【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

2016年断捨離&大掃除をして、2017年へ

投稿日:2016年12月31日


 

年末、結局掃除してます笑

先日は見なきゃ良かったところを見てしまい、とうとう手をつけ断捨離&掃除。

見なきゃ良かったところとはクローゼットなんですけどね。

断捨離しながらも、不用品をメ〇〇リに出品し、今度は売れたの商品の発送手続きに追われるというありがたき年末^^;

おかげさまでスッキリしました。

 

掃除って、最終的には心のお掃除。

これもね、やった人ではないとわからない心の感覚ですよね。

主婦の方はよーくわかるはず。

自分が掃除した箇所をずっと眺めていたくなる。
私は何度も何度も眺めています^_^
これこそが掃除がもたらす効果と気付いたのは、近年のことです。

断捨離も同じですね。

掃除や断捨離をすることで、心の浄化をしています。

 

トイレ掃除をすると金運が上がる

コレはよく聞く話で、金運を上げるためにやり始めた人もいると思うんですよ。

私もその一人だし笑

でも、掃除をすれば金運が上がるというのは、そんなに簡単な話ではなくて、

掃除をしているうちに、綺麗が気持ちよくなって、自分の気持ちがスッキリする。

そして、自分の機嫌が良くなることで、自分の心が変わり、振る舞いが変わり、人に対しても優しさを持って接することができるようになる。

それが、発展し、

どうしたら相手に喜んでもらえるか?
相手はどんなことに喜びを感じるんだろう?

と相手を思う心が芽生え、相手にも喜ばれる存在になっていく、この流れなのかなと思うようになりました。

トイレは不浄な場所として、みんなが嫌がるところです。だから、そのトイレを綺麗にすることが一番心を磨くことにつながる。

まぁ、コレは私の解釈ですけどね。

 

お金がもたらされるということは、人がお財布を開いてくれるということですから、人に好かれ、信頼されるようになれば、『あなたから買いたい!』と思われるのも自然なこと。

結果、あなたから買う人が増えて、お金の循環が始まるんですね。

さらに、一度自分で断捨離をすると、今度からは、自分の好きなもの、本当に気に入ったものだけを買おう、と思うようになるから、出費も減るということも起きてきます。

トイレ掃除をすると金運が上がるというのは、いろんな要素があってそこに到達するもので、言葉とは深いです。

 

掃除をし続けることでこの感覚を味わえるのですから、掃除をして、かつ、清浄な空間にいる人と
他人が掃除をしてくれて、その清浄な空間にいる人とでは違いが生じますね。

多くの経営者がトイレ掃除を大切にし、それをやり続けていたいうことが、なんとなくわかってきたような気がします。

これもすぐに効果を感じられるものではなくて、ジワジワだから、やめてしまう人も出てしまう。

一度でも、このスッキリ感を味わい、そのことを意識できればいいのかと思います。

年末の大掃除は面倒くさい。
その気持ちもよくわかります。
しかし、面倒くさい気持ちのまま掃除をしていては、ただの苦であって、心も苦です。

年末は部屋も心もスッキリさせて、良いお年をお迎えくださいね。

本年はたくさんのご訪問ありがとうございました。
感謝しております。

来年もお役に立てる記事をお届けできるように努力していきます。

来年もよろしくお願いいたします。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校を楽しい言葉に変えてみる!

  今日は変なつぶやきです^^ このブログをスタートしてまだ3週間足らずなんですが、たくさんの方にご訪問いただけるようになり、とても嬉しいです。 感謝しています^^   &nbsp …

ちょっとだけホッとしたこと♪

  息子がここ1週間ほど大学を休んでいます。 不登校復活? と心配してくれた友達がいましたが、多分大丈夫(^^;; 鼻水と軽い喘息発作、それにお腹に来る風邪のようです。一番お腹がひどいですね …

楽天イーグルスと息子の歴史が重なって見えます

  家にこもりっきりのGWです(笑)   滅多にテレビを観ない私ですけど、最近は楽天の試合の放送があるときは観ています。 プロ野球の雰囲気も随分と変わりましたよね 昔はジャイアンツ …

不登校問題を乗り越える壁~私の次なる段階

  以前の私は、学校に通えたら不登校は解決、と思っていました。 ところが、どうして、どうして、そんな単純なものでもないですね。 行き渋りが出始めた時は、一時的なものですぐまた行くだろう、と楽 …

息子の理想の学校があったとしたらどんな学校だろう・・・

  『こんな楽しい学校ない^ ^』 これは、昨日食事をした伯母の息子さんの言葉とのこと。 伯母は、転勤族で家族であちこち飛び回っていたので、子供も転校してばかり。 息子さんが高校一年の時に転 …