【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校の子供を持つ親の感情

投稿日:2016年10月5日


 

私は、息子とどれだけ一緒の時間を過ごしたんだろう?

他の人の2倍、3倍ではきかないですね、きっと笑

最近は、不登校のわだかまりを一切感じることなく、自然な親子の会話もできるようになりました。

お互いいろんな感情を経て、今では不登校の深い理由についても、話し合うこともあります。

 

息子が言うには、親が辿る感情は、ほぼどの家庭も同じだと思うとのこと。

親の感情の流れを私なりに書いてみますが、

 

驚きや心配、不安から始まり、解決しようと行動を始める。

上手くいけば、そこで一旦は落ち着く。

でも、上手く行かない時、あるいは、また行けなくなった時に、仕方ない、諦めの気持ちから家にいることを許し始める。

しかし、この時点では、不登校を受け入れてはいなくて、行ってくれたら嬉しいのに・・と思う気持ちがある。

落ち着いている日もあれば、何で私ばかりこんな目に合うのだろう・・と落ち込むこともある。家でダラダラ過ごすことに苛立ちを覚えることもある。

次第に、子供の将来を考えたり、子供の良いところを活かしていこうと考えたり、ちょっと違った考えを持てるようになる。

子供の強みを探そうと子供に目を向けることで、子供の立場で考えられるようになる。

子供が自分にはないものを持っていること、良い子であることが、肌だけではなく骨レベルで感じるようになる。

学校に行かなくてもいい、本人に合わなかっただけと学校に執着しなくなる。

親の心が開放されたことで会話が自然になる。

それを子供が感じて、さらに心が壁がなくなり、楽しい会話ができるようになる。

 

これが私の感情の変遷です。今、思い出しながら書いてみました。

そして、書きながら、改めて確認することもできました。

この方法はオススメですねo(^_-)O
時間がかかるものではないので、やってみてください。

ブログを書いている方は、ぜひネタにして書き連ねてみてください。

 

簡単にまとめると、

登校できないことを解決しようとし、それが上手く行かないことで生じる葛藤を乗り越えていく、というもの。

これが親側の気持ちですね。

 

一方、子供側は、いろんな理由があって、みんながみんな同じ流れにはならないと息子は言います。

確かにそうかもしれませんね。

親が持つ気持ちや行動は一緒。子供は様々。

 

不登校の子供を持つ家庭は、もう、家族のいろんな感情が飛び交います笑

でもですね、子供の行けない理由が様々であっても、たった1つ子供が求める共通点があるとしたら、それは親の理解ではないでしょうか?

 








-つぶやき

執筆者:


  1. 深雪 より:

    こんにちは
    いつもブログを読ませていただいてます。
    共感できる所が沢山あり
    これでいいんだと実感しています。

    四年生の男の子がいやがりながらも学校へいってくれてます。二時間目から、調子がもどるのですけど、
    親として学校に嫌がり置いていくことで、
    信頼関係がくずれることを心配してます。

    お兄ちゃんも不登校でした。
    気持ちに共感できなく
    薬を大量に飲んだこともあります。
    心の痛みを行動でしめす子供達です。

  2. befield より:

    深雪さん

    こんばんは。
    いつもありがとうございます。

    お子さん、心配ですね・・・。
    子育てや不登校の対応もコレという正解はなくて、
    その子にとっていい方法が正しい方法なんですよね。
    私もこれでいいのか?間違っているのか?と
    何度も思い、それは今でも続いています。

    深雪さんとお子さんたちの心が少しでも軽くなりますように・・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【笑顔の力】泣きたい時、ピンチの時ほど笑ってみて♪

  昨日ある本でこんな文章を目にしました。 人が1日に笑う時間は平均23秒 えっ!そんなに少ないの? 現代はそんなに笑うことがない時代? ストレス社会ということ? あなたは毎日笑えているでし …

文章は相手との対話です。それは試験も同じ。試験とは出題者との対話の時間

  今日から大学の入試試験の息子です。 昨日はのんびり朝寝をして、ゲームをして、勉強をして、でも、早めに寝たのかな? 焦ることもなく、一夜漬け的に集中するわけでもなく、いつもと変わらずマイペ …

受験に対する【心】構え。知識だけではなく【心】の使い方も必要です

  今年はじっくりじっくり一日を味わいながら生活をしようと私は決めていました。 4月までは心がせわしくなることはわかっていたので、目の前のことに一つ一つ集中すること。これを自分に言い聞かせる …

母親にも必要な「好奇心」

  息子は昨日徹夜のようです。。。 私がブログを書いているこの時間も、まだ友達とオンラインゲーム中。   大学では後期の講義が始まって、新たに健康科学というものがあるのだそう。 こ …

ルールがあっても心を自由に保ちたい!

  私達はいろいろな社会のルールに縛られて生きています。 学校もあり、会社もあり、人との付き合いもあり。 縛られながらも、心が自由で、楽しめる人もいますし、楽しめる子供もいますよね。 私もそ …