【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

不登校を経て大学生活を送る息子を見て思うこと

投稿日:2017年5月10日


 

息子が大学に入学してからほぼ1ヶ月。

新たな環境にも慣れてきて、リズムも整ってきたようです。

母親の私が促さずとも勝手に大学に行く息子を見ていると、今までは何だったんだろう?って不思議な感覚になります。

サークルにも入ろうか、そろそろボウリングも再開しようか、大学院入試に備えてカテキョーくんと英語の勉強を開始しようかと、最近はまた意欲的。

サークルもね、任意で参加するボランティア活動のサークルらしくて、これは息子のどんな思いから来るんだろうと考えさせられます。

ボランティアに参加することで単位が取れるよ~というものであれば「単位取得のためね」と納得もするし、アルバイトをするというのなら「自由になるお金が欲しいのね」と納得もします。

 

息子のボランティアをする目的は何なんだろう?

 

これが私の不思議です。

純粋に奉仕の心から?

もしそうだとしたら、その心はどこから来た?

自分が不登校で辛かったから?

 

とても嬉しいことではあるんだけど、不登校で意欲のない時期もあったので、その大いなる違いに変な感覚なんですよね。

私自身がアルバイトに明け暮れた大学生活で、ボランティアには見向きもしなかったから尚更そう思うのかもしれません。

これを書きながらなんとなく息子の心を推測しているんですけど、労働の対価としてのアルバイトは多分が心が拒否しているのかなと感じます。

時間に縛られることもあるし、言われたことをただこなすということにも抵抗があるのかなぁと。

ただ、アルバイトでもちょっと違った要素が入れば心が動くのかもしれない。

例えば、それこそ不登校小学生や中学生の話し相手になるとか、勉強を教えるとか(教えられるレベルであったとしてね^^;)、あー、初心者の方へのボウリングの手ほどきとか、介護は無理でも老人の話し相手とか、ですね。

こうして書いていると共通しているものが見えてきますね(笑)

 

息子が求めるのは、人との関わりなのかなぁ。

人との関わりから得られる心の充足を求めているのかなぁ。

 

ただね、息子の心境がどうであれ、今の息子と不登校時の息子とを比較して思うことがあって、

それは、不登校の子供にとって、学校は本当に大きくて、そして重い存在だったということです。

学びたい意志があっても、学校という環境には負けました。

だから、せめて高校の3年の間だけでも大学のような環境が用意されていれば、子供は楽になれていたのかなぁと思ったりして。そうすれば、少なくとも3年間の苦痛からは逃れられたと思います。

 

大学のような高校というと、単位制の高校が一番近いかなぁ。

ただ、現状の単位制高校は、どちらというと定時制の感覚に近くて進学を考えた場合は不利のイメージが強いですよね。

普通高校でも特進科あるくらいですから、単位制高校の進学科コースなんてのがあってもいいのでは?面白いのでは?と今ちょっと思いましたよ。

予算とか運営とか人が集まるとかあくまでもそういうのは無視しての考えでね^^

 

ま、これは教育に関する展望であって私が動かせることではないので、不登校の子供の母親としては、自分でできることを見つけて試していくことになるんですけどね。

不登校の子供の母親は主体的に動くことが求められているんだと思います。

トライ&エラーでね。

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校は葛藤の連続。自分の顔が鬼になっていないか時々チェックしよう

  写真にうつった自分の姿・・・ あなたはどう受け止めますか? 第三者から見たらごくごく普通のあなたの姿。 でも、自分では「私って、こんな?」と思ったり。 あと、声もありますね。 自分が発し …

只今、10分ルールにトライ中!私ができたら子供にも教えます♪

  7月も中旬に差し掛かり、これから夏休みですね。 昨年と同じ自分のままではないか? 自分は成長しているか? 昨日の記事は、今年後半へ向けての私のちょっと目標の見直しを促す意味もありました。 …

つぶやき~ママ友の付き合い

  家庭内での教育や習慣って、家庭によって様々ですよね? 何が悪いとは言わないけれど、人によっては『普通』に見える教育が、ある人によっては『苦痛』のこともあって、子供を通した親のお付き合いと …

息子の理想の学校があったとしたらどんな学校だろう・・・

  『こんな楽しい学校ない^ ^』 これは、昨日食事をした伯母の息子さんの言葉とのこと。 伯母は、転勤族で家族であちこち飛び回っていたので、子供も転校してばかり。 息子さんが高校一年の時に転 …

不登校のお子さんをお持ちのお母さん、今年は頑張りました

  昨日は珍しく一人で過ごせた私です。 息子は受験の手続き関係があるらしく、自分で起きて登校しました。 ひどい時だと夕方近くに起きることもあって、かなりめちゃくちゃな生活習慣。 それでも、必 …