【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

不登校でも【あなたがいい♪】と言われるように

投稿日:2017年6月1日


 

プロ野球も交流戦が始まって、主人の機嫌が良い我が家です。

主人は長年のジャイアンファンでしたが、今は地元の楽天を応援しています。
セならジャイアンツ、パなら楽天って感じですね。
ですから、ジャイアンツvs楽天は嬉しいみたいですよ。

「ジャイアンツと楽天どっち応援するの?」と聞くと、それは楽天とのこと。

ジャイアンツは原がいたから好きだったけど、今はね〜と言っていました。

「どのチームを応援するかはチームというより選手だよね。好きな選手がいるチームを応援したくなるものだよ」

それはそうかもしれない、と思いました。

人は人に惹きつけられるもの。


この話から、私の兄のことを思い出したので、今日はそれをお届けします。


兄はね、頭は悪くはないけど、勉強が好きではなく、部活に一生懸命な人でした。
中学の時に陸上部に入り、そこで2つ上の先輩と出会ったのです。

その先輩は、我が家にもよく遊びに来ていたので、私も面識があるんですね。
厳しい上下関係のある当時の体育会系では、珍しいことだったと思います。私は先輩と話すなんて恐れ多くてできませんでしたし、2つ上となると尚更です。

兄にとってはこの先輩の存在が大きかった。
先輩が高校に進学して、離れ離れになってしまった時、その先輩は兄に言いました。

「お前も○○高校に来い!そして、一緒に陸上やろう!」と。

でもですね、教師になりたいと言っていた先輩は、成績優秀。県内の進学校に入学したんですよ。
とても当時の兄が入れるレベルではない高校でした。でも、兄はその高校を目指しました。
中総体が終わり、部活をやめてからは、家庭教師をつけて猛勉強です。

先輩と同じ高校で、同じ陸上をするため!ただ、この目標のためだけに。

こうした動機というのはブレませんね。
兄は合格して、また一緒に陸上をすることができたんですよ。

憧れる人がいること、一緒にいたいと思える人がいることは、大きなモチベーションになる例だと思います。

そして、人は人に惹きつけられる例だとも思います。

実は、この話を聞いたのは2ヶ月前のことでした。

兄が陸上をしていたのも知っていたし、先輩と仲が良かったのも知っています。家庭教師で勉強していたのも知っていました。ただ、先輩の言われた言葉は知らなかったし、当時の兄の思いを私は知らなかった。

2ヶ月前に、私の息子にその話を聞かせているのを聞いて、○○先輩を慕って同じ高校に進学したんだ・・・、そんなことがあったんだ・・・と初めて知ったのです。


人を大きく動かせるのは人であって、人ほど人を動かせるものはないのかもしれません。

あなたのお子さんがそのように思われたら、あなたは嬉しくないですか?
親として誇りに思えませんか?

私は、将来というものは全て人とのつながりだと思っています。

仕事でも、経済的なお金に関することでもつながりは欠かせない。

あなたと取引したい。
あなたから買いたい。
あなたにお願いしたい。

人ってそういうものだと思います。

『人』を見た場合に、不登校は一切関係なくなります。
不登校でも自分のできることを見つけ、その分野を一生懸命勉強しました。私はそれでいいと思う。不登校の子は通えていない事実があるから、威張ることもないとも思う。

その姿が人を感動させることさえあると思っています。

不登校でもいい。
人から可愛がられる、人から慕われる人になってくれたら、母は嬉しい。

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子のモチベーションの保ち方は変わっているのか?これも学校に合わないことのひとつなのか?

  信念という言葉、とても凛とする言葉だけども、時として、判断を誤らせるくらいに邪魔になるときもあります。 これは私だけなのかな? 今でも覚えているんですけど、 『完璧』という漢字を私はずっ …

【総括】今日で不登校の母も卒業です。でも、ブログは続くよ~の巻(笑)

  今日は3月14日。何の日?ホワイトデー? はい、今日は息子の最後の試験の日です。   昨日はね、約1年ぶりくらいに息子の幼なじみの女の子から、 「おひさー。生きてるかー?」とL …

あなたにとっての不登校の解決は、登校できるようになることですか?

  あなたの不登校の解決とは、どのようなものでしょうか? この質問の答えに明確に答えられる方はどのくらいいるのでしょう?   何を分かり切ったことを聞いているの? と思われるかもし …

不登校の子供が安心する場所には、安心させる方がいるはずです。

  昨日は息子とヘアカット。 息子の伸び放題の髪もスッキリです。 美容師さんとはボウリングを通じて知り合い、つき合いはまだ10年ぐらい。ですけど、まるで家族のような気楽さで、実家に行くような …

親が子供に愛情をたくさん注げば、子供は親の愛に応えるんですね

  先日ブログを見てまわっていた時のこと。 不登校とは一切関係なくても、目に入る記事というのはありますよね。 私は、気になったものは無視せず、そこにある考えを不登校に生かせるか?と考えるよう …