【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校の子供には、親以外の話せる大人がいるといいですね

投稿日:2017年2月7日


 

昨日は急遽旦那さんも会社を休むといい、3人で過ごした一日。

口に出さずとも、旦那さんも相当神経を使っていたんでしょうね。

 

特に何するわけでもなく、いつもの一日。

息子も慣れないことの連続でしたから、精神的な疲れと肉体的な疲れが残っているようでしたけど、偏頭痛は解消し、普通に過ごしていました。

 

試験、特に受験というスタイルで100%自信がある、という人は少ないでしょう。

自分ができれば周りもできていると思うし、自分ができなければ周りができていなかったとしても落ち込むし、どっちにしても不安だらけ。

息子はボウリングである程度鍛えられたのかな、ここ一番での集中力といったところや本番での焦りというのはなくマイペースを貫けたようなんですけど、

ボウリングと同じで、終わった後はメンタルが崩れますね。

膝を抱えてイジイジみたいな感じです(笑)。

 

こうなると、親としてできることはあまりなくて、第三者の存在に助けられることが多いです。

 

ボウリングの時は、美容師兼監督さんの一家に行けばまず大丈夫だし、今回はカテキョーくんに助けられました。

試験が終わった後に数学の問題を写メで送って、数時間後には解説と励ましのメールを送ってくれていたんです。

連日の試験ですから、数学で納得がいかなかった部分をうやむやにしたまま翌日受験するのと、きちんと把握してから受験するのとでは、気持ちが異なりますよね。

できなかった事実を突きつけられるという点ではマイナスかもしれませんが、本人にとってはその方が良かったようです。

 

息子の精神面から見て、親だけの対処だけ乗り切れていなかった、つくづくそう思います。

カテキョーくんの存在が息子の精神面では大きな支えだったし、ここ数日は、私達親子を支えてくださる方に感謝をする日々となっていました。

 

私も読者さんからのメールにどれだけ励まされたか・・・

メールって不思議な力を持っていますね。実際にはお会いしたこともないのに、すごく身近に感じられて、ほんわか温かい見えないチカラを背中に感じていましたよ。

どうもありがとうございます。心より感謝致します。

 

カテキョーくんとは今後も英語の勉強を続けていくので、これからもお世話にはなるんですけどね、親以外に本人が信頼する大人がいた方がいいですね。

友達は友達で必要ですけど、こういった本人にとってのちょっとした試練の時ですよね、人生経験のある大人の助言は、とても大きいと感じました。

 

今回、第一志望の受験ができなかったので、このまま第一志望をB日程で受けるための準備に入ります。

明日は学校のテストなので、今日はそのテストのための一夜漬け(笑)。

明日からはまた受験勉強の再開ですね。

 

頑張れるのは今。

 

家族で体調を整えてもうひと頑張りです!

 

受験らしい受験を初めて経験しましたが、なかなかハードですー。
先輩のお母さん方を尊敬します。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子が久しぶりの喘息発作でした・・・

  息子は元々が喘息の持病持ち。風邪を引くと弱いところを突かれますね。ちょっと咳発作気味で昨日は病院に行っておりました。 夜には38度まで熱が上がったし、密かに「肺炎かなぁ」と用心しつつ、幼 …

息子はずっとこんなストレスも抱えていたのか・・・

  実は、私が今おそらく中耳炎。 耳鼻科が休みで病院には行けなかったんですけど、今日も息子の中耳炎の経験から、 「それ、中耳炎だね」と。 痛くはないんですけど、耳に水が入っているような詰まっ …

我が家の連休初日はこんな感じでした♪今日は完全プライベート記事です(^^♪

  昨日の朝まで気付かずにいたけど、3連休だったんですね。 みなさんいかがお過ごしですか? 土曜日はいつも道路が空いているのに、なぜか混んでて「そっか、3連休かー。」と気付きました。 我が家 …

ブック&カフェでの時間~昨日読んだ本より

  東北も梅雨入り。 土曜日は天気にも恵まれて、私はドライブがてら大好きなブック&cafeへ。 見ていると欲しくなる病が発動し、また本を買ってしまいましたね。 昨日買った本は、なんとなく読み …

子供の夢を応援できますか

  印象的な一文が目に入りました。 それは、 『先生というのは生徒を切り捨てるのではなく、生徒の夢や希望を叶える手助けをするのが仕事』(※) というもの。 これは、息子の通う予備校のテキスト …