【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

良いことも悪いことも本来は五分五分。悪いことが多いと思うのは自分の感じ方だけ。

投稿日:2017年1月22日


 

新年から、私の住むマンションの前にあるアパートの解体工事がありました。

1月6日に始まり16日には終了。約10日間で更地になっていましたね。

壊すのって作るのに比べたらあっという間。

これは建物だけではなく、人との関係もそうかもしれませんね。

信頼、信用を得るのには時間もかかるのに、壊れるのは一瞬だったりする。

今までは良い人のように見えていたのに、何かのきっかけで出てしまう自我で、その後の関係が一転することも決して珍しくはありません。

こうしたブログも、一記事一記事積み上げいくものだけど、サイトを削除するのはクリック一つでできたりね。

育てるのは時間がかかるけど、それに比べたら壊れるのはホント簡単。

こうして考えると呆気なく、儚げで、寂しい感じもするけれど、その反対の長い期間大切に丁寧に育てて得る喜びもあることを忘れてはいけませんね。

 

陰陽という言葉があったり、表裏一体という言葉があったり、男女もそうですね、大体のことはバランスで成り立っています。

苦しさや辛さ悲しさの中にいると、その反対の幸せや喜びは感じられないし、そもそも幸せがあるなんてことすら考えられない。

不幸な状態にいる時は幸せな状態は想像しにくいけど、幸せな時は今度は落ちるんじゃないかと考えるのはたやすかったり。

これは、人は皆そういう一面を持っているということ。それは認めてしまって、上手く自分でコントロールしていくしかないですね。

 

人に訪れる良いことや悪いことは、本来は五分五分。

でも、こう書くと「いや、そうじゃない。私は苦しい方が多い」と反論が出ることも承知してますよ。

実際私もそうだったし、そんな言葉を聞いて、さらに自分の孤独感を強めていましたからね。

だから、人ってそんな性質がある、そう認めてしまえば、だったらどうしたらいいかという考えを持ちやすいんじゃないですかね。

背も高い人もいれば、背が低い人もいるし、日本に生まれる人もいれば、外国で生まれる人もいる。男に生まれるか、女に生まれるかもそう。ある程度与えられたもので私達は生きてきています。

良いことや悪いことがあるのも自然なこと。

幸せそうに見える人というのは、人生には良いことも悪いこともあるのをわかっている人かな。そして、悪い時には今自分は悪い方に傾いているなと客観的に見ることができて、バランスを取るために戻そうとすることができる人。

 

繰り返すけど、世の中はバランスです。

人生には良いことも悪いこともある。だから、私達はそのシーソーを水平に保つように心がけるようにすればいい。

悪い方に傾いていると気付いたら、自分の孤独感を強めるのではなくて、意識して良い方に傾けるようにして、逆に良い方に傾いているなと思ったら、おごったり、えらぶったりしないで悪い方に行かないように意識する。

良いか悪いかはその人がどう感じるか、どう捉えるかだけの問題なんですよね。

なので、自分が孤独感を強めていたら注意ですよ。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

先週感じたエネルギーとはこういうもの

  個人的にですが・・・先週は駆け抜けた1週間。 目に見えないところで「感じる」サインから、懐かしい方に連絡を取ることも数件あって「感じる」→「行動」を実行した週でもありました。 まぁ、動く …

先輩から来たLINEに嬉しさと戸惑いと・・・(笑)

  今日は私に関することを・・・   毎日、毎日、子供と2人でいると、自分の楽しみというのを忘れそうになりませんか? 私はそういうところがあると自覚しています。 どうしても子供中心 …

【ストレスです。生活習慣を見直して】と言われても、実際は難しいよね(^^;)

  ストレス・・・ 私達には耳慣れた言葉ですよね? 不登校の子供、そして、母親は相当ストレスをため込んでいる。これは事実でしょう。 勿論、生存を脅かされた古代もストレスはあったでしょうし、現 …

【笑顔の力】泣きたい時、ピンチの時ほど笑ってみて♪

  昨日ある本でこんな文章を目にしました。 人が1日に笑う時間は平均23秒 えっ!そんなに少ないの? 現代はそんなに笑うことがない時代? ストレス社会ということ? あなたは毎日笑えているでし …

息子と私の間で起きている氣の循環

  12月だというのに、そして、それなりに忙しくしているのに、せわしい気持ちもなく、なんか不思議な感じ。 受験も近付いてきて、本来なら家庭でもピリピリ(たぶん他の家庭はそうだろう)するんだろ …