【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

幸せの基準が下がって幸せ。これも不登校のおかげ

投稿日:2016年9月2日


 

不登校を経験したからなのか、私が歳をとったからなのかはわからないけれど、年々、幸せの基準が下がっていく自分を感じています。

昔の私は行動派。

1人で海外に行っちゃうし、どちらかというと外に出て喜びを得ていました。

それが、息子の不登校に付き合うようになって、自宅で過ごすことが多くなり、自宅で楽しむ方法も見つけられるようになって、

こっちの方が好きかもってなっています。

 

家にいると自分の落ち着く空間造りなんてのもしたくなるし、掃除をして、浄化された気分になるのも幸せ。

そうそう、私は新しいものより、古くても、きれいに、工夫を施して過ごすのが好き。

どこかひねているんでしょうかね~。

新しくて、広くて、にも憧れるんですけど、それが快適になりうる空間であるのは当然でもあって、ちょっとつまらない。

 

引きこもって、引きこもりの気持ちがわかって・・
私も引きこもりが実は好きともわかって・・

次は、断捨離だな~(笑)

 

息子が朝早くに起きただけで嬉しくなるし、夜早めに寝ただけでも嬉しくなる。

普通の家庭ではごくごく日常で、こんなこと思いもしないでしょう。

すごく得した気分。

 

あとね、たまーにある家での一人時間。

あ、たまにじゃないね、稀にです。この時間がものすごく嬉しく感じたり。

気の置けない専業主婦の友人に

『毎日一人で家にいるのって暇じゃない?』と聞いてみたとろ、
『暇だよ。。。』の答え。

これは、その友人が暇なだけで、忙しくしている方もいるだろうし、楽しんでいる方もいると思いますよ。

友達には毎日ある一人の時間を妬みに近く、羨ましく思った時期もありました。

でも、最近はそれがない。

息子がいても毎日が楽しいし、一人になっても違う喜びを楽しめます。

 

綺麗ごとでもなんでもなく、日常そのものが幸せになってきています・・・

 

合氣道をやっていた頃によく言われていたのが、

・力を抜いて
・全体を見て

でした。

合氣道では、リラックスした状態が一番強い状態とのこと。

 

私はそのレベルでは全然ないのでその動きはできませんでしたが、理屈はわかります。

リラックスしているから、相手の動きを余裕をもって見ることができる。

リラックスしているから、相手の力を感じ取ることができる。

リラックスしているから、相手の動きに逆らわずして相手の力を利用することができる。

 

心と身体はつながっています。

 

首、肩の凝りから頭痛に悩まされるときは、私の心は何かに囚われていることが多い。

今日のようにリラックスできているときは、心も幸せ感でいっぱい。

 

いつもいい気分でいるなんてことは無理だけど、日常のことに喜びを感じることができるようになったのは、息子が不登校だったからでしょうね。

 

誰しもが最初は受け入れられない不登校。その状況を何とかしようともがき苦しみます。

行かせよう!行ってくれたら嬉しい!という母親の思いがどこかにあるうちはまだ苦しい。

『あるがまま』で良し!

そう思えたときに扉が開きます。

辛いけど、不登校は『幸せの道』に通じています。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

エプソンプリンターが大活躍!でも、インクの減りが早いぞー!

  昨日で3連休も終了。 今日から始業式というところも多いのかな? おそらく、私の住んでいる地域は今日から学校かと思います。 年末年始の休みがあって、すぐに3連休でしたからね、主婦にとっては …

不登校でも堂々としていられる環境ってどんなものだろう

  こうしてブログを書いていたり、いただくメールに返信していたりを続けていると、私自身の考えが深まって、望む世界が広がっていくのを感じることがあります。 今日は現段階で私が望んでいる世界とい …

カウンセラーという仕事

  何度もこのブログに登場するカウンセリングドクターですけど、またひとつ笑える話を思い出しました。 大学時代、心理学の教授にある質問をしたそうです。 その質問というのが「先生は心理学を教えて …

優しい言葉をかけていますか?あなたに・・・

  11月になると寒さが厳しくなってきて、これからが冬本番という感じになりますね。 半袖でも過ごせた10月が嘘のよう・・ これから寒くなるんだよなぁと思いながら、毎年冬を過ごし、春を迎えてい …

子供が通えたら通えたで母親の心は曇ることもあります

  「何を贅沢な!」と思われるのかもしれまんが、息子が大学に通い始めたら始めたで、母親の心はまた違った感情で曇ることがあります。 ほんの一年前、いや、数か月前ですね、には、このような状況にな …