【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

2017年~ご縁を紡ぐ年

投稿日:2017年1月2日


 

あけましておめでとうございます。

暖かく、快晴の新年となりました。
本年もよろしくお願いいたします。

 

実は、元旦からちょっと嬉しいことがあったんですよ。

息子の小児科で知り合った女の子、息子と同じ喘息患者で入院の常連さんだったんですけど笑、彼女からLINEが入り、お昼を一緒に食べてきたのです。

当時息子が1歳。
彼女は中学3年生。

最後に会ったのが息子が幼稚園くらいの時だから、ゆうに10年以上は経っていますね。

帰省中の新幹線で思い付いた!と言っていましたf^_^;

家庭の事情で祖父母に育てられた彼女。

私はおばあちゃんともよく話していて、ご自宅の近くを通る度に、元気でいるかな、とずっと気になっていたんですよね。

もう80歳を超えているから尚更ね・・・。

ですから、彼女から、
『おじいちゃん、おばあちゃん元気ですよ!』
と聞けた時は、本当に嬉しかったです。

食事の後に彼女を家まで送って、ちょっとだけご挨拶させていただき、変わらぬ姿に涙が出そうに/ _ ;

数年前に、彼女のお父さん、つまり、おばあちゃんは長男さんを亡くしているんですよ。

どんなにか悲しくて、ショックだったか・・・

それでも、変わらね笑顔で、『いろいろあってね〜』と話してくださる姿に、私はかける言葉を見つけられませんでした。

笑顔が素敵なおばあちゃん。

背筋もピンとしていて、10歳は若く見えるし、品格も感じさせます。

そして、
『ノーメークで恥ずかしいわ(⌒-⌒; )』
と可愛らしくはにかんで・・・笑

女性って、いくつになっても女性なんですよね〜〜。

新年はね、2人の女性からのギフトで幕を開けました。

 

ご縁とは本当に不思議なもの。

彼女や彼女の家庭と私や私の家庭との間には、いろんな共通点があって、昔からつながりを感じており、おばあちゃんも私にとっては身内に近い感覚を感じる方で、このような友人、知人を超えるご縁は時を経ても変わらない、そのように確信できました。

これは自分の素直に感じる心、感性です。

今年は自分の感情に耳を傾け、そして、自分の感性を信じて、ご縁を紡ぐ年にしたいですね。

出会う人、出会う人、一期一会。
大切に思う心を持って接していこうと強く思う新年です。

それでは、今年も始めましょうか^^

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供に残していきたいものは何ですか?

  子供に何を残して行くか? このことは以前から漠然と考えていたことではあったのですが、この考え方にもかなり変化が生じてきました。 初めは、息子が病弱だったこともあり、生活に困らない金銭と金 …

不登校は不安・・私の不安の向き合い方です

  誰でも持つ不安。 不安をバネにしていける人もいれば、自分でさらに不安を大きくしてしまう人もいて、これは持って生まれた性格によるものだろうか?と時々思うことがあります。 自分はどうだったの …

先生も生徒もお互い学び合うのが【不登校】

  私には同世代の友達もいるけれど、一回り下くらいの子もわんさかいます。 私が年上だからなのか、結構学校の愚痴も吐き出してくれて、「なるほど~」と考えさせられることもあるんですよ。 息子が小 …

不登校のお子さんを持つお母さんへ

  私も一母親です。 これまでに、子供が不登校であることに対し、母としてあるべき姿をいろいろアドバイスしてくれる方がたくさんいました。   でも、その心は嬉しくても、 責められてい …

おかげ様で「正式合格」となりました。あなたの応援に感謝致します。

  おはようございます! 昨日、メルマガの読者様には一足先にご報告を差し上げましたが、 昨日、息子の志望する大学から、   「正式に合格となりました」   と電話連絡があ …