【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校=引きこもり=ゲームの図式から考える

投稿日:2017年5月21日


 

うちの息子の最近の大学以外の動きはというと・・・

カードゲーム、プレステ4、スマホゲーム・・ゲームだらけ(笑)

不登校=引きこもり=ゲームとなるのは、我が家だけではないですよね?

最近はカードゲームの買戻しにお金を費やす息子です。

昔していたゲームをやめたときに、中古ショップで売ったんですけど、また始めちゃってね。「売らなきゃよかった・・・」と買戻しに出歩いていますよ。

 

私は見ていて怖くなるくらい。これが世代のギャップなのかな?

とにかく違和感を感じるんですよね。

私からしたら無駄使いというか浪費にしか見えなくて、もっと大切にお金を使ったら?と言いたくなる(昔の私なら言ってたでしょうけど、今は言いませんよ)。

でも、本人たちにとっては大切な趣味。

主人のパチスロや煙草も同じですね(笑)

 

 

そう言えば、受験期にこんなことがありました。

受験の時はプレステ4は自分の意志で封印し、ゲームはスマホだけ。今は最後にログインした時間がわかるようになっているんですね。

息子が2日間ログインしていなかったときに友達から「大丈夫か?元気か?」とLINEがあったそう(笑)

友達からしたら2日もログインしていないというのは、只事ではない。インフルにでもかかったか?と心配してくれていたのでした。

若い子たちの間では、きっとこれが普通の感覚???

 

(独居老人にこのシステムがあれば本当はいいんでしょうけど、歳を取るほどにスマホやゲームからは離れていくんですよね。なかなか難しい)

 

熱中するものは人それぞれ。

主人は煙草をやめられないし、パチスロにハマったこともあったし、私から言いたいことはあるけど、主人からしたら、私がカフェで本を読んだり、何かの作業をしたりする行為が全く分からない。

美容関連についてもそうかな^^?

「してもしなくても変わらないじゃん?(笑)」って。

そうかもしれないけど、これは気持ちの問題で女性ならこれはわかることですよね~。

年齢なんて全然関係なくて、おばあちゃんでもずっーーと女性なんですよ(笑)。

美容関係を仕事にしている友人が言っていましたけど、おばあちゃんにエステをしてあげるととても喜ばれる、表情が明るくなって、心から喜んでいるのが伝わるんですって。

そして、その姿がとても美しいと。

うん、わかるような気がします。

 

自分の生活に張りをもたらすものは人によって異なっていて、子供たちにとってはゲームが活力で、人とのつながりを保つ生命線なのかもしれません。

ゲームは敵!という親の見方もわからなくもないですが、そこは子供の立場も考える必要があるのかもしれませんね。

 

今日もゲームの一日となりそうです(^-^;

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

息子の奇妙な生活

  あっという間に11月です。 息子と主人の体調は、寝込むほどではないもののまだ復調しているとは言えず・・・。 今年はきっと体のメンテナンスの年。そう割り切って、心と身体の健康を学び倒します …

不登校の子供の職業まで考えたことがありますか?

  高校生でもアルバイトをしている子もいるし、大学生になればそれはもう普通のことですよね。 何でこんなことを言うのかというと、 息子はアルバイトをするだろうか? できるのだろうか? と思って …

【ストレスです。生活習慣を見直して】と言われても、実際は難しいよね(^^;)

  ストレス・・・ 私達には耳慣れた言葉ですよね? 不登校の子供、そして、母親は相当ストレスをため込んでいる。これは事実でしょう。 勿論、生存を脅かされた古代もストレスはあったでしょうし、現 …

あなたの心は今どこに向いていますか?自分の心を時々見直すことも大切です。

  昨日はちょっと嬉しいお客様がありました。 と言っても、友達とかではなく、保険のセールスレディです。つまりは、私がお客様ってことなんですけどね。 でも、会えば話も弾み、結構な時間を過ごして …

不登校の子供に「頑張って学校行け!」は禁句?

  【頑張って学校に行く】 あなたはこの言葉を聞いてどう感じますか? そもそも、学校って頑張って行くもの? 今更ながらそんなことを考えます。 私は習慣で学校に行っていて、頑張って行った記憶は …