【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校で幸せを感じたこと

投稿日:2016年8月4日


 

夏休みも8月に入り、結婚して他県に住んでる友人たちが、代わる代わる帰省をしています。

両親が健在でも70後半~80代ですからね。マメに帰省する友人が多いですよ^^

 

私の同年代の友人は20代で出産している人が多く、私の息子と同級生くらいの歳の子は、第2子、第3子が多かったりします。

第3子が18歳ともなれば、上二人は就職だったり、進学だったりで家を出ていることも多く、末っ子が事実上家に一人っ子状態でいるわけなんですが、その末っ子も来春には・・・となると、よくこんな声が聞こえてきます。

『寂しいけど、仕方ないよね・・・』

 

うん、この気持ちもわかりますTT

 

親としてはこれが普通のことで、喜ぶべきことではあるんですけど、正直なところ、寂しいですよね。

我が家はまだまだ家にいそうですけど、どんどん子供が自立をしていく家庭にとっては、我が家の状況が羨ましくもあるのかな、なんて思えてしまいました。

 

私はどれだけの時間を息子と過ごしていたんだろう・・・

 

今までこんなこと考えたこともなかったのに・・・

 

幼少時の入退院を含め、学校に行けないときは家にいましたし、普通に通える子の何倍の時間一緒にいたんだろうと、ふと思ったんです。

不登校真っ盛りの時は、私も登校を願うばかりで、共に過ごす時間など望んでもいなかったのに、
今、周囲が夫婦二人になりつつ時にあって、私もいつかはその日が訪れる、と考えるようになりました。

 

一緒にいた時間が長いだけに寂しく感じるのか、やっと自立できたとホッとするのか、どちらの思いが強いのかな?

現時点では、ホッとするに軍配。

でも、実際その時がきたら、『寂しい』でしょうね・・・

 

通えなかった事実は、決していい思い出とは言えませんが、こうして誰よりも子供と多くの時間を過ごし、傍にいることで様々な感情を経験できたことは、ある意味、幸せなことだったんでしょうね。

たくさん子供と会話もしたし、一緒にドライブや買い物にも行きました。一緒にボウリングもして、遠征にも高速運転や新幹線で連れていきました。

一方で、たくさん涙も流しました。
たくさんの負の感情で苦しみました。

まだ、完全に対処できていないところもあり、書いて思い出すと涙が溢れてくることもあります。

 

誰よりも息子の傍にいたのは私。

 

どんな感情も、ここまでくれば本当にいい思い出です。

楽しいだけがいい思い出なのではなく、むしろ、苦しみを乗り越えた思い出こそが、強く強く記憶に残るのです。

 

息子もいつかは自立をする。

もうその時が近づいてきているのですから、今、一緒に過ごせるこの時を大切にしよう、という気持ちを起こさせてくれます。

 

卒業まであと7ヶ月。

この期間は少なくとも家にはいますから、じっくり味わっておこうと友人の話から思ったのでした。

 

やっぱり、いろんな角度から見ることって必要だなぁと思うんです。

 

お悩み最中の時は、そんな目で見れません。それが普通ですよ。

 

でも、時が経って、きちんと自分で向き合って考えれば、必ず見えてきます。

 

この作業は未来において、ぜひしていただきたいですね。

 

私も、これだけ一緒に過ごせて良かったと思うなんて、数年前には思いもしませんでしたから。

 

息子も私も『時』を重ねて『今』があります。

学校で過ごせなかった時間は、私との絆作りの時間でもあって、一緒にいれたことは、やっぱり幸せな時間でした。

 

これはこれでありがたい事実なんだなと、不登校もある程度の段階まで来ると、こんな気持ちにもなるようです。

 








-つぶやき

執筆者:


  1. みかりん より:

    こんにちは^o^

    毎日暑いですね…
    すっかりバテバテです。

    去年の今日、息子が「学校へ行かない!」宣言をしました。
    それからずっと私のそばにいます。
    家出したり、非行に走ったりせず、身長だけがスクスクと伸びております。

    今はこれでいいと思えますし(欲を言うと勉強してほしいけど)、1年前の自分に大丈夫って言ってあげたいです。

    こんな気持ちを共感してくれる友達はいないので…

  2. befield より:

    こんばんは^^

    そうだったんですね・・・
    1周年、普通に聞けば長いです。
    いい息子さんですね^^

    みんな本当にいい子^^
    ブログを書き始めてたくさんの声を聴くことで、強く実感もするようになったし、
    学校行く行かないより、そんないい子に恵まれてよかったじゃん!
    って、人ごとなら思うんです^^;

    鏡のような状態で自分を見れるので、私はすごく助かっているし、
    以前より毎日が楽しくなりつつあります^^

    どうもありがとうございます♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

良い人、良い嫁、良い母、良い妻から卒業するには・・・

  新年度が始まって1週間余り。 皆さんそれぞれにいろんな思いや感情の中過ごされているんだろうなと思います。 私もその一人。 私は特に器用に立ち回れるほうではないので、人の忙しさや機嫌といっ …

好きなものを手に入れることは、自分の心の質を高めます

  最近は衝動買いがほとんどなくなって、『欲しいものを買う』楽しさがやっとわかるようになりました。 だから、買い物も本当にシンプル。 ひとめぼれした商品は、私の中での購入率は高いですね。 自 …

つぶやき~ママ友の付き合い

  家庭内での教育や習慣って、家庭によって様々ですよね? 何が悪いとは言わないけれど、人によっては『普通』に見える教育が、ある人によっては『苦痛』のこともあって、子供を通した親のお付き合いと …

親の欲望が不登校の問題を遠ざけます

  不登校の解決方法ってそもそもどのようなことなのでしょうか? これも人によって、異なりますよね。 学校に行ってくれたらそれで解決って方が多いのかな?   自分が求めるゴールによっ …

「心」を幸せにするのはやっぱり「心」

  今日から5連休という方も多いかな。 お子さんもお母さんもお父さんも良い連休になりますように^^!   本日の我が家は、主人は仕事。 息子は高校時代の友達と3人で、ステーキを食べ …