

ちなみに息子から教わったのは、

  • 人間の構造上、就寝してから15時間後が最も眠い時間帯
    (お昼と食べた後くらいですね)
  • 布団の中で寝付けないときは、起きていた方がいい
    (布団は寝るところとマインドセットする)
  • 日中昼寝をするときは30分程度がベスト。浅い眠りで留める

このあたりですね。

 

今は本屋でも睡眠コーナーがあるくらいに睡眠は需要がある分野。

昔もこんなにありましたっけ???

私も軽い睡眠障害を感じているから、目に入るだけなのかな?

 

そうそう、先日整体に行ったときに睡眠が浅いと話したら、これもストレスかな?と言われました。

過緊張で身体も固まっていて、神経が過敏になっているというのも原因の一つ。

あなたは大丈夫でしょうか?しっかり寝れていますか?

私も昔は朝まで目覚めることなく寝れていたのに、気が付けば2時間ごとに目が覚めるようになっていて、朝までぐっすりというのは数えるくらいになっています。

それでですね・・・

今、整体とは別に、睡眠とか身体のゆがみと身体面からのアプローチに興味が湧いて、ちょっとあるオンライン講座を受講中なのです。

不登校や家族親戚間の悩みが始まって、ずーっと心理面を追究してきたけれど、ここに来て心と身体はセットと本当の意味でわかってきて、身体のことを知ろうとしているんですけどね(笑)

 

これが、私の好奇心(笑)

 

ストレスはなくならないです。これはあきらめました(笑)

自分がどうやってストレスを受け流せるようになれるか、なんですよね。

心がダメージを受けて、身体に緊張をもたらし、またダメージを受けて緊張では負のスパイラルです。

ストレスを受けたなぁと思ったら、身体に意識を寄せて自分でほぐせる範囲でほぐして、身体面の緊張を解いていくこと。時には瞑想やヨガもありですね。実際に身体を動かすウォーキングやジョギングもあり。

こうした働きかけで受け流せていけるようになって、正のスパイラルに入っていけると思うので、そういった意味での心身面からのアプローチです。

今度は身体の方の追究です(笑)

日々の心がけがどれくらい効果が出ているかをチェックに行くのが、私の整体に行く目的になります。

治してもらいに行くのではなく、チェックしてもらっての修正の場ね。

 

人の興味ってそれぞれですけど、私はこうした「学び」が好きなんですよね(笑)

そして私も学校は嫌いだったという事実あり(笑)

 

学校の勉強が全てではないし、興味を持てた分野を学ぶ楽しさがあればいいと私は思っています。

私達は自分が「好き」と思うことに蓋をして生きることを強いられて生きてきたところがあるので、子供だけではなく自分自身の「好奇心」も大切にしていただけたらと願っていますよ(^^♪

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子の大学は仏教系。坐禅が必須選択です^^

  本日、大学はお休み。 今日はですね、合格後初めてカテキョーくんが来ます^^ 大学は違うけれど、同じ大学生になれましたね。 この感覚もなんだか不思議だけれど、とても嬉しく感じています。 カ …

息子の奇妙な生活

  あっという間に11月です。 息子と主人の体調は、寝込むほどではないもののまだ復調しているとは言えず・・・。 今年はきっと体のメンテナンスの年。そう割り切って、心と身体の健康を学び倒します …

掃除をしながら不満や不安をポンポン捨てましょう^^

  12月に入って、ボチボチと大掃除を始めています。 昨日は天気が良く、暖かだったので、ベランダ掃除をしましたよ。 本当は好きではないんですけど、断捨離や大掃除は、私の心のお掃除にもつながっ …

親の欲望が不登校の問題を遠ざけます

  不登校の解決方法ってそもそもどのようなことなのでしょうか? これも人によって、異なりますよね。 学校に行ってくれたらそれで解決って方が多いのかな?   自分が求めるゴールによっ …

不登校生の大学生活はどうなるのか?今思うことはこんなこと

  昨日はまた息子の友人が泊りがけで遊んでいきました。 息子の友人は地元の就職で自宅からの通勤なんですけど、友人の多くは仕事や大学で県外に出るそうです。 たまたまなんでしょうけど、息子の周り …