【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

息子のセンター試験初日は、楽しんでいた?(笑)

投稿日:2017年1月15日


 

センター試験初日が終わりました。

心配だった雪も積もることなく、電車は平常運転。

時間に余裕を持って出る息子。これは今回も変わらず。試験会場に着いたのは1時間前くらいで、のんびり控え室で待っていたようです。

知っている人もいなくて暇だったのか、試験の合間やお昼の時にLINEが来て、

その中の一つがコレ。


なんか、おっぱい、おっぱい、に反応してなのか、送ってきた写メ(ーー;)
現代文の問題だそう。

楽しんでるのは嬉しいんですけどね笑

 

私は私で5:00に起きて、ご飯を炊いて、息子のオーダーでお腹に優しい雑炊の朝食。外で下痢をしたくないし、消化にエネルギーを持っていかれるのは嫌なんだそう。この辺の体調管理はボウリングで培っていますね。

お茶も温かいのを用意し、ミニサイズのおにぎりを作ってと、ちょっとだけ母親らしい朝でした。

 

きっと、息子が登校していたら、これが当たり前の現実なのかもしれないけど、こんな朝のひと時が嬉しくて、喜びをかみしめていましたよ。

普通に通っていたら、また弁当かー、と思ったり、早く弁当から解放されないかなぁと私の性格なら思っていたはずで、更には、受験できるのは当たり前で

「合格しますように!」

と願っていたんでしょうね。

自分のことだけによくわかります笑

 

今はね、出来、不出来、結果はどうあれ、
自分で決め、取り敢えず初日の受験を受けれたことに

「よく、頑張ったね!」

と言いたいですね。

 

さて、もう1日。

まだ、試験は続くけとど、一旦お疲れ模様かな〜♪( ´θ`)ノ

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「〇〇できて当たり前」は、自分に対して使う言葉

  試験一日目が終了しました! 得意の数学が難しかったー、と得点を伸ばせなかったようで、雪の降る中、心も身体も凍えて帰宅しました。 いくら過去問を解いても対応しきれないものはあるし、イレギュ …

『適職』と『天職』を私はこう考えます

  不登校の子供を持つ不安って、今学校に行けない事実が将来に響いていくのではないか? 行き着くところは、子供の将来なんですよね。 学校にも行けないで、就職できるのか、就職じゃなく自営でやるに …

不登校でも【あなたがいい♪】と言われるように

  プロ野球も交流戦が始まって、主人の機嫌が良い我が家です。 主人は長年のジャイアンファンでしたが、今は地元の楽天を応援しています。 セならジャイアンツ、パなら楽天って感じですね。 ですから …

息子のモチベーションの保ち方は変わっているのか?これも学校に合わないことのひとつなのか?

  信念という言葉、とても凛とする言葉だけども、時として、判断を誤らせるくらいに邪魔になるときもあります。 これは私だけなのかな? 今でも覚えているんですけど、 『完璧』という漢字を私はずっ …

親が子供に愛情をたくさん注げば、子供は親の愛に応えるんですね

  先日ブログを見てまわっていた時のこと。 不登校とは一切関係なくても、目に入る記事というのはありますよね。 私は、気になったものは無視せず、そこにある考えを不登校に生かせるか?と考えるよう …