【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

息子の理想の学校があったとしたらどんな学校だろう・・・

投稿日:2016年11月26日


 

『こんな楽しい学校ない^ ^』

これは、昨日食事をした伯母の息子さんの言葉とのこと。

伯母は、転勤族で家族であちこち飛び回っていたので、子供も転校してばかり。

息子さんが高校一年の時に転勤が決まり、転校手続きをしようとした時に上記の言葉を言われたそうです。

そして、頼むから下宿を探してくれ!と。

結局、息子さんはそこに残り、その高校を卒業しました。

なんか、すごい言葉ですよね。

楽しい学校か・・・そんな人もいるんだな、と。

 

この言葉を聞いて、楽しい学校とはどういうことなんだろう?私の頭の中をグルグルです。

正直、今の私には違和感だらけ。

私が変なのかな?

 

私の感覚は、学校は通うものだから通っている。
行きたくないけど、友達と遊ぶ放課後が楽しい、部活が苦しいけど楽しい、でした。

私の登校の動機はこんな感じ。これを楽しいと言えるかどうかは疑問です。

もし行かない選択がもしあったのなら、私はそちらを取るだろうし。

 

昨日は帰宅してから、このことを考えていましたよ。

学校が楽しいというのは授業が楽しいのか?
そもそも勉強が好きということなのか?

でも、勉強に限って言えば、はっきり言って塾の方が楽しいと私は感じるし、やろうという気も起きる。

あなたはどうでしょうか?
学校を楽しいと感じたことはあったでしょうか?
何が楽しかったのでしょうか?

学校は行くべきもの、という概念を外して、学校に行っても行かなくてもいい、という選択肢があったのなら、あなたは行く選択をするのでしょうか?

 

学校に行く一番の楽しみは、友達なのかな?

なかなか自分に合う友達に出会うのも難しいけど、出会ったら楽しいのかな?

でも、これも息子に言わせれば、休みの日に会えばいいし、学校で会う必要はないそう。

だから、これが動機にはならないみたい。

 

ふーん、考えますね。
息子が通える理想の学校があるとしたら、どんなところだろう?

・授業は自分の好きなように組める
・塾のように教科の中でも先生の選択ができる
・学校行事がない
・ネイティヴの英語の先生がいる

そんな感じだろうか?

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校の子供を持つ親の感情

  私は、息子とどれだけ一緒の時間を過ごしたんだろう? 他の人の2倍、3倍ではきかないですね、きっと笑 最近は、不登校のわだかまりを一切感じることなく、自然な親子の会話もできるようになりまし …

只今、10分ルールにトライ中!私ができたら子供にも教えます♪

  7月も中旬に差し掛かり、これから夏休みですね。 昨年と同じ自分のままではないか? 自分は成長しているか? 昨日の記事は、今年後半へ向けての私のちょっと目標の見直しを促す意味もありました。 …

【笑顔の力】泣きたい時、ピンチの時ほど笑ってみて♪

  昨日ある本でこんな文章を目にしました。 人が1日に笑う時間は平均23秒 えっ!そんなに少ないの? 現代はそんなに笑うことがない時代? ストレス社会ということ? あなたは毎日笑えているでし …

不登校は学校が合わないという価値観

  最近思うこと・・・ 不登校はその子の価値観が学校と合っていないのかな、と。 人は誰でも価値観が合わなければ、居心地が悪いし、嫌いにもなりますね。 義務教育は9年にも及びます。 不登校の原 …

不登校の子供に「頑張って学校行け!」は禁句?

  【頑張って学校に行く】 あなたはこの言葉を聞いてどう感じますか? そもそも、学校って頑張って行くもの? 今更ながらそんなことを考えます。 私は習慣で学校に行っていて、頑張って行った記憶は …