【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

私の『食』に対する考え方~日ごろは体を意識して、楽しむときは楽しみます

投稿日:2016年8月23日


 

夏は旅行やら帰省やらで、外で食事をとることも多いのではないでしょうか?

食に欲を出してしまう私としては、この時しかないと頑張って食べてしまうところがあります。

美味しいんだけど、外食が2食、3食と続くと胃が疲れてくるという、なんともわがままな身体。

 

でもね、食事は美味しく食べる!これが基本だと思うんです。

 

胃が疲れて、美味しく食べられそうもないときは、1食抜くのもあり。

旅行や帰省の時、私はこの辺のコントロールが必要です。

 

これでも、総合的に見て、だいぶ食に関心を持つようになって、気を付けるようになっきたんですよ。

これは、母の影響。

母が闘病生活を送っていた時の自然療法的な食事を見ていたからです。

 

食生活の改善で病気をも治す力があるのは事実で、身体に取り入れたものが自分の身体を作るんですよね。

ですが、これも行き過ぎると、人との付き合いも難しいものにしてしまうし、人によってはルールに縛られて、自分がコントロールするのではなく、知らず知らずに自分がコントロールされている
ということもありますね。

病気を治すつもりなら、徹底してやった方がいいかもしれない。

でも、健康を維持するレベルであれば、普段はストイックさを追求しても、お付き合いや旅行では楽しんだ方が、私は心と身体にとってもいいかなって思います。

 

ちなみに、私が日ごろ気を付けているのは・・・

毎日使う調味料、醤油、味噌、塩、油、砂糖を良いものにするということ。

砂糖であればキビ砂糖、甜菜糖、黒糖など。
塩は天然塩。
油はごま油、なたね油、オリーブオイルなど。
醤油、味噌は伝統的な方法で時間をかけて作ったもの。

それと、意識して添加物を避けることをしています。

これだけですね。

自分で作れば、調味料も厳選されたものですし、添加物を使ったとしても自分でその量がわかります。

外で食べたり買ってくるよりかは、ずっと減らせているはず。

そんなに頑張ってやっていることではないです^^

でも、こうしたことを続けていると、外食が続くと、

『ストップー』

と身体がサインをくれたり、更には、外で食べるときには、何を食べるか何を買うかという、自分の身体に適したものを選ぶ感覚が高まってきます。

 

楽しく生きていくためには、まずもって健康。

失って気付くのでは私はちょっともったいないと思っていて、失わないように維持するという考え方の方が好きです。

 

偉そうなことを言ってみても、

夏には辛ラーメンが食べたくなったり^^
ポテトチップスが美味しいと感じたり^^
夏場はアイスを口にしたり^^

これはこれで美味しいんです^^

普段は気を付けつつ、食べたいものを食べるときは楽しんで!

 

ジャンクフードも美味しく食べています^^

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

休み明けです!今週もがんばりましょうか^_^

  土日は、久しぶりに息子と家で2人で過ごしていました。 主人は4月から6月まではほとんど出張で、休みもない生活です。 この生活をもう何年しているのだろう? 30年くらいになりますね。 若い …

人生において大切にしたものが残ります。あなたの大切なものは何ですか?

  お盆にも地方なりの風習があって、様々ですよね。 お盆期間中、毎日お墓参りにいくところもあるみたいですし。 私が子供の頃は、お坊さんがわざわざ家まで来て、お経をあげていましたが、今はお寺で …

掃除をしながら不満や不安をポンポン捨てましょう^^

  12月に入って、ボチボチと大掃除を始めています。 昨日は天気が良く、暖かだったので、ベランダ掃除をしましたよ。 本当は好きではないんですけど、断捨離や大掃除は、私の心のお掃除にもつながっ …

息子のレポートもカウンセリングを受けてきました!

  昨日は息子のカウンセリング日でした。 今回は久しぶりの受診ですね。だいたい月1回のペースで通っていますが3ヶ月ぶりくらいかも。 前期の試験もあったし、夏休みはゲーセン通いで多忙でしたから …

只今、10分ルールにトライ中!私ができたら子供にも教えます♪

  7月も中旬に差し掛かり、これから夏休みですね。 昨年と同じ自分のままではないか? 自分は成長しているか? 昨日の記事は、今年後半へ向けての私のちょっと目標の見直しを促す意味もありました。 …