【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校は学校が合わないという価値観

投稿日:2016年10月6日


 

最近思うこと・・・

不登校はその子の価値観が学校と合っていないのかな、と。

人は誰でも価値観が合わなければ、居心地が悪いし、嫌いにもなりますね。

義務教育は9年にも及びます。

不登校の原因がその子の価値観にあるとして、それを我慢することが9年もあったら、それはとても苦しいですよね。

義務教育にやめるという選択肢はありませんし、行かない選択しかできません。

 

例えば、これを大人の事情に置き換えるとして、結婚生活はどうでしょう?

あなたは好きだから、この人とだったらうまくやっていける、お互い好意をもったから結婚をしたんですよね?

でも、離婚する方もいるわけです。

最初はうまく行くように見えていたけど、共に生活するうちに違う価値観を持っていることがわかり、合わなくなってきた・・・というのはよくある話です。

違うものは人は受け入れられず、違うとわかった瞬間から、嫌いに近いものに変わってしまうのです。

結婚の場合は別居、離婚という選択があります。

 

これを学校に置き換えたらどうでしょう?

学校が生理的に合わない・・・こういう子供がいたって不思議ではありません。

そのように感じる子供が9年間も頑張ることを想像してください。

まだ心も体も未熟な子供が、です。

これは私の仮定にしかすぎませんけど、息子に限っては『学校が合わない』要素が強かったと感じています。

生理的に合わないものに合わせようというのは、拷問に近いですよね・・・。

 

結婚生活に我慢を重ねてきた人、
仕事も嫌な環境で頑張り続けてきた人、
嫁姑関係に悩みながらも、姑さんのいうことに従ってきた人、

我慢を重ねて、精神を病んだり、体調面に変調をきたすことはよく聞く話です。

いわゆる、ストレスですよね。

 

大人であれば、経験も知恵もついて、上手く対処してくこともできるかもしれませんが、不登校の苦しさを味わっているのは子供です。

そこに、親や先生、祖父母や周囲の圧力も重なります。

どれだけ辛かっただろう・・・そう思います。

 

学校に行くのが当たり前の世の中だから、行かない、行けないがとても悪いこと。

非常識なことに思われがちです。

そのような周囲の空気に触れ、心を更に痛めるのは子供たち。

学校に行けないんだったら、こんな別の義務教育のカリキュラムがあるんだよ。こっちを試してみようか^^

という教育プログラムがあればいいのに・・・と何度も思いましたよ。

 

親の心配の一つに勉強の遅れがあると思うのです。

こういったプログラムがあれば、親の心配も少しは解消されますよね。

その子に合った教育というものがあれば、それが自信にもつながり『ちょっと学校にも行ってみようかな・・・』という気にもなるかもしれないと思うんですけどね。

 

義務教育と謳うなら、

不登校の子供や通学が難しい子供でも、すべての子供が学べるようにしていく、学校という一つの教育環境だけではなく、別の環境を広げていくこともしていく、それが教える側も義務として、心に留めることが必要じゃないかと私は思うのです。

 

なんか反論めいたことを書いていますけど、その人の持つ考え方や教育観によっては、全く受け入れられないとわかっていますよ^^

でも、純粋に子供だけを見たら、可能性を秘めた子供たちであって、将来の日本を支えていく子供たちです。

少子化と言われている現状の中、年老いていく私たちは、不登校の子供たちの力にもすがる時がくるわけです。

未来を支える子供たちに必要な教育は、受けさせたい、と叫んでみても変わらない現状ですけど。

ならば、親が子供のために動くしかありません^^

頑張っていきましょう!

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルールがあっても心を自由に保ちたい!

  私達はいろいろな社会のルールに縛られて生きています。 学校もあり、会社もあり、人との付き合いもあり。 縛られながらも、心が自由で、楽しめる人もいますし、楽しめる子供もいますよね。 私もそ …

楽天イーグルスと息子の歴史が重なって見えます

  家にこもりっきりのGWです(笑)   滅多にテレビを観ない私ですけど、最近は楽天の試合の放送があるときは観ています。 プロ野球の雰囲気も随分と変わりましたよね 昔はジャイアンツ …

息子は羽目を外している中、私は将来を展望中^_^

  昨日、息子は朝から友達と出かけて、そのまま友達と一緒に帰宅。 その友達は泊りがけで遊んでいっています。 2人はさっきまで起きていたようで、やっと寝ましたよ。   気のおけない友 …

私が思う幸せな人生とは、あなたに会えてよかった・・と思ってもらえること

  ここ最近、オリンピックを観ていて思います。 選手は『金メダル』というゴール、目標に向かって、相当辛い練習を日々こなしてきたんだろうなって。 自分で決めた一つの目標に向かって、努力を重ねる …

2016年断捨離&大掃除をして、2017年へ

  年末、結局掃除してます笑 先日は見なきゃ良かったところを見てしまい、とうとう手をつけ断捨離&掃除。 見なきゃ良かったところとはクローゼットなんですけどね。 断捨離しながらも、不用 …