【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

私の人生、まだまだ修行中!

投稿日:2017年9月29日


 

息子の大学の前期の成績の結果がもう間もなく発表になるようです。

息子も息子の友達も、他の講義の単位は落としても、「ある一つの講義」だけは絶対落としくない!というのがあるらしい。この教授の講義は、息子の大学では誰もが通る最初の道みたいなものですね。

かなーーり個性の強い教授で、2年続けて受けるのは勘弁して!というタイプですね(^^;

 

単位が取得できたかどうかは、インターネットでも見ることができて、郵送で自宅にも届くとのこと。

一人暮らしの子は「どっちに送られる?まさか実家?」とヒヤっとしたみたいですが(笑)、郵送先は一人暮らしのアパートと聞いてホッとしていたようです。

息子は、一人暮らしをしている友達から、

「お前、実家だろ?大丈夫か?」

と心配してくれたようですが、我が家は全く問題なし。

主人も私も何も言わないし、息子も何も言われないことを知っています。

単位を落としてもそれは自己責任、敢えて言葉にしなくてもこの点は通じ合っていますね。

 

これもどのように対応するかはその子の性格にもよりますので、真似しちゃダメですよ(^-^;

親からいろいろ言われてそれで動ける子もいますし、息子のようにあれこれ言われると嫌になる子もいます。そこは見極めて接する必要があります。

大学生になっても、厳格な家庭のルールがある子もいて、その話を聞くと「ちょっときついな…」と正直思うんですけど、それはうちの息子にとってはきついだけで、中には毎日のルーティンを繰り返す方が楽な子もいるんですよね。

勝手な憶測で判断してはいけないってことです。

子供の育て方は、その子に合えばそれでいい。

今は本当にそう思えて、どんなルールもあり!って思えるようになりました。

これも不登校を通して学べたことですね。

 

不登校を受け入れるようになると、いろんな考えをフラットに受け入れることができるようになってきます。

これは、我が子に対してだけではなく、他の人にも…。

 

受け入れがたい考えに触れても、それがその方の信念であり、否定するものでは決してないです。その背景にはその方の辛い経験が隠されていることが本当は多くて、それもわかってきたしね。

そうは言っても、まだまだ上手に思っていることと行動が一致しないところが私の未熟なところですよ。

 

人生、まだまだ修行中です(笑)

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

好きなものを手に入れることは、自分の心の質を高めます

  最近は衝動買いがほとんどなくなって、『欲しいものを買う』楽しさがやっとわかるようになりました。 だから、買い物も本当にシンプル。 ひとめぼれした商品は、私の中での購入率は高いですね。 自 …

ミスを笑い飛ばして、次なる力を引き出そう!!

  私の好きな野球も今シーズンはソフトバンクの優勝で幕を閉じました^^ 半年以上も楽しませれくれた選手たちに感謝すると共に長いシーズンお疲れ様と言いたいです。 でも、厳しい実力の世界はこの後 …

私たち夫婦関係の流れを振り返ります その②

  サクッと書くつもりが長くなってしまっています(笑)。早速続きを書いていきますね。 前回は、 私たち夫婦は職場結婚で、息子が生まれる前まではとても仲が良かったこと 息子が生まれてから私たち …

みんな頑張っている。自分を褒めていこう。

  人間って頑張り屋だな・・・つくづくそう思います。 あくまで私の周りの話ね。 家族のために一生懸命で、うまくいかなくて落ち込んで、それでも、家事、育児を投げ出すことなく、良くなるように、良 …

さえない気分の時は・・・私はこうして切り抜けます

  誰でも心の整理がつかないときはあるもの。 不登校の子供がいるとなると、親もいつも明るく・・・は難しい。 将来を心配になることもあるし、不安が不安を呼ぶこともあります。 私もあります。とい …