【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

文章は相手との対話です。それは試験も同じ。試験とは出題者との対話の時間

投稿日:2017年2月2日


 

今日から大学の入試試験の息子です。

昨日はのんびり朝寝をして、ゲームをして、勉強をして、でも、早めに寝たのかな?

焦ることもなく、一夜漬け的に集中するわけでもなく、いつもと変わらずマイペースでした。

これが息子の強みかもしれませんね。

 

そして、カテキョーくんからは応援メールをいただき、ありがたいです。

カテキョーくんの感性もかなり面白い^^

文章ってその人全てを表現しているわけではないんですけど、その人らしさは強く出るものですよね。

私もここでつながったお母さんたちとメールを重ねていますが、会ったこともないのに、文章のリズムからその人となりがわかってくるから不思議です。

 

インターネットだから、文章だから、というのは関係なくて、文章もその方との対話です。相手の書いてくださる文章からその方の思いを読み取り、その思いを返していく丁寧なコミュニケーションの一つ。

インターネットがない時代は手紙であり、文通でした。

思いを感じる点では手書きの手紙には叶いませんけど、パソコンであれば長文も可能なので、よりコミュニケーションは深まると私は感じていますよ。

 

いただくメールは、毎回、唸ることばかり。

新しい気付きもあれば、その方独特の表現もあって、しかも文章構成がしっかりしてて、自分の思いを伝えてくれています。

文章の完成度が高いんですよね。

書くことで自分と向き合い整理できたかな?と、パソコン画面を見ながら私も対話をしています。

 

私の勝手な感じ方ですけど、不登校のお子さんを持つお母さんたちって、不登校の子を授かるだけの器と知恵が備わっていると、より一層思うようになりました。

それは、親としてどうしていくのかという自分との葛藤でもあるし、そのことが自分を成長させていきます。

文章を書くことで自分の中での整理も進んでいきます。

そして、表現能力も高まるにつれて、お子さん以外の方との対話もおそらく変化していく。

相手の心を感じ取るチカラが、知らず知らずに身についているような気がするんですね。

 

私の心の中では、母親として、人として、磨かれている、そう感じているんですよ。
そして、あなただからこそ、不登校の子供のお母さんとして選ばれた、あなたでよかった、と思うのです。

 

カテキョーくんのメールから話が逸れてしまいましたが(笑)、戻って終わりにしますね。

それは、私には初めての感覚で「カテキョーくんありがとー」な内容でした。

 

試験の内容も文章構成ですよね?カテキョーくん曰く、

試験も出題者との対話だそうです。

この言葉がきれいで、私の心に残りました。

 

ちょっと癖のあるひねた出題者もいれば、正統派の出題者もいます。

でも、そこに共通しているのは、出題者はどのような答えを求めているかということですよね。

問題そのものを読み取るのが難しいこともあって、答える前に問題の意味が分からない、難しい、ということも実際あります。

出題者性格悪いな~って思うこともありますよね?(笑)

そういう時は、何を伝えたいんだろうという自分との闘いををやめて、出題者の視点に立ってごらん、って書かれていました。

これが対話なんですね。

 

私にとっては、文章に向き合う心構えというか、ヒントをいただけてとてもありがたかったです。

本当は息子への応援メールなんですけどね。

学びがいっぱいの文章でした。

 

私も今日から『対話』という感覚を大切に持って、自分が読むのではなく、書いている方の相手に沿って読む、ということもしていきたい。

今日から実践していきたいと思います。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の子供って変?息子が変なだけ?でも、これはチャンスです!

  今日はちょっと思い出した話を(笑) 子供って本当に面白いなぁって思います。 好きなものは好き! 楽しいことをするのが大好きで、それに一直線に向かっていきます。   息子がよく入 …

不登校の子供の職業まで考えたことがありますか?

  高校生でもアルバイトをしている子もいるし、大学生になればそれはもう普通のことですよね。 何でこんなことを言うのかというと、 息子はアルバイトをするだろうか? できるのだろうか? と思って …

不登校生の大学生活はどうなるのか?今思うことはこんなこと

  昨日はまた息子の友人が泊りがけで遊んでいきました。 息子の友人は地元の就職で自宅からの通勤なんですけど、友人の多くは仕事や大学で県外に出るそうです。 たまたまなんでしょうけど、息子の周り …

私は視覚派。息子は聴覚派。知っておくと何を学習するにしても便利です

  私は家事をしながらよく音声教材を聴くということをするのですが、あまり、耳に入ってこないということもしばしば。 アイロンがけや洗濯物を干す時は比較的入るかな? あ、あと車の運転中も割と大丈 …

小さな成功で脳を騙していきましょう!

  ここ数日、勝手に自分でトライしていることがあるのですが、なかなか効果あり。 私には引き延ばしにしてしまう癖があります。 もしかしたら、あなたにもあるかもしれませんね。 手帳に一応書いてみ …