【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

息子のレポートもカウンセリングを受けてきました!

投稿日:2017年9月7日


 

昨日は息子のカウンセリング日でした。

今回は久しぶりの受診ですね。だいたい月1回のペースで通っていますが3ヶ月ぶりくらいかも。

前期の試験もあったし、夏休みはゲーセン通いで多忙でしたから(笑)

カテキョーくんも同じところに通っているので、息子の様子はある程度は流れてはいるし、伝言やプリント類もカテキョーくんから届いていたりするんですけどね。

今回は前期に書いたレポートを全て持参してのカウンセリング。

  • ドクターが息子のレポートをどう判断するか?
  • 書き方がカテキョーくんと似ていないか?

ドクターの反応が楽しみでした。

 

さすがに・・・と言ったら失礼ですが、見るところが違いますね。

文章を読んで、息子の思考を説明してくれたようです。

 

確かに言い回しとかは似ている。

でも、思考の方向性は真逆らしい・・・

 

「ふーん」(^^;

 

ドクターが言うには、カテキョーくんは文系で情緒あふれる書き方。息子は理系よりで考えながらの書くタイプとのこと。

やっぱり私には「???」かも(笑)

ドクターが患者さんのレポートを読む理由というのも、文章を読めばその時の精神状態がわかるからなんだそうです。

 

ちなみにだけど、ドクターがこのブログを読んだら、私の精神はきっとまるわかりなんでしょうね~。

というか、毎日読んで下さっているあなたもまるわかり???なのかな(笑)

自分のことを一番知らないのはきっと「自分」なんだと思います。

 

話を戻しますが、息子のレポートでもうひとつ嬉しい指摘がありました。

息子は発想も書き方も囚われがなくていい意味で自由。着眼点も掘り下げ方もちょっと変わっていると。

学校で作文も習っていないし、家で教えてもいないし、仮に書き方のパターンというものがあるのなら、息子はそれは無視しています。数学の証明のような流れで、自分の進めたいように文章を組み立てているのかなと思います。

ドクターは学校に行っていないから、息子の頭はいじられていない。だから、こういう文章が書ける。このように言ってくれたようでした。

私は人と違うことは大好きだし、息子にもそうであって欲しいと願っています。

そして、今となっては私も人と違うこと、埋もれないことを目指しています。

目指すというよりかは、元に戻ろうとしているという方が正しいかな?

馴らされて身につけてきたものを一つ一つ脱いでいる感じですね。そのうち、泣きたいときに泣いているかもしれませんし、嫌なことは嫌!と言っているかもしれない。人の話に相槌を打つのではなく、「そうかもしれないね。でも、わたしはこう思う!」とハッキリ言っているのかもしれない。

不登校の躓きは自分と向き合うことであり、自分との対話でもあるんでしょうね。

これは私だけではなく、あなたも感じていることではないでしょうか?

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【4】という字を好きですか?嫌いですか?

  昨日、4という数字を見ていて思ったことがありました。 あなたは4という数字にどんな印象をお持ちでしょうか? 「好き?」「嫌い?」 4は「死」につながる数字として忌み嫌い人は多いです。実際 …

華やかな【美魔女症候群♪】を楽に過ごせるようにしましょう(^_-)-☆

  今日はこんな時間にこんにちは^^です(笑) 今日は更新がないなぁ、と思ってくれていた方がいたら嬉しいですね^^   完全復調とはいかないものの私も日に日に体調は戻りつつあります …

不登校問題を乗り越える壁~私の次なる段階

  以前の私は、学校に通えたら不登校は解決、と思っていました。 ところが、どうして、どうして、そんな単純なものでもないですね。 行き渋りが出始めた時は、一時的なものですぐまた行くだろう、と楽 …

家の『氣』を整えることが、私にとっては心の平安につながります

  全国的に夏休みに入った頃でしょうか? 不登校の親にはあまり実感がないんですけどね。 夏休みは三食作らないといけなかったり、家で一人の時間が持てなかったりと、子供は嬉しくても、母親は大変か …

見えないものを感じること。ご縁というつながりをどう感じるかも大切です

  私には不思議と友達や知人とは違う『ご縁』を感じる方がいます。 出会いの瞬間はあくまで他の人と一緒。 しばらく経ってから、そうですね、数年経ってから濃いご縁を感じるのです。   …