【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

つぶやき

華やかな【美魔女症候群♪】を楽に過ごせるようにしましょう(^_-)-☆

投稿日:2017年5月26日


 

今日はこんな時間にこんにちは^^です(笑)

今日は更新がないなぁ、と思ってくれていた方がいたら嬉しいですね^^

 

完全復調とはいかないものの私も日に日に体調は戻りつつあります。

 

2人を送り出して、
家事を済ませ、
本を読みながら半身浴をして、
ちょっと自分に美容を施し、
アロマを焚きながら、
今、コーヒーを淹れました。

こうやって書くと、いかにも優雅な雰囲気ですけどね〜、どんな感じかは想像にお任せします(⌒▽⌒)

 

不登校&受験期のストレス&新年度への変化。
私自身の年齢的なもの。

一気に重なったのが、まさに今のようです。

まぁ、いわゆる更年期・・・ですけどね(^_^;)

 

不登校という言葉同様、更年期という言葉も私は好きではありません>_<

どちらも俯き加減のイメージがあって、暗さが先に立ってしまうんですよね。

なんとなくわかっていただけるかな?

ということで、勝手に【美魔女症候群】とさせていただきます(笑)

今、私の身体は【美魔女症候群】が華やかに訪れているってことですよ*\(^o^)/*

中学、高校のお子さんのお持ちのお母さんはおそらく40代の方がほとんどですよね?

個人差はあるけれど、これから経験する方、もうプレ期をお過ごしの方、いらっしゃるかなぁというお年頃。

不登校同様【美魔女症候群】もなってみてわかる辛さがありますよ〜。

年齢的にも不登校で悩む時期と自分の身体の変化がかぶるのが私達の年代なんですよね。

子供だけではなくて、ご両親の看病や介護をされている方も中にはいて、肉体的にも精神的にも負担が大きい時期です。

自分の身体が不調だと自分のことも心配にもなるし、子供の未来も明るく感じられなくなります。

気付いていないでしょうけど、知らず知らずのうちに、悩むことに自分のエネルギーと時間を使っているんですよね。

 

ですから、体調は本当に大事。

ホルモンの変化は日々のストレスでも生じますけど、【美魔女期】は大きく変化します。これを私は今実感しています。

この変化というものを予め知っておいて欲しいな、というのが今絶好調♪の私が伝えたいことですね。

体調が思わしくないと、いろんなことがうまくいかない、思考も働かないんですよ。

不登校ライフを乗り切るためにも、お母さん方には明るく元気でいて欲しい。

お子さんのための努力はもうそれぞれに十分過ぎるくらいに果たしていると私は思っているので、もっともっと自分を大切にして、自分の欲求に耳を傾けてください(⌒▽⌒)

そうすることで【美魔女期】も楽に過ごせるようになると思います。

これ、本当に大事ですからね(^_-)-☆

私は準備がないまま来てしまいなかなかの苦痛を味わっているので、今から、準備、準備です。

 

【補足】

不登校という言葉は好きではない!ってことを前に記事にしたことがあります。
記事はコチラ

何か適切な言い方がないかなぁとボヤいていましたが、今、ちょっと閃きました!

くだらないけど、備忘録(笑)

不登校 → self-made-education

横文字だとカッコよくみえるかなと思って♪

いかがでしょう(笑)

 








-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校で幸せを感じたこと

  夏休みも8月に入り、結婚して他県に住んでる友人たちが、代わる代わる帰省をしています。 両親が健在でも70後半~80代ですからね。マメに帰省する友人が多いですよ^^   私の同年 …

ミスを笑い飛ばして、次なる力を引き出そう!!

  私の好きな野球も今シーズンはソフトバンクの優勝で幕を閉じました^^ 半年以上も楽しませれくれた選手たちに感謝すると共に長いシーズンお疲れ様と言いたいです。 でも、厳しい実力の世界はこの後 …

親の欲望が不登校の問題を遠ざけます

  不登校の解決方法ってそもそもどのようなことなのでしょうか? これも人によって、異なりますよね。 学校に行ってくれたらそれで解決って方が多いのかな?   自分が求めるゴールによっ …

電子書籍がもっと普及する世の中になったら、教育環境も変わるかもね

  最初からどうでもいい質問ですが、電子書籍って読みます? 私はどこか食わず嫌い的なものがあって、電子書籍には抵抗があったんですよね。 でも、今では電子書籍用のタブレットを購入しようかと思っ …

つぶやき~ママ友の付き合い

  家庭内での教育や習慣って、家庭によって様々ですよね? 何が悪いとは言わないけれど、人によっては『普通』に見える教育が、ある人によっては『苦痛』のこともあって、子供を通した親のお付き合いと …