【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

本日の投稿が遅くなった理由は・・・

投稿日:2017年2月26日


 

↑今日の上の画像は今の息子の状態です(;´∀`)

 

今朝は息子と今後のことについて話していました。

タイムリーな投稿になりますね。

 

昨日の合否の結果を踏まえての息子なりに考えたのでしょう。今朝はブログを書かずに息子の話を聴いていましたよ。

息子はもう一年勉強すると半分覚悟を決めているようで、その対策。

 

実は私自身もここはキチンともう一度考える必要があると思っていたところで、とても良い機会でもありました。

もう一年勉強するとなると、今と同じ選択とはなりませんよね。

一年かけて、もう少し上の大学を・・と誰しもが思います。

 

これはとても望ましいことなのですが、私としてはそうとも思えないところがあって、

私がしっかりと考えて欲しいということは【将来】のこと。

大学だけを目標にして欲しくはないということなんですよ。

 

将来の望む姿から逆算して、大学を選ぶ視点を入れて欲しいということ。

ちょっと今はまだほとぼりが冷めていないので、そこまで考えるのは難しいかもしれませんが、4月までの間に脳もゆるめてね、その方向性で考えることできたらいいなと思っています。

 

ここからは3月の受験対策というより、次年度へ向けて勉強をする方向性にしていくようです。

 

3月の結果次第では大学選びは白紙に戻りますね。

でも、本人が話してきたということは、また立ち上がろうとしている兆し。

 

私はその気持ちを評価したい。

 

受験まで間に合わなった。不十分な状態で受験せざるを得なかった。

不登校の事情からこのことは事実としてありました。

そして、その結果をガツンと何度も突きつけられるのは、想定していても辛いし凹むものだと思います。

その気持ちは私も理解しているつもりです。

 

息子のメンタルは決して強くはなく、モロイところもたくさんあって、その息子が立ち上がって来たことが、一つの成長なんですよね。

来月ももう一度ガツンと経験するかもしれませんが、今日の状況をみればきっと大丈夫。

 

この経験を将来のおいて意味づけするのは息子で、この経験があったから・・・そう思える日が来ることを、母である私は願っていますよ^^

 

最後に息子からの一言

 

えいごきらい by○○

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

中学入学も、高校も入学も、淡い期待を抱いていました

  小学校から中学校に上がるとき、中学校から高校に上がるとき、私は『環境が変われば、もしかしたら通えるかも・・』と、淡い期待を持っていました。 通えるとまでは行かなくとも、良い変化はあるだろ …

不登校の子供を持つのは、選ばれた母親

  子供が不登校になると、 『なんでうちの子供ばっかり・・・』 『なんで私ばっかりこんな目に合うの?』 誰でも一度は思ったことがあるはず。 私は一度どころではなく、何度も思いましたよ。 &n …

先生も生徒もお互い学び合うのが【不登校】

  私には同世代の友達もいるけれど、一回り下くらいの子もわんさかいます。 私が年上だからなのか、結構学校の愚痴も吐き出してくれて、「なるほど~」と考えさせられることもあるんですよ。 息子が小 …

【不登校】=【引きこもり】の方程式は成り立たない!

  「7日間ログイン達成!!!」 これが何を意味しているか分かります? まぁ、ゲームかな?というのは想像がつくと思うんですけど、これはゲームセンターにあるゲームのログイン情報なんだそう・・・ …

不登校という「点」は、スティーブジョブスの「点と点とのつながり」の話にもつながる

  私は、スティーブジョブス氏のスタンフォード大学での卒業式のスピーチが好きです。 この中でジョブス氏は3つのことを話しているのですが、今日はその中の一つ『点と点とをつなぐ』話について書いて …