【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

【恩送り】は最大の【恩返し】~私はそう思っています♪

投稿日:2017年6月19日


 

息子の特徴に、友人知人は息子より年上の方が圧倒的に多いというのがあります。

同じ歳の友人も数える程度で、年下となるとほぼいないんじゃないかな?のレベルで、偏りがあるんですよね。

これは本人も言っていて、年下は苦手だと・・・。

年上の方には、時には60代、70代の方とも積極的に話しかけたりするのに、年下には一切ないですね~。

苦手意識なのか、面倒見が悪いのか、これは一人っ子だから?

でもね、こんな息子でも慕ってくれている中学生の男の子が一人いまして、その子は今中学3年生。一緒にボウリングをする仲間なんですけどね、この子が息子のことを好きみたいで、ニコニコと息子のそばに来て嬉しそうに挨拶するんですよね^^(そんな姿が可愛い♡)

息子はカッコ良さで人を魅了するようなボウリングではなく、ハッキリ言って地味(笑)。だから、息子のボウリングに魅かれているのではないでしょう(笑)

ちょっと、不思議系も入っている子なので、似ているものを感じているのかもしれません。

で、ですね、ボウリングにも中総体、高総体にあたる大会が毎年ありまして、それが7月にあります。その予選が6月で、来週なんですね。競技人口が少ないから、競争率は高くはありませんけど、一応落選者も出ます(^-^;

前々から「一緒に投げたい!」「一緒に練習したい!」と言われていたんですけど、なかなか予定が合わなくてね、そんな状況の中、監督さんから「来週、見に来てやってくれ~」と「お前がいるだけで喜んで頑張れるから~」と言われている息子です。

どうやら腰を上げて行きそうですよ^^

 

今まで息子はたくさんの年上の方に支えられてきました。今度は少しずつ支える側へ移行しつつあるのかもしれませんね。

こういうのを「恩送り」って言うのかな?

「恩返し」という言葉はよく使いますけど、「恩送り」は「恩返し」よりも耳にすることは少ないし、使うことも少ないですよね。

でも、私はこの「恩送り」という言葉が好き。「恩送り」が最大の「恩返し」になるというのが私の想いです。

お世話になり、その方に恩を返すことは、私は一生かけても無理と思っているんですよ。お世話になった方というのは人格的にも素晴らしい方が多く、素晴らしい方は成長を止めることはないですからね。私レベルでは到底追いつけない、返せない。親孝行と似ているかな?親がしてくれてきた以上のことを私が返せなかったのと同じです。

成長させていただけたのだから、今度は人の役に立てることで貢献していく、私にはこの考え方がとてもしっくりきます。

ちょっと間違えば「恩知らず」と取られることもあるかと思いますが、そこには「心」があるので、どういう想いで取り組んでいるかは相手も「心」で感じ取れると思っています。

親子共々、不登校を卒業した今だからできる「恩送り」はたくさんありますね。もしかして、今はそれを試されているのかぁと思ったりしていました(^^♪

さて、週の始まりです。
今週も良い一週間にしていきましょう♪

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

明日からガイダンスが始まります。今、私が思うこと

  不登校に悩み、本を読み漁るということをしていた時期がありました。 スピリチュアル系、精神世界、自己啓発・・私はそちらに流れていきましたけど、これって悩みを持つ方の特徴なんでしょうかね? …

不登校は親にもストレスがかかります。そのストレスを自分でどこまで理解していますか?

  ストレス・・・ ストレスの強い人、弱い人。 ストレスの対処の仕方が上手な人、うまくできない人。 なぜ、こんなに差が出るのかな・・・と時々思います。   私は、ストレスとはうまく …

たくましい女性~どのように考えるかで違うものです

  たくましい人っていますよね。 本人の性格と言ってしまえばそれまでですが、見習うべきところは多いので書いてみます。   こんな話を聞きました。 ある女性の話です。 離婚した後に、 …

みんな頑張っている。自分を褒めていこう。

  人間って頑張り屋だな・・・つくづくそう思います。 あくまで私の周りの話ね。 家族のために一生懸命で、うまくいかなくて落ち込んで、それでも、家事、育児を投げ出すことなく、良くなるように、良 …

不登校の子供と一人暮らしの老人

  息子の大学は福祉系ですので、講義の内容が、孤独死の問題にどう対応していくかとか、今後増えていく独居老人の問題はどうするかとか、そんなのが多いようです。 身近な問題として、これは本当にある …