【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

インターネット空間って、考えてみたらすごいところ

投稿日:2017年10月3日


 

2日ほど休んでいるうちに10月に入っていましたね。

おかげさまで新しいパソコンから更新しています。

メールの方もおそらく大丈夫かな?と思います。

今日から返信していきますので、またよろしくお願いたしますね😊

 

ノートパソコンの買い替え予定は立ててはいたのですが、ちょっと半強制的な事象が発生しましたね(笑)

でもこれで、なんのストレスもなく、怖れも不安もなく、パソコンを使えることになってよかったです。

 

私にしてみれば、パソコンはあなたとのコミュニケーションを取れる生命線みたいなもの。呼吸と同じくらいに大切に思っています。

パソコンの移行作業も今はほとんどがクラウド保存なので、買い替えをしても、初期設定さえしてしまえば、ほぼ前と同じ状態で始められるようになってきているんですよね。

先週までの私は、メールもパソコンがなければ見れない、返信もパソコンからしかできないと、時間も場所もかなり制約を受けた状態でした。

今回、ちょっと手間取ってはしまいましたが、今までのメールソフトに加えて、Gmailソフトも利用して、パソコンでも、iPhoneでも、家にいても外にいても、どこにいても使えるようにしました。なので、今までよりフットワーク軽く、メールを読んだり、返信したりできるようになる予定です。

うまく機能してくれれば、という条件付きですが(笑)。

最初からそうしとけ!って話なんですが、それさえも知らないオンチだったもので、私の小さな進歩とみてくださいね。

書類もね、家でも、外でも、どのパソコンからでも、できるようにしました。

次の買い替えの時はもう、何もせずにほぼほぼできる予定です。

 

パソコンという便利なものができて、スマホも登場して、自宅にいなくても、続きの作業はクラウドを利用することでどこにいても可能になっています。ここ数年でインターネット環境は激変していますよね?

インターネットのすごさを感じることができています?

 

私は、今回データ移行作業をしながら、ネット空間の威力を改めて感じていました。

確かに、どなたかと対面で会ったりするのは、最強とは思います。

表情も読み取れますし、仕草や話し方も観察できるし、何より場の雰囲気から感じるものが大きいですからね。得る情報が多いんですよ。

 

ただ、地方に住んでいると、なかなかそうもいかないこともあります。インターネットが頼り、という面もありますよね。

あるいは、実際に会ったりというのが嫌なケースも考えられますよね?

会ってしまえば心もほぐれるのかもしれないけど、その最初のハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思います。

私が心を開けないタイプでしたから、これはよくわかりますよ^^;

 

インターネットなら、北海道から、鹿児島まで、物理的空間は一切関係なくて、みんな平等です。

これって、すごいですよね?

 

私は地方のハンデをハンデにしたくないという、変に負けず嫌いな面も正直あって(笑)、インターネットを中心に続けることが私のできることでもあるし、小さな強みにもなるのかなあと、ちょっとふわふわ感もあるけど、挑戦的な気持ちにもなりましたよ。

 

これからも、インターネットの力を借りて、小さなお役に立てるように私自身も成長を目指していきます!

コツコツ続けていきますね〜♪

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

誰かが不可能という壁を壊せば、それは周りに伝染する。不可能の壁を壊していこう。

  あなたは人との会話からヒントや閃きを得たことがありますか? これは、本当に何気ない会話やメールのやり取りから生まれることがあります。 そのたった一言で、自分ができないと思っていたことが、 …

中学入学も、高校も入学も、淡い期待を抱いていました

  小学校から中学校に上がるとき、中学校から高校に上がるとき、私は『環境が変われば、もしかしたら通えるかも・・』と、淡い期待を持っていました。 通えるとまでは行かなくとも、良い変化はあるだろ …

喫煙もスマホも気付いていないけど、自分が支配されているということ。自分でコントロールしよう

  昨日はポケモンGOをプラス面に捉えた話を書きましたが、今日はマイナス面というか、意識する点について書いてみます。 批判ではありません。 どう扱うか、ということについてです。   …

不登校の息子の主張と主人の主張の違い

  今日は主人と息子が、あるテレビを見ていて、主張のぶつけあいとなっていました。 決して口論ではないんですけどね。 でも、私はそばで聞いていて、息子は本当に学校が嫌いなんだとよ~くわかったよ …

不登校のお子さんを持つお母さんへ

  私も一母親です。 これまでに、子供が不登校であることに対し、母としてあるべき姿をいろいろアドバイスしてくれる方がたくさんいました。   でも、その心は嬉しくても、 責められてい …