【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

普通に通える子と不登校の子の掛け算がちょうどいいかも・・・

投稿日:2016年12月6日


 

なんかね、今日はつぶやきに近い投稿を。

物事を覚えること、
何かを習うこと、
勉強すること、

これらには、効果的に学べる順番というものがあります。

でも、その順番が全てではないこともあるんだなぁ、と思うこともありますね。

これは何かを習う時のことを考えてみればわかりやすい。

最初はやる気に満ちた状態ですから、モチベーションは高いと思います。

でも、こうした「やるぞー!」的なものは長続きしないもの。

一方、美味しいところを最初に味見をさせて、楽しませるという方法もあります。

楽しい!は強いですよね。

楽しければ、次が楽しみになり、能動的に行動もします。

 

教える側は、ただ教えるのではなく、本人が一番興味を持つだろうところを想像して、提示してみるのもありなんですよね。

教育課程が決められていると、これはセオリーに反することかもしれないんですけど、楽しく、興味を持たせることができれば、本人に追究したい気持ちを引き出すことができるし、深く入りやすくさせる効果があると思います。

何を言いたいかと言うと、これが息子とカテキョーくんの勉強なんですね。

言ってしまえば、2人のやり方は型破り。

息子に普通は通用しませんから笑、カテキョー君も息子のどこに火種があるかを探して、考えながらしてくれているのだと思います。

 

本当はね、普通に学校で授業を受けて、その上で、この勉強をしたら理想的だったなぁと思うのです。

詰め込み教育も、私は必要と思っているんですよ。

人間の意志というのは弱いものですから、独学で結果を出せるのは、本当に意志力のある人だけ。なかなか大変なことです。

それを今、実感しているところでもあってね。

勉強もいろんなアプローチがあって、一つのやり方はだけではない、ということを知っておくことは大切なんですよ。

学校の授業は必要だけど、そこで面白く感じなくて、興味を持てなかったとしても、異なるアプローチで学ぶことで、楽しさを発見することだってあります。

だから、苦手とか嫌いとか、決めつけないことですね。

ウチの息子はほとんど学校の教育を受けていないから、詰め込み教育の威力を知りません。

必要な時に必要なモノを入れないというのは、私としてはやっぱり勿体無いと思うところもあるんでね。

一方、マジメに授業を受ける子は、先生の授業を聴いて頭に入れていきます。

必要な知識は入るけれども、これだけだと受け身の勉強です。

発想を展開するということが難しくなり、視野が狭くなる可能性があると私は思っています。

ですから、2人の掛け算がちょうどいい。

将来、息子が少し精神的にも成長して、人付き合いもできるようになったら、息子は普通に学校に通った人から学べることは多いでしょう。

反対に、普通に通えた人は息子の突飛な発想力に驚ききつつも、学べることは多いでしょう。

環境が全く違うところで育った2人。

うまく付き合えれば、お互い補完しあえるのでは・・と思うんですけど、どうでしょうか?

そんな妄想をしました。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【福祉の心】について!

息子は後期の試験中・・・たぶん、頑張っております^^;   さて、寒さが厳しい一週間でした(>_<) 大学は後期のテスト期間中。 さすがの息子もサボることはできないと把握しているようで、自覚 …

昨日みつけた新たに身につけたい習慣

  あなたは『聴く』ということをどのように考えているでしょうか?   なぜ子供が学校に行かないのか? なぜ学校に行けないのか? 息子の心を理解しよう私も随分と考えてきました。 今だ …

私たち夫婦関係の流れを振り返ります その①

  今日は主人と私の関係について書いてみます。 どうでしょう??? 子供の不登校に際して、夫婦関係が全く変化がないという方はいらっしゃるでしょうか? なかなかそんなできた家庭は少ないのではな …

私の『食』に対する考え方~日ごろは体を意識して、楽しむときは楽しみます

  夏は旅行やら帰省やらで、外で食事をとることも多いのではないでしょうか? 食に欲を出してしまう私としては、この時しかないと頑張って食べてしまうところがあります。 美味しいんだけど、外食が2 …

子供の夢を応援できますか

  印象的な一文が目に入りました。 それは、 『先生というのは生徒を切り捨てるのではなく、生徒の夢や希望を叶える手助けをするのが仕事』(※) というもの。 これは、息子の通う予備校のテキスト …