【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校の息子の大学受験は、こんな感じでした。

投稿日:2017年2月6日


 

無事?に息子の私立の入試が終了しました。

この4日間いろいろありすぎて、今日は何をテーマにしようかと。

簡単にこの4日間をおさらいすると、

 

第1日目・・・息子、得意の数学で撃沈

第2日目・・・昨日よりは良かったけれど、出題者が変わった?という、見たことないパターン。

第3日目・・・まさかの偏頭痛で欠席(実は第一志望の学科だった・・・)

第4日目・・・薬を飲み、体調不良のままの受験&私が偏頭痛でダウン。

 

これが息子の4日間のストーリー。

偏頭痛は明らかに気圧の変化。それに受験のストレス、日ごろの疲れetcが重なったんでしょうね。

それは、母親である私も一緒で・・・。
昨日は息子の送迎以外は、とても起きていられずに横になっていました。

でも、母親ってすごい!(自分で言うのも何なんですけど・・)
迎えに行く時間には、目を覚ましましたから。

息子が「もう終わるよ~」と氣を送ったかな?

 

テレパシーなどというとオカルトっぽく聞こえるけど、これも目に見えないだけの人との対話なんですよね。

何も不思議なことではありません。

同時にラインを打っていたりは、ビックリするけど私はよくあって、相手を感じる気持ちを持っていれば、結構頻繁に起こるような気がします。

 

それから、カテキョーくんからの激励メールで、また、いいことを言うなと思えることもあったんですよ。

息子がしぶしぶ欠席した日に送られてきたメールなんですけど、要約して紹介しますね。

 

大気の移動による体調不良は、神のなせる業です。
生物はそれに従うしかないので、前向きに解釈しましょう。
このウズウズは次にトライするための自然の思し召し。

ハードな体験はそれだけ価値があるものです。
苦しみのない経験だけだと、経験値にもならないし、将来面白い話にもなりませんしね。

今日も俺は一歩踏み込めたぞ!と思って、明日に臨んでください!

 

この文章は、私にも通じることで、もしかしたら、あなたにも通じることです。

 

息子が産まれてから、私はかなり人とは異なった経験をしてきました。

30回ほどの入院もそうですし、不登校もそうです。
この経験値、自分でもなかなかと思いますよ。

でも、私がこうしてブログを書けるのは、この経験値があるからなんですよね。

それも、まだまだ現在進行形ですから、伝えるネタは望まなくても湧いてくる。

 

親子で体調不良も良いネタ。
私も精神面ではすごくもろく、弱いところもあるんですよ。
息子だけが弱いのでは、決してありません。

 

あ、旦那さんのことも一言書いておきましょうか?

旦那さんは、相変わらずのマイペース。

男同志これまた通じ合っているところがあって、車の送迎をお願いしようとしたら、旦那さんは車で「送らない」と言い、息子は「電車で行くからいい」と言い・・・

我が家では、あるある光景でした。

でもね、旦那さん、突っぱねる時ほど心配し、気にかけているんですよね(笑)

 

ここが男性と女性との違い。

 

人の心って見ようとすれば見えてくるから不思議です。

以前の私なら、旦那さんの気持ちも知らず「もっと協力してよ!」と苛立っていたと思うのでね。

 

我を外すことですっと人の気持ちがわかる瞬間があるんだなぁと。
私もまだまだ不完全ですけど、いろんな方の気持ちを素直に感じるようになれるよう努力中です。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人生において大切にしたものが残ります。あなたの大切なものは何ですか?

  お盆にも地方なりの風習があって、様々ですよね。 お盆期間中、毎日お墓参りにいくところもあるみたいですし。 私が子供の頃は、お坊さんがわざわざ家まで来て、お経をあげていましたが、今はお寺で …

不登校の子供には、親以外の話せる大人がいるといいですね

  昨日は急遽旦那さんも会社を休むといい、3人で過ごした一日。 口に出さずとも、旦那さんも相当神経を使っていたんでしょうね。   特に何するわけでもなく、いつもの一日。 息子も慣れ …

不登校にこだわりすぎていると、やりたいことをできずに歳だけとります

  赤本の国語の評論文問題で、うん、そうだよねって思ったことがあったので、今日はそれについて書きますね。 それは、健康に関するものでした。 1950年代後半、日本での主要死因は結核でしたが、 …

不登校~一緒に損をしませんか?

  我が家ではダスキンを利用していて、4週間に一度、交換に来てくれます。 その時にチラシを数枚置いていくのですが、今日のチラシは私の目を引きました。 『一緒に損をしませんか?』と書かれてあっ …

「不公平感」の感情を乗り切るにはどうしたらいい??

  昨日の息子のゴルフの講義はゴルフ練習場での打ちっぱなしだったそうです。 午前中、ひたすら打つ(笑) 面白かったけど、やっぱり、ボウリングの方が好きだなと言っていました。 10年ぶりにやっ …