【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

不登校で悩み苦しんでいる時の親の気持ちと子供の気持ちの差

投稿日:2016年10月11日


 

不登校の子の本音・・・つまり、息子の声です。

不登校は家にいることが多い。

我が息子の場合は体調不良のことが多いですから、必然と家でできる気分転換法を探すことになります。

全てを忘れて何かに集中したい!

時々、こういう衝動に駆られるようなんですね。

過去に集中していたものを思い返してみました。

小学校時代は、
・折り紙
・ガンプラ作り

中学時代は、特になし

高校時代は、
・レザー作り
・料理

そして、今日は変なことを更に言い出しました(@_@)

『仏像彫りたい・・・』と。

ネット検索までして、値段にビックリ!!

そのお値段3万円弱。私はビックリしたけど、この価格は普通なんでしょうかね。

家にいると暇と言えば暇。

親としては『だったら、学校にでも行ってみたら?』と口が滑りそうになります(笑)

 

でも、そういうことじゃないんですよ。

息子に限っていえば、ちょっとの時間でも何かに集中して全てを忘れることが、息子にとってのストレス発散の方法。

この時間は必要な時間ですよね。

家で暇を持て余すようにしていても、常に登校できていない自分の現実と心の中では闘っているんですよね。

この気持ちを本当の意味で理解できるのは、実際に学校に行かないことを選択した子供たちだけなのかもしれません。

中学の時は熱中できるものがなかった。つまり、本人にとっては闇のような時間だったんだなと今は思うことができます。

 

不登校の子の思っていること、親の思っていること、ここには相当の差があると思った方がいいです。

子供によってもその出方は様々ですし、我が子といえど、私もまだまだ分からないことも多いですよ。

日中は寝ていることが多いのも、寝ていれば時間が過ぎるという思いがあるのかもしれないし、やる気が出ないというのは体調面にも現れるので、怠さは出てきてもおかしくはありません。

親にはだらけているように見えているときが、本当は子供が一番辛いときなのかもしれないなと。

親がマックスで嫌な感情を味わっているとき、子供が一番底の感情を味わっているとき。

そのように考えたことはあるでしょうか?

 

こんな状態の時に、

『学校行ったら?』
『勉強でもしたら?』
『何かやったら?』

は子供の傷をえぐるようなものになってしまいます。

私も散々えぐってしまって今があるので、今、こうして振り返ることができます。

自分が底の気分の時に、親に上記のような言葉を言われたらどうでしょう?

話したい気持ちはなくなるでしょう。

 

仕向けるのが悪いと言っているのではありません。

適切なタイミングというのがあって、そこを外すと、無意味どころか、逆に反発を生む声掛けにもなってしまうということです。

 

子供の態度にイラッとし、ちょっと言いたくなったときは一呼吸おいてみてください。

もしかしたら、そのときお子さんは、底の気分を味わっている可能性もあります。

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

本日は息子の後期の試験日。でも、本音は行きたくない大学です(^_^;)

  実は、今日は息子の私立の後期試験日。 3月にもなると、卒業式もあって受験ということを忘れてしまいますね。 それだけ真剣ではないということか? 我が家には必死さの空気はなく、今日が試験とい …

出席日数が足りなくて志望校に行けない・・・どうすれば?

  不登校と言っても悩みはそれぞれ。子供の性格、親の性格、そして、子供の考えや親の考えも個々人で異なります。 経験も違いますしね。 私も経験したことは書くことできますけど、不登校の中でも経験 …

これが受験生???大学受験を目の前に控える不登校の息子の非常識な現実

  今週の木曜日から私立の試験が始まります。 いよいよなんですが、家の雰囲気は緩い。 息子はさっき、私と入れ替わりで布団に入ったところで、ずっと友達とLINE通話。男同士で何時間も笑いこけて …

今日は二人で偏頭痛。不登校がもたらすストレスというもの

  私と息子は似た体質のところがあります。 気圧低下で頭痛が起きることがあるというところ。 先日が正にその日。二人で怠い、重い・・・。   でも、学校に行かないといけない用事があり …

親が子供に愛情をたくさん注げば、子供は親の愛に応えるんですね

  先日ブログを見てまわっていた時のこと。 不登校とは一切関係なくても、目に入る記事というのはありますよね。 私は、気になったものは無視せず、そこにある考えを不登校に生かせるか?と考えるよう …