【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

不登校も五体の一部として愛せるかどうか

投稿日:2016年11月20日


 

外は雨。

冬に差しかかる時期の雨は、寒さも感じさせますね。

雨は嫌いという人は多いけど、恵みの雨とも言う言葉があるとおり、感謝して喜ぶこともできます。

どんな状態でも、喜べるのが良い心の状態ですね。

 

幸せとは外にあるものではなくて、自分の中にあるもの。

 

この言葉は記憶に残った言葉ではあったけど、その意味を知ることはなかなか笑

初めは嫌悪の思いで聞いていたっけ笑

子供が学校に行かないから、私がこんな気持ちでいるんじゃない?学校に行けば、今よりは良くなるに決まってるよ、と。

何も気持ちがわかってないな、と文句を言いたくなり、どこまでも自分中心笑

もしかしたら同じ気持ちの方もいらっしゃるかもしれないですね。

 

今あるものに感謝する
今を生きる

今を意識しようと努力しても、将来の不安は襲ってきて、今を楽しむことはできないんですよね。

 

幸せというものには、つかみどころがないものです。

幸せだと思って毎日を過ごしていても、突然、自然災害に巻き込まれることもあります。理不尽なことが降りかかることだってありえます。

どうしても外的なことに振り回される、その中でどうやって幸せという心の感情を保てるのか?

私は疑問でした。

 

でも、赤ちゃんや小さな子供たちは、ニコニコ毎日を楽しく過ごしています。

今を楽しんでいるんですね。

今を楽しむ子供達の楽しそうな姿は、私たち大人の笑みをも引き出します。

これが今を生きるということ。今を楽しむということ。

 

私達大人は生きているうちに、恐れや不安という感情を身につけ、それに囚われることも覚えていきます。

恐れや不安という感情を知っているから、今を幸せに集中できない。

 

だから、冷たいかもしれないけど、これは本人の問題でしかない。

本人の心の問題。

昨日より以前の過去を引きずって不幸とすることもできるし、新しい今日を明るく精一杯生きることもこともできる。

それはその人次第なのです。

たとえ望んだ状況でなかったとしても、同じ1日を生きるのならどっちがいいのだろう?

 

不登校を受け入れるのは、私にとってはなかなか大変なことでした。

そして、自分で不幸になるのもとても簡単でした。

どうしたら、不登校という不幸から脱出できるのか?

私はその答えを知りたかった。

 

心の変化は人それぞれですが、私は、心の底から、我が子がいて良かった・・・と思える瞬間に出会えるかどうかだと思っています。

我が子が本当に愛おしいと思える瞬間です。

・折り紙を作ってくれた
・手紙をくれた
・母の日にお花をプレゼントしてくれた
・体調が悪い時に料理をしてくれた
・灯油を持ってくれた
・笑顔を見せてくれた
・話してくれた

たった一つでいいんですよ。

その一瞬だけ、この子がいればいい、学校なんてどうでもいい、そう思える感覚を味わうことができるかどうか。

日常に子どもがいる喜びをかみしめることができれば、次の機会もまた訪れます。

感度の扉が開きましたからね。

 

残念ながら、登校して欲しいという執着がある限りは、脳にセットされたゴールは登校です。

登校へと導く方法を探すように働きます。

極端な言い方をすれば、今の存在の我が子より、登校できる我が子を愛しているということです。

言葉が難しいのですが、登校できないのもその子一部で、五体と同じなんですよね。

切り離したり、両立させたり、がそもそもできない。

子どもの五体と心はつながっていて我が子です。

登校できない我が子も受け入れて愛せれば、親の愛のステージが上がるわけですから、子供にも親の変化が伝わり、子供も変わっていくと思うんですね。

 

いや〜ほんと難しいや〜笑

また、わかりやすく適切な言葉で伝えることができるように努力します(⌒-⌒; )

今日はこのへんで。

 








-想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏休み明けの不登校のお母さんに伝えたいこと

  全国的に夏休みも終了し、それぞれの想いがある休み明けを過ごされてるのでしょうね。 夏休みが終わってストレスを抱える方、ストレスから解放される方、これもまたイロイロなんですよね? 私は疲れ …

私が思う本当の不登校の解決法はコレ!

  今日はお題の通り^^ 私が思う本当の不登校の解決法です。   なかなか響かない方もまだまだいるのは承知の上ですが、ただ聞いたことがあることと聞いたことがないのとでは大きな違いが …

不登校の家庭には不要な【卒業アルバム】

  「卒業アルバムは要らない」 これは不登校のお母さんが持つ共通の感情のようです。 息子の場合、小学校の卒業アルバムはありますが、中学校の卒業アルバムはありません。 小学校の時は仲の良い友達 …

不登校の子供たちが未来を創る素質があるのかもという予感

  昨日は体調不良の息子のため、大学まで車で送迎をしていました。 相変わらず甘々な母親です(*´▽`*) 私も頭痛は良くなりつつありましたが、まだ頭痛の残骸というか重さが残っていまして、万全 …

不登校を乗り越えるのに、親が変わる必要があると言われても・・・

  不登校問題は親が変わることが必要である。   これはよく聞く言葉ですよね? でも、実際のところどうなのでしょう? 確かに、そういうところもあるとは思います。 でも、不登校初期に …