【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

【恩送り】は最大の【恩返し】~私はそう思っています♪

投稿日:2017年6月19日


 

息子の特徴に、友人知人は息子より年上の方が圧倒的に多いというのがあります。

同じ歳の友人も数える程度で、年下となるとほぼいないんじゃないかな?のレベルで、偏りがあるんですよね。

これは本人も言っていて、年下は苦手だと・・・。

年上の方には、時には60代、70代の方とも積極的に話しかけたりするのに、年下には一切ないですね~。

苦手意識なのか、面倒見が悪いのか、これは一人っ子だから?

でもね、こんな息子でも慕ってくれている中学生の男の子が一人いまして、その子は今中学3年生。一緒にボウリングをする仲間なんですけどね、この子が息子のことを好きみたいで、ニコニコと息子のそばに来て嬉しそうに挨拶するんですよね^^(そんな姿が可愛い♡)

息子はカッコ良さで人を魅了するようなボウリングではなく、ハッキリ言って地味(笑)。だから、息子のボウリングに魅かれているのではないでしょう(笑)

ちょっと、不思議系も入っている子なので、似ているものを感じているのかもしれません。

で、ですね、ボウリングにも中総体、高総体にあたる大会が毎年ありまして、それが7月にあります。その予選が6月で、来週なんですね。競技人口が少ないから、競争率は高くはありませんけど、一応落選者も出ます(^-^;

前々から「一緒に投げたい!」「一緒に練習したい!」と言われていたんですけど、なかなか予定が合わなくてね、そんな状況の中、監督さんから「来週、見に来てやってくれ~」と「お前がいるだけで喜んで頑張れるから~」と言われている息子です。

どうやら腰を上げて行きそうですよ^^

 

今まで息子はたくさんの年上の方に支えられてきました。今度は少しずつ支える側へ移行しつつあるのかもしれませんね。

こういうのを「恩送り」って言うのかな?

「恩返し」という言葉はよく使いますけど、「恩送り」は「恩返し」よりも耳にすることは少ないし、使うことも少ないですよね。

でも、私はこの「恩送り」という言葉が好き。「恩送り」が最大の「恩返し」になるというのが私の想いです。

お世話になり、その方に恩を返すことは、私は一生かけても無理と思っているんですよ。お世話になった方というのは人格的にも素晴らしい方が多く、素晴らしい方は成長を止めることはないですからね。私レベルでは到底追いつけない、返せない。親孝行と似ているかな?親がしてくれてきた以上のことを私が返せなかったのと同じです。

成長させていただけたのだから、今度は人の役に立てることで貢献していく、私にはこの考え方がとてもしっくりきます。

ちょっと間違えば「恩知らず」と取られることもあるかと思いますが、そこには「心」があるので、どういう想いで取り組んでいるかは相手も「心」で感じ取れると思っています。

親子共々、不登校を卒業した今だからできる「恩送り」はたくさんありますね。もしかして、今はそれを試されているのかぁと思ったりしていました(^^♪

さて、週の始まりです。
今週も良い一週間にしていきましょう♪

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「心」を幸せにするのはやっぱり「心」

  今日から5連休という方も多いかな。 お子さんもお母さんもお父さんも良い連休になりますように^^!   本日の我が家は、主人は仕事。 息子は高校時代の友達と3人で、ステーキを食べ …

不登校の子供の職業まで考えたことがありますか?

  高校生でもアルバイトをしている子もいるし、大学生になればそれはもう普通のことですよね。 何でこんなことを言うのかというと、 息子はアルバイトをするだろうか? できるのだろうか? と思って …

息子の理想の学校があったとしたらどんな学校だろう・・・

  『こんな楽しい学校ない^ ^』 これは、昨日食事をした伯母の息子さんの言葉とのこと。 伯母は、転勤族で家族であちこち飛び回っていたので、子供も転校してばかり。 息子さんが高校一年の時に転 …

家の『氣』を整えることが、私にとっては心の平安につながります

  全国的に夏休みに入った頃でしょうか? 不登校の親にはあまり実感がないんですけどね。 夏休みは三食作らないといけなかったり、家で一人の時間が持てなかったりと、子供は嬉しくても、母親は大変か …

息子の大学は仏教系。坐禅が必須選択です^^

  本日、大学はお休み。 今日はですね、合格後初めてカテキョーくんが来ます^^ 大学は違うけれど、同じ大学生になれましたね。 この感覚もなんだか不思議だけれど、とても嬉しく感じています。 カ …