【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

母の心

『適職』と『天職』を私はこう考えます

投稿日:2016年8月28日


 

不登校の子供を持つ不安って、今学校に行けない事実が将来に響いていくのではないか?

行き着くところは、子供の将来なんですよね。

学校にも行けないで、就職できるのか、就職じゃなく自営でやるにしても、ちゃんとやっていけるのか?

この不安が大きいのではないかと思います。

 

これは不登校の子に限った話ではなくて、子供を持つ親みんなに共通することでもあって、不登校の子はさらに不利・・・ということなんでしょうね。

職業につくのに、早い人は中学を卒業してからそして、高校を卒業してから、大学を卒業してから、と続きます。

15歳から22歳ですね。

人生の比較的早い段階で自分の仕事を決めるのですから、酷と言えば酷。

本当になりたい姿を明確に描けている人にしか、これを一生の仕事にするとは言い切れないと思います。

 

ミドル、シニア世代の方の中には、転職を良しとしなくて、『我慢が足りない』と言う方もいるかもしれませんが、働くうちにやりたいことが見つかることもあって、自分が生きがいを感じられる仕事に出会うことだってあるのです。

その時その時のベストの選択をして、その環境の中で自分の100%の力を提供し、その人生の流れの中で、『これだ!』というものを掴んでいけばいいと思うのです。

 

終身雇用に代表される、一つの仕事を全うするというのも素晴らしいこと。

私の父も義父もそうでした。

ここには、父や義父が生きた時代というのもあるし、戦争を知っている世代特有の考え方もありますね。

ただ、これを現代にそっくりそのまま当てはめてしまうと、自分の秘められた才能が秘められたままで終わってしまう、そんな可能性も否定できないと私は思うのです。

 

最初の職業の選択は、

『自分にはこれが向いているかも・・・』

と思って選択する人が多いのではないでしょうか?

そして、失敗や躓き、困難、苦悩といったことを経験することで、自分の在り方を表現できる職業に出会う。

例えば、

自分が病弱だったから
・健康に関わるサプリメントを作ったり、
・食事による改善方法を勉強し提供したり、
・癒しを与えるセラピーだったり、
ということに生きがいを見出したりね^^

 

適職、天職とか言葉はありますけど、私が思う適職とは自分の特性を活かせるもので、私であれば会計がそうでした。

話したり、人と接したりするのが好きだったら、営業、販売を選ぶかもしれませんね。

車が好きだったら、セールスドライバーやバス運転手、整備士という選択もあるかもしれません。

 

そして天職とは、自分の生きてきた経験を通して導かれるもの、というようなものだと思います。

自分の思いが相手にダイレクトに乗るイメージです。

そこには自分の体験に裏打ちされたものがあって、ギラギラとお金を追う匂いは感じられず、どこか使命に燃えていて『自分一人でもやる!』というそんな気概が感じられるものです。

 

私の定義する適職だと、ここまで熱は入らないです。

でも、天職には『想い』や『念』が入り、それが伝わるんですよね、不思議だけど。

 

どんな職業かは問わないんですよ。

ある人にとっては適職かもしれなくても、ある人には天職ということも普通にあって、そこにどんな想いがあるか、ですね。

 

子供たちも初めは適職から始めるでしょう。

それでも、これからの方が長い人生なのですから、どこかで天職に出会うかもしれないですよね。

天職は自分を表現する人生にもなります。

出会えた人は人生が充実したものになるし、子供たちもそうでしょう。

これは親が決められるものではありません。子供自身が感じ、決断していくものです。

親ができるのは、そうですね、子供にとっての機会を奪わない、ことでしょうか?

 








-母の心

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校で悩み苦しんでいる時の親の気持ちと子供の気持ちの差

  不登校の子の本音・・・つまり、息子の声です。 不登校は家にいることが多い。 我が息子の場合は体調不良のことが多いですから、必然と家でできる気分転換法を探すことになります。 全てを忘れて何 …

息子は息子~やっぱり好き^^

  子育てとは一生もので、子供がいくつになろうとも、親が親であることは変わらず、我が子を気にかけていくものです。 主人の母親は、毎朝神棚に手を合わせて、子供一家の元気を願っていると聞きました …

「〇〇できて当たり前」は、自分に対して使う言葉

  試験一日目が終了しました! 得意の数学が難しかったー、と得点を伸ばせなかったようで、雪の降る中、心も身体も凍えて帰宅しました。 いくら過去問を解いても対応しきれないものはあるし、イレギュ …

まだまだ何の予定もなく、ボーっとする休みがない息子です

  今日は日曜日で大学は休み。 大学が始まってからは、何の予定もない休みというのがまだなくて、息子もまだまだ疲れが取れない、と言っています。   今日はですね、来客の予定です。義兄 …

出席日数が足りなくて志望校に行けない・・・どうすれば?

  不登校と言っても悩みはそれぞれ。子供の性格、親の性格、そして、子供の考えや親の考えも個々人で異なります。 経験も違いますしね。 私も経験したことは書くことできますけど、不登校の中でも経験 …