【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

私の不登校の向き合い方は、子供の笑顔を守ること

投稿日:2016年11月6日


 

不登校はなぜ親子を苦しめ、家庭内でのギクシャクを起こすのか?

子供の葛藤と親の葛藤。

家族の幸せとは、家族全員が健康で笑顔であることでもあって、家族が1人でも苦しんでいたり、
笑顔が欠けていれば、ギクシャクするのは当然かな。

 

なんで、我が家ばかり・・・

と、周りの家庭を見て何度思ったかしれません。

 

でも、こうも取ることができます。

我が家は頑固者の集合体。

それぞれが自分の考えを譲らないところがあって、だから、険悪にもなる>_<

神様がそれではいけないよ・・・とずーっと囁いていたのかなって。

私達3人は囁きに耳を塞ぎっぱなしだったけど、同じ状況では嫌だと思うのが人間なんですよね。

 

人は、より良くしていくことを求める、成長していくことを求める生き物だと思えます。

どちらが変わる必要があるか、私は親なのかな、と思います。

子供にしたら、登校できない状態は『悲鳴』に近い状態。学校に居場所を見つけられない上に、自分の心も親には上手く伝えられない。わかって欲しいのに、わかってもらえない。

学校と家との二重の苦しみ、そして、もどかしさ、子供の抱える苦しさの方がはるかに大きい。

息子が抱えていた心を思うと、もっと早くに私が理解できていたら・・と思います。

 

親も苦しいです。将来どうなるんだろう?と度々不安に襲われ、心を保つのも大変ですから。

 

でも、私が言えることは、私が望むこととは違っても、息子が普通に笑顔で話してくれるのは、何より嬉しいということ。

学校に行って心がギスギス傷つくよりかは、家で心をほぐして笑顔でいてくれることの方がいいと
思えたのです。

 

いろんな教育観があるのは承知しています。

ルールを守ることを覚えるのも必要だし、人と関わることも必要で、たとえ嫌でも耐えて経験することがその子の将来のため。心を鬼にして、この子が将来自分で歩いて行けるように教えていく、一例として、このような教育観もあると思いますよ。

私も『その通り』とも思えるのです。

 

ただ、この方法は、私には苦しすぎました・・・

 

子供の『笑顔』に私は1番ホッとします。会話からの笑顔は私にとっては最高の喜び。

 

子供の笑顔を守りながら、子供が笑顔を失わないで歩ける道を創りたい。

これが私の落ち着くやり方なのだと、今は言えます。

 








-母の心

執筆者:


  1. ハッピー より:

    まさしく同感です
    不登校当時に今の気持ちになれていたら……

    どんな道を歩むのか心配で必死で皆と同じレールに乗せようとしてました
    でも
    まずは笑顔でなければ親も子も苦しいんですよね

    いつも素敵なブログをありがとうございます

  2. befield より:

    いつもありがとうございます。
    母親の気持ちはみんな同じなんですね・・
    こうして声をいただけることで、
    私も心が一つになれたような気が致します。
    過去の自分、今の自分、どちらも自分。
    気付けたこと、成長できている自分に喜びましょうね^^
    コメントありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

息子のモチベーションの保ち方は変わっているのか?これも学校に合わないことのひとつなのか?

  信念という言葉、とても凛とする言葉だけども、時として、判断を誤らせるくらいに邪魔になるときもあります。 これは私だけなのかな? 今でも覚えているんですけど、 『完璧』という漢字を私はずっ …

『適職』と『天職』を私はこう考えます

  不登校の子供を持つ不安って、今学校に行けない事実が将来に響いていくのではないか? 行き着くところは、子供の将来なんですよね。 学校にも行けないで、就職できるのか、就職じゃなく自営でやるに …

息子は息子~やっぱり好き^^

  子育てとは一生もので、子供がいくつになろうとも、親が親であることは変わらず、我が子を気にかけていくものです。 主人の母親は、毎朝神棚に手を合わせて、子供一家の元気を願っていると聞きました …

親が子供に愛情をたくさん注げば、子供は親の愛に応えるんですね

  先日ブログを見てまわっていた時のこと。 不登校とは一切関係なくても、目に入る記事というのはありますよね。 私は、気になったものは無視せず、そこにある考えを不登校に生かせるか?と考えるよう …

不登校で苦しさを感じるとき、私はこうやって落ち着きます。

  もっともっとと追い求めていると、いつまでも尽きないことに気づく。 これは昨日の記事で書いたことです。 息子は歩き始めるのも、言葉を発するのも遅く、検診では別室に通されました。 ここで言う …