【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

子供に残していきたいものは何ですか?

投稿日:2016年11月3日


 

子供に何を残して行くか?

このことは以前から漠然と考えていたことではあったのですが、この考え方にもかなり変化が生じてきました。

初めは、息子が病弱だったこともあり、生活に困らない金銭と金銭的な仕組みを残していこう、そう思っていたのです。

でも、今は違います。

金銭や物もあるに越したことはありません。

ただ、これらを自分で持つ時までに、きちんと扱える人間的器になっていないと維持していくことはできないし、減らすことはあっても増やすことは難しい。

これは、身内の中でも実際に会ったことで、私は現に見てきました。

金銭的、物質的なものから得られる幸せは、その瞬間、瞬間だったりでどちらかというと一時的なもの。

恐ろしいのは、無くなってから、どうしてもっと残してくれなかったの?という気持ちが出てきはしないかということで、親が残してくれた物質的なものを軽んじてしまう人がいるのも事実なのです。

欲が相続問題に発展し、親の思いはかき消されてしまいます。

遺産はもっと重いもの、私はそう思います。

 

このようなケースを見て来たからなのか、何かを残すというのは『心に残るもの』いつしか、私はそう思うようになりました。

あなたの心に残るものって何でしょうか?

私が自分にこの問いを向けるなら、少なくとも、金銭や物質ではないものを答えると思います。

 

私の両親が何を残してくれたか?

決して、金銭や物質ではなくて『親の背中』なんですよね。

決して、いい背中ばかりではありません。親だって完璧だったわけではないし、今の私のように、悩みながら親をしてきたのですから。

親に限らず、亡くなった人を偲ぶとき、私が思い出すのはその人の人柄なのです。

私にとっては、これが心に残るもの。

親が自分にしてくれただけなら、自分だけの感謝で終わってしまいますが、多くの人に『素敵な方だった・・・』と言われることは、子供としては嬉しいし、誇りでもあります。

多くの人に手を差し伸べて、笑わせて、喜びを与えて、感動を与えて、影響を与えて、その姿が心に残るから、これが残していくものかな?

これは私の思うことであって、残していくものも人によって様々でいいんですよ。

 

私が残していきたいのは、少しのお金といろんな知識や知恵、そして、1番は私の生き方かな。

情けない姿も反面教師で残していきます(笑)

この不登校という時期をどう乗り切るのか、親として、人として、どう生きるのか、今の自分の生き方のようでもあって、子供にも残していく生き方でもあるんだよなぁって、こんな考えも持つようになってきましたね。

そう思うと、不登校は大変だけど、子供に残すものも多い人生になるのかなと思います。

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校に対する想い~再び

  『息子の中学校で、同じ学年で不登校の子は10人くらいいるよ』   これは、先日帰省した友人と会った時の話です。   彼女は近畿地方に住んでいますが、息子さんは普通の公 …

見えないけれど、人の持つ「氣」は影響を与え合います。

  おはようございます! 今日からまた週初めで、また大学1週間の始まり、始まり。 息子を見ているとまだまだ気が張っている様子ではありますけど、気持ちが前に向いているのが母としては嬉しいですね …

メンタル的な教育もあったらいいと思います~宮里藍ちゃんからの引退会見より②

  昨日のブログで書ききれない部分があったので、今日はその続きを書きたいと思います。 宮里藍ちやんの引退会見から感じた、不登校との関連の続きですね。 どの部分かというと「ゴルファーとしてのピ …

嫌なものはイヤ!それで良いと思う

  昨日は帰省した友達とランチに行ってきました。 高校時代のハンド部のメンバーなので、私にとっては気楽な仲間ではあります。ではあるんだけど、今回が一番私らしく言いたいことを話せたかな、なんて …

イチロー選手のストーリーから見る【不登校】との共通点

  昨日の息子は楽しそうでした♪ 友達を超えた家族のような友達のA君は、息子にとって、そしてA君にとっての宝物。 親友というのとも違うような2人の関係。いつ見ても羨ましいです♡   …