【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

息子のセンター試験初日は、楽しんでいた?(笑)

投稿日:2017年1月15日


 

センター試験初日が終わりました。

心配だった雪も積もることなく、電車は平常運転。

時間に余裕を持って出る息子。これは今回も変わらず。試験会場に着いたのは1時間前くらいで、のんびり控え室で待っていたようです。

知っている人もいなくて暇だったのか、試験の合間やお昼の時にLINEが来て、

その中の一つがコレ。


なんか、おっぱい、おっぱい、に反応してなのか、送ってきた写メ(ーー;)
現代文の問題だそう。

楽しんでるのは嬉しいんですけどね笑

 

私は私で5:00に起きて、ご飯を炊いて、息子のオーダーでお腹に優しい雑炊の朝食。外で下痢をしたくないし、消化にエネルギーを持っていかれるのは嫌なんだそう。この辺の体調管理はボウリングで培っていますね。

お茶も温かいのを用意し、ミニサイズのおにぎりを作ってと、ちょっとだけ母親らしい朝でした。

 

きっと、息子が登校していたら、これが当たり前の現実なのかもしれないけど、こんな朝のひと時が嬉しくて、喜びをかみしめていましたよ。

普通に通っていたら、また弁当かー、と思ったり、早く弁当から解放されないかなぁと私の性格なら思っていたはずで、更には、受験できるのは当たり前で

「合格しますように!」

と願っていたんでしょうね。

自分のことだけによくわかります笑

 

今はね、出来、不出来、結果はどうあれ、
自分で決め、取り敢えず初日の受験を受けれたことに

「よく、頑張ったね!」

と言いたいですね。

 

さて、もう1日。

まだ、試験は続くけとど、一旦お疲れ模様かな〜♪( ´θ`)ノ

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の母親の心は複雑です。その心のうちとは?

  不登校という状況が母親の精神に及ぼす影響は、もしかしたら、経験した人にしかわからないものなのかもしれません。 今日は私が嫌だったことを書いてみようと思います。 環境によって違いがあるかも …

仏教的観点を取り入れたカウンセリングとは?

  そうそう、先日の試験での面接でのこと。 一応、質問されるであろうお題というのが3つ用意されていました。   1.大学を志望した理由は? 2.入学して学びたいことは? 3.大学卒 …

子供を信じる母の思い~栗原類さんの話より

  先週くらいだったかな? 私の住む地元の新聞に、栗原類さんの記事がありました。 友人からの話ですけど、金スマ?で、自分は発達障害だと話していたそうですね。 私、実は栗原さんのこと初めて知っ …

センター試験の結果から見えた息子の意外な強み

  あなたの得意なことって何でしょうか? あなたの好きなことって何でしょうか? ちょっと考えてみてくださいね。 あなたは好きと得意が一致するタイプでしょうか? それとも、得意なことと好きなこ …

『適職』と『天職』を私はこう考えます

  不登校の子供を持つ不安って、今学校に行けない事実が将来に響いていくのではないか? 行き着くところは、子供の将来なんですよね。 学校にも行けないで、就職できるのか、就職じゃなく自営でやるに …