【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

子供が可愛いか、孫が可愛いか~おばあちゃんになったらの妄想

投稿日:2017年4月21日


 

昨日、友達と孫の話になりました(笑)

私の年齢でおばあちゃんになってる人もいるとは思いますけど、私の親しくしている友人の中で孫がいる人はまだいませんね。

 

「孫は勿論可愛いとは思うんだけど、私は息子の方が可愛いんじゃないかな・・・。そんな気がする。」

と友達に話したら、

「私もそうかも」と。

 

私の父は孫である息子を本当に可愛がっていたんですよ。

たった一人、やっとできた孫というのもあったのでしょうけどね、おんぶして散歩したり、自転車で遊びに行ったり、べったりでした。

 

驚いたことがありまして、息子が、

「俺、じいちゃんの怒った顔を見たことない。いつも笑っていたし、俺のいうことをなんでも聞いてくれた^^」

って言っていて、私は、

「・・・・・・・・・・・」

言葉がなかったのです。

 

というのも、父は短気で怒りっぽくて、家族はみんなそのとばっちりを受けていましたからね。

父の怒った顔を知らない、というのは私に中ではありえない話だったので、ちょっと驚きました。

若かりし頃の私は今よりも血の気が多かったので、反抗しっぱなし。私より温厚な兄でも随分と喧嘩した、と先日聞いたばかり。

 

この話を聞いた息子が今度は

「・・・・・・・・・・・」(笑)

 

そんなじいちゃんは信じられないようです。

 

父にとってはそれだけ孫の息子が可愛かったということだったんですよね。

息子が不登校になった小学2年の時に亡くなって、できれば大学に行く姿を見届けて欲しかったという思いもチラッと出てきましたけど、でも、それまでの不登校の姿を見せる方がむしろきつかったかな。

きっと息子のことで私との喧嘩もヒートアップしていたでしょうし、息子にとっては笑顔のじいちゃんだけの記憶で良かったりと思ったり。

 

何が言いたいかというと、それだけ孫が可愛かったという話ね。

 

孫の可愛さは持ってみないとわからず、今の私は想像だけです(笑)

でも、私は息子の方が好きで楽で一緒にいて気楽だと思えるんですよね。

 

私達親子は、きっと周囲からみたら、親離れできていない、子離れできていない、ヤバい親子に見えているかもしれません。

「いつも仲いいね^^」と同じマンションの人にも言われることもあって、「えっ?」これって普通じゃないんだ~と我にかえることもあります。

 

でも、なんというのかなぁ、私の心の中では、息子に対してはもう一人の大人として接しているつもり。

心配は一生していくんでしょうけど、それでも何とか乗り切っていくだろう、息子なら、それを乗り越える知恵を出していけるだろう、こうした信頼もあって、安心も強いんですよね。

 

経済的な面ではまだ親の力が必要な息子だけど、思考面とか知識面では対等以上だと思えてて、その辺の心配は本当に少ないのです。

 

こうして考えると子離れの基準も難しいですね。

経済的な面というのは「見える」のでわかりやすいですけど、精神的な面は「見えない」ので、親離れ子離れしているように見えて、実はそうではない人もいるのかも、と今書きながら思いました。

 

自分の中では、精神的な子離れができているつもりでも、周囲は親離れ子離れできていない親子と見える。

 

不登校で鍛えられたかな?

周囲にどう見られても、どう思われても、なんとも思わなくなりました(笑)

とても不思議です。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の息子が朝起きないのはなぜ?

  息子の話によると、 『ここ1週間くらい家から出ていなかったよ^^』とのこと。 『えっ、そうだった?』   あまり良いとは言えない会話です(笑)   これが日常化してい …

昨日みつけた新たに身につけたい習慣

  あなたは『聴く』ということをどのように考えているでしょうか?   なぜ子供が学校に行かないのか? なぜ学校に行けないのか? 息子の心を理解しよう私も随分と考えてきました。 今だ …

不登校の息子が古事記のものがたりを知っていた。それはなぜか?

  何でそんなこと知ってるの? これは、時々息子に対し思うことです。   友達に「これ貸してあげる。読んでみて?」と、半ば強引に貸し出された本を今読んでいます。 その本は、『古事記 …

不登校の子供と一人暮らしの老人

  息子の大学は福祉系ですので、講義の内容が、孤独死の問題にどう対応していくかとか、今後増えていく独居老人の問題はどうするかとか、そんなのが多いようです。 身近な問題として、これは本当にある …

今日は坐禅の講義があるから休めない?息子は行けるかな?

  一度発作を起こすと、息子の場合は落ち着くまでに一週間はかかります。 大学が近いのはいいのですが、場所がはちょっと小高いところにあり、行きは坂、キャンパス内も坂、そして、極めつけはエレベー …