【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

私の『食』に対する考え方~日ごろは体を意識して、楽しむときは楽しみます

投稿日:2016年8月23日


 

夏は旅行やら帰省やらで、外で食事をとることも多いのではないでしょうか?

食に欲を出してしまう私としては、この時しかないと頑張って食べてしまうところがあります。

美味しいんだけど、外食が2食、3食と続くと胃が疲れてくるという、なんともわがままな身体。

 

でもね、食事は美味しく食べる!これが基本だと思うんです。

 

胃が疲れて、美味しく食べられそうもないときは、1食抜くのもあり。

旅行や帰省の時、私はこの辺のコントロールが必要です。

 

これでも、総合的に見て、だいぶ食に関心を持つようになって、気を付けるようになっきたんですよ。

これは、母の影響。

母が闘病生活を送っていた時の自然療法的な食事を見ていたからです。

 

食生活の改善で病気をも治す力があるのは事実で、身体に取り入れたものが自分の身体を作るんですよね。

ですが、これも行き過ぎると、人との付き合いも難しいものにしてしまうし、人によってはルールに縛られて、自分がコントロールするのではなく、知らず知らずに自分がコントロールされている
ということもありますね。

病気を治すつもりなら、徹底してやった方がいいかもしれない。

でも、健康を維持するレベルであれば、普段はストイックさを追求しても、お付き合いや旅行では楽しんだ方が、私は心と身体にとってもいいかなって思います。

 

ちなみに、私が日ごろ気を付けているのは・・・

毎日使う調味料、醤油、味噌、塩、油、砂糖を良いものにするということ。

砂糖であればキビ砂糖、甜菜糖、黒糖など。
塩は天然塩。
油はごま油、なたね油、オリーブオイルなど。
醤油、味噌は伝統的な方法で時間をかけて作ったもの。

それと、意識して添加物を避けることをしています。

これだけですね。

自分で作れば、調味料も厳選されたものですし、添加物を使ったとしても自分でその量がわかります。

外で食べたり買ってくるよりかは、ずっと減らせているはず。

そんなに頑張ってやっていることではないです^^

でも、こうしたことを続けていると、外食が続くと、

『ストップー』

と身体がサインをくれたり、更には、外で食べるときには、何を食べるか何を買うかという、自分の身体に適したものを選ぶ感覚が高まってきます。

 

楽しく生きていくためには、まずもって健康。

失って気付くのでは私はちょっともったいないと思っていて、失わないように維持するという考え方の方が好きです。

 

偉そうなことを言ってみても、

夏には辛ラーメンが食べたくなったり^^
ポテトチップスが美味しいと感じたり^^
夏場はアイスを口にしたり^^

これはこれで美味しいんです^^

普段は気を付けつつ、食べたいものを食べるときは楽しんで!

 

ジャンクフードも美味しく食べています^^

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

さえない気分の時は・・・私はこうして切り抜けます

  誰でも心の整理がつかないときはあるもの。 不登校の子供がいるとなると、親もいつも明るく・・・は難しい。 将来を心配になることもあるし、不安が不安を呼ぶこともあります。 私もあります。とい …

息子はセンター試験、夫婦は退職後のシミュレーション(笑)

  おかげさまで、センター試験が終了しました。 親子で疲れましたー。 いやいや、慣れてませんから笑 まだ、試験は終わりじゃないけど、一旦心も身体も緩めて、次に向けて行きますね〜。 &nbsp …

不登校にこだわりすぎていると、やりたいことをできずに歳だけとります

  赤本の国語の評論文問題で、うん、そうだよねって思ったことがあったので、今日はそれについて書きますね。 それは、健康に関するものでした。 1950年代後半、日本での主要死因は結核でしたが、 …

やっぱり朝は苦手のよう・・1コマ目の坐禅はメンドくさ!

  6月は息子の誕生月。 まもなく19歳になる息子ですが、生まれた年は猛暑だったような記憶があります。 この時期はもう暑くて暑くて、汗だくでした。 が、今日の私は長袖です(笑) 半袖はまだ着 …

【掃除】は【場】をきれいにするだけでなく【心の掃除】にもつながるもの

  今年も今日で終わりですね。 今年もご訪問頂きまして、どうもありがとうございました。 個人的に思うことはたくさんあるのですが、私の中では思考の幅も少しだけ広がって、そしてより深くもなって、 …