【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

繰り返し伝えることと「くどい」は違うよね^^

投稿日:2017年8月13日


 

最近、ずっと雨続きでちょっと肌寒い東北地方です。

カラッと暑い夏はもう終わりなんでしょうかね~。暑ければ暑い!とうるさいのに、寒ければ物足りなくて寂しいもの。

息子の夏休みは暇そうです(笑)

友達もお盆休みや8月は家の用事や個人の用事で忙しくて、なかなか遊ぶ時間も合わない様子。

一人だけ捕まる友達がいて息子が誘うんですが、その子は宅浪中の受験生(^_^;)

誘うといつも乗ってくるんですよね。

昨日も夜中までメダルゲームしていたようで、今日も午後から行くとか言っています。

大丈夫なのかな???と思ってしまうのですが、

 

「気を遣って誘わない」ではなくて、「気を遣わずに誘うから、都合の悪い時は断ってくれていいよ」が息子の「気の遣い方」

 

なのです。

 

うーん。これもありだよね^^

断られるのを気にしないタイプなんですよね。気軽に誘うし、断られてもカラッとしているし、そしてまた誘う。相手も断りやすいし、これが本当の気の遣い方かもね。

だから、息子は意外にも営業が向いているかもしれないし、女性に振られても落ち込みは少ないかななんて想像しています(笑)

 

何度も繰り返し「伝える」というのは、習慣を定着させるのに必要だし、営業においても相手が必要とするタイミングがそれぞれ違うので、何度も声をかけることは効果的なんですよね。

繰り返しには魔法の力があると私は思っています。

 

合氣道を習っていた時に聞いた言葉を今思い出したので、それを紹介しますね。

「できるまで何度も繰り返し教えること。それが指導者の役目。」ということを先生から教わりました。

相手ができるようになるようになるには、指導者も教え方を変える工夫が必要で、つまり、常に勉強することが求められるのです。

これは親も同じですね。靴をそろえたりすること等を子供たちに何度も言って教えましたよね?

 

繰り返しは魔法の力と言っても、そのことで相手に「くどい」と思われたら、嫌われ、聞き入れて入れてもらえなくなるので、そこは注意!

この辺が難しいところですが、ポイントは一度で決めようと思わないで、ダメならまた言えばいいや!とあまり感情を入れずに、サラリと言うことかなと思います。

自分の伝えたい思いではなく、相手の反応、相手のペースで繰り返していくことですね。

 

嫌味のない、爽やかな繰り返しは、効果が高いうえに、好きになってもらえる可能性も高いですね。

 

私はくどくなりがちなので、注意!です。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の息子が通信制高校に決めた経緯を振り返ります

  最近メールでいただくことが多いのは、時期的なこともあり、進学に間することがとても多いですね。 今日は、改めて息子の高校受験について書いてみたいと思います。 学校嫌いの息子が一番嫌いだった …

家の『氣』を整えることが、私にとっては心の平安につながります

  全国的に夏休みに入った頃でしょうか? 不登校の親にはあまり実感がないんですけどね。 夏休みは三食作らないといけなかったり、家で一人の時間が持てなかったりと、子供は嬉しくても、母親は大変か …

子供の夢を応援できますか

  印象的な一文が目に入りました。 それは、 『先生というのは生徒を切り捨てるのではなく、生徒の夢や希望を叶える手助けをするのが仕事』(※) というもの。 これは、息子の通う予備校のテキスト …

【不登校】のママにとって、夏休みは楽?キツイ?

  無事大学での試験が終わった息子ですが、大学に行くのが昨日で終わりなだけで、ネット提出のレポートが2つほどあるそうです。 まだ夏休み気分とはいかないようですね。 本人が選んだ大学だけど、レ …

文章は相手との対話です。それは試験も同じ。試験とは出題者との対話の時間

  今日から大学の入試試験の息子です。 昨日はのんびり朝寝をして、ゲームをして、勉強をして、でも、早めに寝たのかな? 焦ることもなく、一夜漬け的に集中するわけでもなく、いつもと変わらずマイペ …