【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

「支配される」ことから「支配すること」へ

投稿日:2017年8月22日


 

昨日のローカルニュースで言っていましたけど、何と、我が地方は31日連続で雨なんだそうなΣ(゚Д゚)

良く降るなぁとは思っていたけど、そんなに降っているとは思いませんでした。ちなみに、これは過去2番目の記録で、過去最高は35日とのこと。

一日ずっと雨とかではなくて、降ったり止んだりなんですけど、太陽が見えない日が続いていますね。

西にお住まいの方は「暑い!暑い!」ですよね?狭い日本でもこんなに違うものです。

 

今日は難しいけど、不登校問題を克服することができるであろう一つの方法について書いてみます。

以前から伝えてはいるんですけど、これは子供をどうこうするのではなく、自己の変革ですね。

 

キーワードは「客観視」。

 

不登校を客観的に観る、ということです。

誰でも初期の段階は、振り回された経験をお持ちでしょう。子供が登校できなくなることに驚き、ショックを受け、どうにかして行かそうとするんだけど、うまくいかない。

家にいることを許さざるを得ない状況になって、外面上はそれを許可している。しかし、心の中では、昼夜逆転であることや、勉強もせずにスマホでゲームしたり、Youtubeを見たりばかりの子供にイライラしている。けど、言葉を飲み込んでいる。

中学3年、高校3年にもなれば進路という問題もあって、決めないといけないのに行動が伴ってこなくて、「どうしたいの?どうするの?」と焦ることもある。

 

お子さんの行動に自分の感情が揺れるのは、まだまだ客観的には見れていない状態ですよね。

これはちょっとキツイ言葉かもしれませんが、まだ不登校に関連する学校やお子さんにあなたが支配されているということ。

不登校に右往左往しているということはそういうことで、この段階にいるうちは同じことの繰り返しなんですよね。

あなたが不登校を克服したいと思うなら、あなたが支配されるのではなく、支配するようになることが必要です。

 

支配するということは、状況を把握して判断すること。ですから、いろいろと情報も必要だし、何よりも不登校に対する知識を深めることが求められます。

なぜ、子供が登校できないのか?
学校の何がダメなのか?
子供が望む学習スタイルというのがあるのかどうか?
どういう状態なら勉強が可能になるのか?継続できるのか?

あなたはこれらの問いに答えることができるでしょうか?

 

学校の先生に言われたから、これを子供にさせないといけない・・・

このように思うこともありましたよね?

学校からなにか言われると、そこに義務を感じて、できない子供の方が問題だと思ってしまう。私も何度も何度もこれにはハマってしまって、イライラしていました(笑)

これは、学校の言うことに自分や子供を合わせてしまった結果、生み出された好ましくない感情です。学校からこのように「された」感情です。これはコントロールされた、支配された状態なんですよね。今思えばそれがわかるし、これが続く限りはどれだけ小手先だけの対策をしても変化は望めず、根本的な克服にはならないんですよ・・・。

 

コントロールされる、支配されることから、自分がコントロールし支配するようになれば、見える世界が変わってきます。言い方は好ましくないですが、学校を「道具」として見ることです。

学校を子供が適応できる範囲で使うようにするということ。

 

この「道具」という言葉は、カンセリングドクターが使った言葉で、私のヒントになった言葉です。カウンセリングダクターはこれを学校に対して使ったのではなくて、カテキョーくんに対して使っていたんですけどね。

「カテキョーくんは道具。道具を使いこなすのはあなた!」と言いました。

 

どんな言葉が引っかかるかは人によって違いますが、私にとってはスカッと晴れ間が見えた言葉でした。

 

私は良い生徒、いい保護者であろうとしていた。学校に迷惑をかけないようにと思っていた。

でも、本当は教育の現場であるのだから、子供にとってプラスになる立場で考えないといけなかった。通えないなりに子供を教育し、学ばせる視点が必要だった。そのために学校を使えば良かったということ。

学校を利用するということは、そういうことです。

子供をよく知れば、自分がどう学校を使えば良いかが見えてくる時があります。

もしかしたら、私の息子のように学校が全くダメ!というケースもあるかもしれませんけど、それはそれで進歩です。

 

これはすぐにできることではなくて、不登校から離れて将来においてわかる理屈かもしれませんね。

でもね、私が不登校でいい!不登校だったから大きく考えが変わった!と思えるのも、最終的には「客観視」できたことだと思うのです。

学校を客観的に観れたということ、は私の中では大きかったですね。

 








-考え方

執筆者:


  1. みかりん より:

    こんばんは^ ^

    いつも心に響くブログをありがとうございます(*^_^*)

    そして、今日の気付き…

    私は学校側に支配されていたんだ〜
    「夏休みから勉強を始めれば、公立の全日制にも行けますよ。」
    この言葉通りにしなくてはいけない。頭の中で、毎日グルグルしていました。

    でも、私は息子に「勉強しろ!」と言わないことに決めたので、この1か月、一切口に出しませんでした。

    息子には息子の考えがある。
    私には、まだ、学校側を支配するまでの技術(?)はありませんが、とりあえず呪縛から逃れられて嬉しいです(^^)

    多分、主人にも支配されてます( ̄▽ ̄)

  2. befield より:

    おはようございます!!

    いつもご訪問いただきありがとうございます。
    学校が悪い、先生が悪い、ということではなく、教育という面での学校の存在意義は大きいし、先生も「仕事」をキチンとしているということなんですよね。
    向こうの割り切りが見えるときが私には確かにありましたけど、先生も感情のある人間ですから、
    あとは「心」を込められるかどうか、人間性が問われるのだと思います。
    これは、私が学校を離れたからより観えてくる視点なのかもしれないけど、思いついたことはどんどん公開していきますので、
    ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです(*´▽`*)

    私も夫婦関係は毎日修行中でございます(笑)
    一緒にトライしていきましょう(^-^;

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小さな山を登ってもそれは「できた!」。「できたね^^」の言葉の積み重ねがもたらすもの

  今日は音声教材を聴いていて、「学習性無力感」という言葉を耳にしました。 「学習性無力感」、あなたは聞いたことがあったでしょうか? この言葉の意味を聞いたときに、不登校の子に起こりうる現象 …

子供は思う通りには育たないもの。その中でどのように自分が人生と仲良くしていけるか

  人間生きていれば、楽しいことも、嬉しいことも、辛いことも、悲しいこともあります。 楽しいことが多いと感じる人もいれば、辛いことが多いと感じる人もいて、それは、やっぱりその人の受け止め方次 …

不登校ということを活かすひとつの考え方

  「最初は行くのが嫌だったけど、行ってみたら結構楽しい」 これは、息子が昨日会った高校時代の友達の言葉。 すべり止めで受かった大学に抵抗を感じながらも、浪人するよりかは入ってしまった方がよ …

不登校とは素直な感情の現れ。自分らしく生きることの選択です

  私の頭の中はちょっと人とは違うかもしれません。 こうしてブログでお伝えするようになってからというもの、前よりも『あること』について考えることが多くなりました。   その『あるこ …

不登校の子供を持つ母親の怖れの正体

  子供が不登校になると、親は毎日悩みます。 出口がない迷路を歩き続けているのではないか?そんな不安に駆られます。 本当に解消するのだろうか・・・と。   誰でもそうだと思います。 …