【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

息子、風邪をひく~入学後初めて休みました

投稿日:2017年4月29日


 

実は・・・主人と息子が風邪っぴき。

主人は咳、息子がのどの痛みと鼻水です。

私は風邪に対しては割と免疫力があり、滅多に移ることはありませんが気をつけます。

そろそろ疲れも溜まり、入学後の緊張も解けてきて身体がホッとする時なのかもしれませんね。

GWあたりは要注意とは思っていましたが、これはどなたも同じですよね?

お子さんも勿論、お母さんも、疲れがある方はゆったりと過ごし、元気な方は体を酷使しすぎないように気を付けてくださいね。

 

昨日はちょっとばかり、今更ながらの初体験をしてみました。

それはですね、市販の風邪薬を飲んでみた!です。

遅いデビューでしょ?(笑)

持病の喘息があって、1~2年前までは気管支拡張薬が手離せなかったので、風邪の時は必ず病院に行って薬をもらっていたんですよ。

でも、今は飲み薬がなくなり、吸入薬だけになったので、

「市販薬飲んで大丈夫だよね?」

と家にあった風邪薬を飲んでみました。

 

薬は効いたようですね^^

でも、昨日は無理をせず、大学は休んで家でゴロゴロしていました。

主人はここで無理をしてしまうんですけど、息子は絶対無理をしない。

風邪が発作につながると自分が一番苦しいですからね。

具合の悪い中、病院に行かなくていいし、待たなくていいし、市販薬が飲めるのは気持ち的に楽だって、息子が言っていました。

 

そして、更に意外な言葉も洩れました・・・

 

「今日の講義行きたかったな・・・」だと。

変われば変わるものです。

私の方がこの言葉に驚きですよ(◎_◎;)

 

これが、私が学生の頃と息子との違いとも思いました。

前に記事にもしましたけど、「Have to」か「Want to」かです。

私は「学校は行かなくてはならない」とずっーと思っていて、風邪をひいても休むことはなかった。

少しくらいの風邪で「休んではいけない」とさえ思っていました。

一方で、息子は今「行きたくて行っている」。

この状態を思うと、ちょっと羨ましくもなりますね。

 

息子の年齢でそう思える子って少ないんじゃないのかな?

 

自分が本当にしたい、やりたいことが見えるのは、就職してからということも多くないですか?

 

ですから、大学の段階で学びたいものに出会えるって本当に幸せなことなんだと思います。

 

 

もうすぐ入学してから一か月になるというのに、

「本当にこの大学の学生になのか不思議な感覚になる時がある」

「大学に行く息子が幻のような感覚になる時がある」

と、まだまだ「不思議ワールド」にいる私達。

 

毎日出かける息子を見て???、家で一人で過ごすことに???

息子が帰ってきて、「あ、日常に戻った^^」とホッとするという感じが強いんですよね。

 

いつになったら慣れるんでしょう(^^;)

 

と、今日はつぶやき投稿ですが、
体調には気を付けて良いGWのスタートを切ってくださいね(^_-)-☆

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ある女子校生の話から。彼女の好きなマンボウとは?

  今日は息抜きブログ。 くだらない内容です^^   私はカフェで本を読んだり、書き物をしたりすることが多いです。 で、先日行ったカフェでの出来事。   私は窓に面したカ …

息子のレポートもカウンセリングを受けてきました!

  昨日は息子のカウンセリング日でした。 今回は久しぶりの受診ですね。だいたい月1回のペースで通っていますが3ヶ月ぶりくらいかも。 前期の試験もあったし、夏休みはゲーセン通いで多忙でしたから …

お釈迦様の台座はなぜ蓮の花なのでしょう。この話を聴いたことがありますか?

  なかなか肉体的にも精神的にもハードは日は続いていますが、昨日の結果発表で今年度の息子の行事は終了しました。 本人も主人も私も、思いというのはそれぞれで、きっと同じではないでしょうね。 こ …

息子の奇妙な生活

  あっという間に11月です。 息子と主人の体調は、寝込むほどではないもののまだ復調しているとは言えず・・・。 今年はきっと体のメンテナンスの年。そう割り切って、心と身体の健康を学び倒します …

見えないものを感じること。ご縁というつながりをどう感じるかも大切です

  私には不思議と友達や知人とは違う『ご縁』を感じる方がいます。 出会いの瞬間はあくまで他の人と一緒。 しばらく経ってから、そうですね、数年経ってから濃いご縁を感じるのです。   …