【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校の友達には仲間も大切だけど、大人との付き合いも大切

投稿日:2017年6月20日


 

人に影響を与えるのは「人」と思う。
子供であれば尚更そうかなとも思う。

もう何回もつぶやいていることだけど、思った時に書くことが大切と思うから繰り返し書きますよ。

子供にとって一番影響力があるのは親であることは間違いはないですよね。親に繰り返し言われたことを信じ、守り、教わったことをそういうものと思って私達は大人になります。

可愛い例で、料理なんかは結構あるんじゃないかな。

「えっ?そうやって作るんだ」
「へぇー、こんな具材を入れるんだ」

な具合にね。

私の中ではこんなことがありました。

私は味噌汁にもやしを入れるのは普通でむしろ好きなんですけど、実際に「味噌汁にもやし?」と驚かれたことがあります。

あと、これは私が驚いた例なんですけど、おでんにじゃがいも???ウインナー???なんてのがありました。友達の家庭ではきっと普通、私にとっては驚きだったんですね❗️

家庭内の習慣が自分のメガネとなっている良い例と思います。

今更ですけど、息子が幼かった頃に、私自身の口癖や行動習慣にもっと気を払うべきだったなぁと反省もしています^^;

子供が自信を持てる言葉がけだったり、ご褒美で動かす外的な力ではなく、内から湧く内的な力を味方にする習慣だったり、他人の意見をシャットアウトするのでなはなく、相手のメガネをかけて現実を見てみることだったり、してみたかったはいろいろ思いつきますね。

でも、それが気付けたのも成長の証。そう思って今後変化していきたい。

 

子供の方が私達よりは先入観なく受け入れる素直さはありますし、その吸収能力も高い。親以外の大人と会わせることで、いろんなメガネのコレクションができて、一つのメガネにこだわらない見方ができるようになるのでは・・・と私は思えているんですね。

振り返りにはなるんですけど、息子を見ていると、カテキョーくん、カウンセリングドクターとの出会い、触れ合いが息子の世界観を確実に広げてくれていたと思えます。

息子の頑として譲らない自分の信念、考えというのもあるんですけど、聞く耳を持てる大人と聞く耳を持てない大人はキレイに分かれるようですね(笑)

 

こうした大人との接触を積極的に試みることは、学校の勉強には一切関係ないかもしれず、過去には「不登校の子供の子に必要なのは仲間です!」と強く助言をいただいたこともあったんですけど、息子は当てはまらなかったです。

だから、私が言うことも決して正しくはないし、おススメというわけでもありません。

我が家はこうでしたー、参考になれば、くらいです。

 

なかなか引きこもりの子を外に連れ出すのは難しいですけど、人は自分を理解してもらいたいと思うもので、求めているとも思うのです。

私もこの歳ですけど、本当に心から語り合える人とはこれから出会うのかな?と思えてるくらいに難しいこと。

あなたはどうですか?

でも、求め続ければきっと出会える。
出会えた後のお子さんの変化や自分の変化を考えたら、今すぐと焦らなくてもとも思うし、出会えていない時はまだ準備の段階(*´▽`*)

楽しみながら待ってみましょ♪

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

たくましい女性~どのように考えるかで違うものです

  たくましい人っていますよね。 本人の性格と言ってしまえばそれまでですが、見習うべきところは多いので書いてみます。   こんな話を聞きました。 ある女性の話です。 離婚した後に、 …

どんなに時代が変わっても変わらずに在り続けるものがあります。それこそが真理。

  昨日、運転をしながら雨が降ってきたので、ワイパーを動かしました。 そして、信号待ちの交差点で隣を見ると、新型プリウス。 ダッシュボードやメーター周りが、おしゃれでかっこいい。 車も好きな …

只今、10分ルールにトライ中!私ができたら子供にも教えます♪

  7月も中旬に差し掛かり、これから夏休みですね。 昨年と同じ自分のままではないか? 自分は成長しているか? 昨日の記事は、今年後半へ向けての私のちょっと目標の見直しを促す意味もありました。 …

【不登校】のママにとって、夏休みは楽?キツイ?

  無事大学での試験が終わった息子ですが、大学に行くのが昨日で終わりなだけで、ネット提出のレポートが2つほどあるそうです。 まだ夏休み気分とはいかないようですね。 本人が選んだ大学だけど、レ …

息子の理想の学校があったとしたらどんな学校だろう・・・

  『こんな楽しい学校ない^ ^』 これは、昨日食事をした伯母の息子さんの言葉とのこと。 伯母は、転勤族で家族であちこち飛び回っていたので、子供も転校してばかり。 息子さんが高校一年の時に転 …