【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

不登校の子供の20年後はどうなっている?

投稿日:2016年7月12日


 

昨日、友人に勧められてあるDVDを観たんです。

今の私は必要な時に必要なものに出会うという考えでいますので、勧められたもので自分が気になったものは素直に受け入れるようにしています。

直接答えが教えられるわけではないんですけど、『気付き』や『ヒント』は得られることが多いんですね。

昨日得た『気付き』から、もしかしたら参考になるかなと思えたことがあったので、それを記事します。

 

私の息子は勿論なんですが、息子と同世代の子でiPhoneやスマホは持っているのは、もはや普通ですよね?

親としては、

『スマホばっかり・・・』
『スマホ中毒』
『トイレにいるときまでするな!』
『食事中までするな!』

と言いたいことがたくさんあるかと思うんです。

私も実際そう思います。

食事中は行儀が悪いですしね。←これ、私の育った環境だけですか?

食事中は食事だけに集中するのが私が小さいころの習慣でしたし、その時間の観たいテレビは観れませんでした。

そのおかげで、早く食べて、早く観る、なんてことをし始めたので、早食いの特技が出来てしまいました(消化不良を起こすから特技としてはダメですね)。

スマホを持ちながらのトイレは、飛び散りを減らす意味でも、しっかり持って狙い定めてしてよ~と思いますし。

 

親としては言いたい事は山ほど出てくるんです。

 

ここまでは普通の考え方。
あなたも『うん、うん』と頷けたかもかもしれません^^

 

ここからが私の変わった考え方に入ります。

私もiPhoneを使っていますし、主人もアンドロイドを使っています。

でも、便利な機能も知らない可能性が高いです。

主人はサラリーマンですから、使いこなせれば、作業効率が一気に上がるなんてことはきっとたくさんあります。

 

私達が子供の年齢の時には、携帯電話もありませんでした。大人になって、しかも、熟年に近くなって初めてスマホを手にしたんですよ。

でも、持っているだけ。
子供の吸収能力が早いのは認めざるを得ないです。

 

我が家で実際にあった具体例をあげます。

 

我が家では、7年ほど出目金を飼っていたんです。

その出目金の様子がおかしくなった・・・というときに、息子も主人も私もそれぞれに、出目金を助けたい一心で検索をかけていたんですよ。

それで、これかな?これかな?と話していたんですけど、息子の検索結果が一番詳しいし、しかも早い。

私が一つの病気にたどりついた時には、何種類かの他の病気の可能性も探し出していましたし、その対処法も調べ上げ、同じような体験をしている方の記事を見せてくれたり、考えられるものをたくさん提示してくれたのです。

 

検索の勘というか、ヒットする検索の仕方というか、息子と私や主人では回路そのものが違うんだなって思いました。

 

更に先の情報まで探せるというのは、少なくとも私にはない才能なわけで。

iPhoneばっかりいじっているようで、これが今の時流。その流れに上手に乗っているのが現代っ子なんですね。

いろんな便利なアプリがあることもたくさん教わりました。

 

スマホが悪い影響を及ぼすとか、確かに気を付けた方がいいこともあります。

でもどうでしょう?

悪い面ばかりに目を向け、『今の子達はスマホを離さない』と言ったりするのは、昔、大人から言われた『昔はこうだった・・・』という実感できない話を聴かされるのと同じことです。

私たち親世代が昔の感覚や昔の自分との比較でもって話すから、子供たちは『知らねえし・・・』なんですよね。

大人の方が遅れていて、スマホ一台扱えなかったら、今後は通用しない世の中になるのかもしれない。

その可能性が高いと思います。

 

今回は出目金の病気でしたけど、検索次第では人の命を助けることもできるとも考えられますよね?

今は情報が溢れている時代ですから、いかに求めている情報を探すかが求められるんです。

世界に目を向ければ、難病を克服した人の情報もどこかにはあって、検索から次の検索をかけて、自分が必要としている情報にたどり着くまで調べれば、もしかしたら、それで主人の両親の病気を助け、命を救う、ということもないとは言えないのではないでしょうか?

 

子供はiPhoneばっかりいじっているようで、大人が欲しい能力を磨いているようなもんです。

本人たちは楽しく、何の気になしにやっているんでしょうが、え、それ何?そんなことできるの?

と思うようなことも『常識じゃん!』って返してきますし、使いこなす能力は才能ですね。

 

ですから、

子供にやめてもらたい、と思うことに『本当にそうだろうか?』と疑ってみる。

そして、視点を変えてみたりすれば、これから訪れる先の流れを見通すこともできるかもしれません。

 

私が高校生の頃に、まさかiPhoneのようなものができるなんて想像もしてませんでしたから、20年もあったら激変しますよ。

これから20年後・・・

不登校の子が個性を伸ばせる時代になっているでしょうか?

 

皆勤賞だった子が、『どうしたらそんなに好き勝手に生きてうまくいくんだ?』なんて聞いてくるでしょうか?

今不登校だからって、20年後が不利とは決して言えないのです。

どんな状況であれ、希望を捨てる必要はないと思います。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校〜学校という【執着】を手放すコツ~私の方法を書いてみました

  「GWには○○が売れる!」 こんなタイトルのメルマガが昨日流れて来て、思わずクリック(笑)   答は「本」なんだそう。 先日私は、GW中用にといつもより多めに本を注文したばかり …

不登校の子供の卒業式。この時期に溢れてくる感情との向き合い方のコツは?

  今日は、これから年度末にかけて襲ってくるであろう感情について書こうと思います。 特に、卒業を控えた3年生のお母さんがそうですね。 1、2年生のお子さんのお母さんは、3年になった時に味わう …

【不登校の理由】はこれもあるのか?~昨日読んだ本から思ったこと

  昨日は入学金等の手続き関連を無事済ませてきまして、ちょっと一安心。 私も最近は「もし、外出時に繰上合格の電話が来たらどうしよう?」と、余計な心配をして引きこもっていたので、昨日は久しぶり …

頭の中で【ズームイン】【ズームアウト】をしています

  もうすぐGWですね。 大学の方は暦通りみたいで、来週の月、火は講義があるようです。 息子は月曜日が一番ハードなので、その月曜日に講義があるというのはこれも息子の引きの強さというものか(笑 …

不登校の子供の親が学校に執着してしまうとき!こんな考え方はどうでしょうか?

  今年になってから、環境の変化というか、心境の変化というか、私の中で大きなうねりが来ているのを感じております。 周りから見たら、きっと変わらぬ私なのだと思いますけどね^ – ^ …