【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

不登校による感情のアップダウンにどう対処する?

投稿日:2017年6月17日


 

昨日ある音声で聴いて耳に残った言葉がありまして、それが、

「自分が理解していないゲームで勝つことはできない」というモノ。

これはカジノについて言っていたんですけどね、日本で考えるならパチンコがなじみが深いかな?

カジノやパチンコは仕掛ける側が儲かる仕組みになっていて、一般的な私達には勝ち目がないようにできています。わかってはいるけれど、それに酔ってしまう人も多数いて、勝ったら「もっと勝つぞ!」、負けたら「取り返すぞ!」と人を病みつきにさせるんですよね。

この感情のアップダウンこそが経営者側の狙い。これを理解している人はギャンブルにのめり込むこともないでしょうし、やるとしても金額を決めて、しかもトントンで上々くらいの気持ちでやりますね。

実は私も20代の頃、パチンコにハマったことがあるのでよくわかるんですけど、トータルでは絶対負けているのは知っている。でもね、ちょっと連ちゃんして勝つ感覚を味わうと、今までの負けを忘れてしまうんですよ。で、また通ってしまう。この繰り返しです。つまり、仕掛ける側の術中にはまってるわけ。

お金を吸い上げるだけでは人は寄り付かないから、ほどよく勝たせて気分良くさせることも必要で、このあたりは経営者がデータからシステム化しているんですよね。つくづく秀逸にできているよなぁと思ってしまいます。

今の私なら多分ハマらない(笑)。経営者側からしたらありがたくないお客ですね。

 

そうは言っても、人生のあらゆる局面で私達は同じことをしているんですよね。

不登校も同じだと思います。子供が行かなくなることでパニックになります。これは、言い方は悪いかもしれませんが、カジノやパチンコで感情のアップダウンを繰り返すのに似ています。

子供が行けば喜んで、行けないとイラッとしたりね(^^;。

ちょっとグサッときています?

どこかで気付かないことには、いつまでもアップダウンは繰り返してしまう。私はパチンコ同様何年繰り返してきたか?これを自分に問うことで噛みしめます(笑)

でもね、カジノやパチンコというゲームを理解すれば、自分が踊らされることがなくなるように、不登校というものを知れば、落ち着いて考えられるようになります。

理解してゲームに参加すれば、大きくお金を減らすこともないですよね。それは自分が決めた娯楽費になります。同じカジノ、パチンコをするにしてもこれは大きな違い。それは他人主導ではなく、自分主導ですからね。

私は不登校においても自分主導が大切だと思っています。調べたり、聞いたり、尋ねたり、参考材料はたくさん仕入れて欲しいなと。今は本当にたくさんの方が不登校のブログを書いたり、情報を提供したりして下さっていますので、ここはインターネットを大活躍させていただきたいなと思います。

素材がたくさん集まってくると、その中から抽出したり排除したりして、あなたなりのパズルが出来て来ますよね。

不登校のゴールは人それぞれです。自分のゴールを描いて進むことが大切です。人から言われたゴールではなく、あなたのゴールです。そのゴールに必要なアドバイスを取り入れることで、不登校に翻弄されることは少なくなっていきます。

完全に翻弄されなくなるとは言いません。いえ、言えません(笑)私が全然完璧ではありませんからね、ただ、ゴールという点ではブレなくなっているとは思いますよ。

不登校で感情のアップダウンを繰り返しているなら、まずは知ること、理解することかな?

そんなことを思ったので書いてみましたー。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校という世界&学校という世界。両方を知っていることは有利ということもありますよ。

  ここ最近の息子の勉強量が本当に受験生並み(笑) 7~8時間位集中しているのではないでしょうか? 普通の受験生ならこれがいわゆる普通なんでしょうけど、我が家は普通ではないので、こういう姿を …

不登校は自分の心を改める訓練。それを乗り越えれば、自分で選んだ人生を歩める

  不登校は自分のハートが鍛えられるな、と思います。 私に限らず、あなたもお子さんには期待しては失望し、を繰り返しているはず。 喜んで、がっかり、感情の波に乗っていますよね♪( ´θ`)ノ …

不登校の子供を持つ母親の怖れの正体

  子供が不登校になると、親は毎日悩みます。 出口がない迷路を歩き続けているのではないか?そんな不安に駆られます。 本当に解消するのだろうか・・・と。   誰でもそうだと思います。 …

不登校を生かした世界

  今日はちょっと妄想をしていた自分に気付きました^^ 息子のこと。 不登校の子供たちのこと。 不登校の子供たちが集まった会社があったら、どんなことができるだろう? 各々が個性を発揮したら、 …

息子と同じ体験をすることで生まれる理解があります

  先日、ある本が欲しくて本屋さんに行きました。 検索機で検索をかけて、陳列場所を表示するシートをピーッと出して、そして、探しに行きます。 書棚を見ながら『あったー^^』と見つける瞬間。 こ …