【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

子供を信じる母の思い~栗原類さんの話より

投稿日:2016年12月22日


 

先週くらいだったかな?
私の住む地元の新聞に、栗原類さんの記事がありました。

友人からの話ですけど、金スマ?で、自分は発達障害だと話していたそうですね。

私、実は栗原さんのこと初めて知って、顔は写真で見ただけ。

話すところも見たことがないのです。

友人が言うには、ちょっとオネエよりのモデル?らしいですね(⌒-⌒; )

新聞の記事も自身の発達障害に関することでした。
今回こうして記事を書こうと思ったのは、お母さんが素敵な方だなぁと思ったからで心に響く言葉があったんですよ。

それを紹介したいと思います。

 

「嬉しさを表情に出しにくいなら、言葉で感謝の気持ちを相手に伝えて」

とアドバイスしてくれたこと。

学校の先生に、「類くんだけ名前を漢字で書けない」と指摘された時に、

「英語で書けるのは類だけですよね」と答えてくれたこと。

そして、類くんはこう言います。

「僕のために戦ってくれた母は一番の理解者」

「障害を隠したことも自分を悲観したこともない」

 

私、こういう話に弱いです・・・。
涙が出て来ます・・・。

 

その時の学校の先生、
お母さんの切り返しに平静を保てたかな?

 

母親の我が子を信じる思い。
学校や先生を相手に我が子を守りとおす意思。

私もこういう母親で在りたい!と思います。

モデルに近い母親像ですね(⌒-⌒; )

とても美しい親子の姿だと思えました。

 

私達は、集団生活からはみ出さないように、学校とトラブルを起こさないように、控えな態度に終始するところがあります。

私自身が実際そうでした。

子供を守るどころか、学校に馴染めない子供を責める母でしたから。

前にも似たような記事を書きましたが、母親が行動で子供への愛を示せば、その思いは子供の心にしっかり刻まれます。

そして、子供は自信を持って、堂々と歩んで行けるんですね。
人と違うことや集団からはみ出ることは、なかなかシンドイし耐えがたい。

 

でも、信じて、それを行動で示していけば、子供は応えてくれる。

 

母親として、こんなに嬉しいことはないのではないでしょうか?

あ〜、こういうことになると、熱く語ってしまうのよね。

涙を浮かべながら書いていたり・・・ね。

 

私も類くんのような母親を目指すのと同時に、同じように思う母親を増やしたいとも思っています。

そして、心を同じくする友人として、この先を歩いていけたら、充実感のある人生を私は送れると思います。

 

あなたはどう思いますか?

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親が子供に愛情をたくさん注げば、子供は親の愛に応えるんですね

  先日ブログを見てまわっていた時のこと。 不登校とは一切関係なくても、目に入る記事というのはありますよね。 私は、気になったものは無視せず、そこにある考えを不登校に生かせるか?と考えるよう …

センター試験の結果から見えた息子の意外な強み

  あなたの得意なことって何でしょうか? あなたの好きなことって何でしょうか? ちょっと考えてみてくださいね。 あなたは好きと得意が一致するタイプでしょうか? それとも、得意なことと好きなこ …

不登校は親子の成長につながります

  息子は高校三年生。 誕生日が6月なので、選挙の投票権が来ていました。 選挙権年齢が18歳以上になって初の選挙ですよね。 息子の成長を心に残す意味も込めて、一緒に投票に行ってきましたよ^^ …

不登校ではなくても母親の悩みはなくならない。まだ、不登校だけでよかったのかも・・・

  昨日、久しぶりに同じ年の従姉妹から、数年ぶりに泊まりかけで実家に帰るから、食事でもしない? って連絡がありました。 ただ、それがセンター試験日の14日、15日。 まぁ、私が受験するわけで …

不登校に対する主人と私の考え方の違い

  今日は、主人と私との考え方の違いについて書こうと思います。   もしかしたら、読んでいて嫌な気分になるかもしれません。 その時は読むのを即座にやめて、気持ちが明るくなることをし …