【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

考え方

不安、不安・・。襲ってくる不安に対処する3つのステップ

投稿日:2017年2月11日


 

誰でも持っている不安・・・

あなたは不安の対処方法は持っているでしょうか?

 

私も不安を感じることはしばしば。
でも、そのコントロールは比較的できる方だと思います。

ですから、不安を感じても、そこに長くとどまることはなく、早めに脱することができるんですね。

 

不安というのは、本人が感じるものです。

一つの不安から、次の不安が生まれ、それがどんどん大きくなる。そして、怖くなってしまうんですよね。

人はこれを無意識のうちにやってしまうので、自分で不安を大きくしている可能性があるとも言えます。

自分で不安を大きくしているのなら、その不安を大きくしない方法もあるのです。それを紹介しますね。

 

次の3ステップです

  1. 紙に書き出してみる
  2. コントロールできるものとコントロールできないものに分ける
  3. コントロールできるものについて、最悪の状態を想定してみる

では、一つずつ説明していきますね。

 

1.紙に書き出してみる

無意識のうちに不安を大きくしてしまうわけですから、意識に上げることをすればいいんですね。

単純ですけど、紙に書いてみることがおススメです。頭の中で・・・では意味がありませんよ^^

感じている不安を何も考えず、出し切るまで書いてみてください。

やってみるとわかるんですが、意外と書けなかったり、少なかったりすることがあるんですよ。

それと、書き出したものを見て、大したことがない、と気付くこともありますね。

これだけでも、だいぶ整理されます。楽になります。

 

2.コントロールできるものとコントロールできないものに分ける

さて、次に、書き出した不安を見てみましょう。

それはあなたがコントロールできるものでしょうか?できないものでしょうか?

自然を相手にするものはコントロールできない例ですが、これは自分の力ではどうすることもできません。

私は地震に対して大きな不安を感じていますが、起きるときには起きてしまうし、起こさないようにすることはできないんですよね。

とすれば、身の安全を守るために何ができるか、ということになりますよね。

例えば、水や食料を備蓄したり、タンスに突っ張り棒をして倒れることを防いだり、できることはあります。

ちなみに、突っ張り棒はすごいですよ。震度6強でもタンスは倒れませんでした(マンションの4Fでも、です)

 

3.コントロールできるものについて、最悪の状態を想定してみる

たいていの不安は起こらないとも言われています。

そこで、その不安が起こった場合の最悪の状態を意識にあげることをするのが最後のステップ。

その不安が起こったときの最悪の状態はどんなものでしょう?これも書き出してみてください。

そして、それに対して、具体的な対策を練って下さい。

対策を練ることができれば、あとはその対策に沿った行動をするのみ。

この段階になると、不安の要素も明確になっていて、少なくもなっています。それに、行動することに意識が向くわけですから、不安が不安を呼ぶという脳の使い方にはなっていないんですよね。

 

私が不安を感じたときは、この3ステップを繰り返しています。

そうすることで、そこから脱することが早くなりました。

興味がひかれたら、ぜひ試していただきたいです。

 

実はね、今日は何でこのようなことを書いたかと言うと、息子が今不安だらけでいるからなんですよ。

私も書きながら整理をするいい機会にもなりますし、ちょっと書きながら再確認をしてみました。

 

人生経験が長い分、私にもまだまだ伝えられることはあるようです。

 








-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ネガティブな感情と向き合う際には、潜在意識の仕組みを知っておいて損はない

  昨日は春一番みたいな強風の一日でした。 気圧の低下は、私と息子は体調の変化でよくわかるんですよね。昨日はそんな一日。 ま、ゴロゴロしていたということです(笑)   自然現象とい …

不登校が私にもたらした大きすぎる価値

  不登校って悩ましいけど、今の私にとっては本当にありがたいものだったと思っています。 不登校が私に何をもたらしかというと、 ・考え方であったり、 ・人生における指針であったり、自分の人生の …

「学校は行かないと」と思う観念から解き放されたひとつの言葉

  昨日朝早くから出かけた息子達。 残念ながら、抽選もれでスイッチは購入出来ず。そのあとは一緒に帰宅して、我が家で夜まで遊んでいましたよ。 自分の用事であれば朝は起きるけど、どう見ても息子は …

子供が不登校になって身についた思考癖

  昨日は、不登校と発達障害とについて少し書き、私の息子もアスペルガーの傾向が強いように思うということにも触れました。 でも、私はそれがどうした? と一向に気にならないということも書きました …

『二刀流』から不登校を考える

  昨日は久しぶりに野球を見ていました。 日本ハムvsソフトバンク。 結果は日本ハムが逆転勝ちして、日本シリーズ進出を決めましたね。 指名打者として出場していた大谷選手が、9回にクローザーと …