【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

走ってみましたが、見事に走れませんでした(笑)

投稿日:2017年8月3日


 

「うわー、キツイ・・・」

 

これは息子の声ではなく、私の声です(笑)

さて、何がきついのでしょう???

洋服ではありませんよ(笑)

 

実は、、、ちょっと走ってみました。

で、500メートルも走らないうちに息が切れました(笑)

 

これはですね、ハンドボールのマスターズ大会に備えて、一応軽く準備をしておこうかなと思ってのこと(数日前に記事にしています)。

 

でも、あまりにひどすぎて、ショックを超えて、笑ってしまいました。

 

原因はわかっているんですよ^^。

イメージは昔のままなんですけど、身体はそうではない。

運動会で転ぶお父さん、アレと同じですね(笑)

走れると思って走るけど、脚が出なくて転ぶというね。

私は転びはしませんでしたが、ペースが速すぎて息が上がりました(^_^;)

このオーバーペースは反省し、少しずつ動ける身体にしていこうと思います。大会まであと1月半あるので、試合で20分は動けるようにしたいですね。

 

ということで、最初は息が切れて走れませんでしたけど、約40分位歩きましたね!

早朝だったので、とても気持ち良くて、気持ちも↑↑↑になって、良い一日を始められました。

やっぱりなぁ、子供のころから好きなものは変わらないのかな?

運動をすることは純粋に楽しいし、爽快感を伴った喜びを感じます。

スポーツのお誘いは、私にとっては食事のお誘いやお出かけのお誘いよりも嬉しいことなんですよ(^_-)-☆

変わっているでしょ~?

運動嫌いの方にはきっと理解できないとは思うのですが、好きとはそういうこと。人が何と思おうと人に何と言われようと、自分がそう感じるということ。この感覚を大切にしたいですね。人の意見に沿うのではなく、自分の感覚に心を寄せ、無視しないことです。

 

しかし、身体が慣れるまでには、時間もかかるし、継続のエネルギーもいります・・・。

 

これは何でもそうで、再スタートというのはエネルギーを要しますね。

実は、息が切れて立ち止まったときに、不登校の子が復学するときのエネルギーってこんな感じか?と想像していました。

最初はイケルと思って登校してみるけど、自分の思う以上に心は抵抗する。

自分で思い描いていたイメージと現実とのギャップに自分がショックを受け、気持ちを下げてしまう。

こんな感じかな?

 

だから、最初から飛ばす必要はなくて、短い時間、ゆっくりのペースで、毎日続ける方が良いですよね。

学校だったら、いきなり授業に出たり、丸一日は負荷が大きく、継続は難しいです。

生徒になるべく会わずにすむ放課後とか、保健室とか、学校に足を踏み入れるステップだけでも良いと私は思います。

 

真面目だったり、完璧主義だったり、自分に厳しかったり、の傾向がある人は、このゆるいスタートを受け入れられないかもしれないけど、このゆるさを受け入れることができるかが「継続」のポイントかもしれません。

 

カテキョーくんがこんなことを言っていました。

「毎日走っていると、この人走ろうとしているんだな・・・と脳が勉強するんですよね」と。

「毎日すること」は脳をも味方にする習慣です。

 

 

まずは私が実践します!!!

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

みんな頑張っている。自分を褒めていこう。

  人間って頑張り屋だな・・・つくづくそう思います。 あくまで私の周りの話ね。 家族のために一生懸命で、うまくいかなくて落ち込んで、それでも、家事、育児を投げ出すことなく、良くなるように、良 …

不登校は親にもストレスがかかります。そのストレスを自分でどこまで理解していますか?

  ストレス・・・ ストレスの強い人、弱い人。 ストレスの対処の仕方が上手な人、うまくできない人。 なぜ、こんなに差が出るのかな・・・と時々思います。   私は、ストレスとはうまく …

これから帰省します~行ってきます♪

  今日はこれから主人の実家に行ってくるので、軽めの投稿を。 昨日、息子は日中、食事以外は寝ていて、夕食を食べてからは朝まで起きていました。 日中寝ているのは、試験も終わり、やることもない。 …

見えないものを感じること。ご縁というつながりをどう感じるかも大切です

  私には不思議と友達や知人とは違う『ご縁』を感じる方がいます。 出会いの瞬間はあくまで他の人と一緒。 しばらく経ってから、そうですね、数年経ってから濃いご縁を感じるのです。   …

幸せの基準が下がって幸せ。これも不登校のおかげ

  不登校を経験したからなのか、私が歳をとったからなのかはわからないけれど、年々、幸せの基準が下がっていく自分を感じています。 昔の私は行動派。 1人で海外に行っちゃうし、どちらかというと外 …