【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌

小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。

想い

相手の気持ちをわかってあげられる子に・・・

投稿日:2017年10月12日


 

3連休が過ぎて、息子の体調はほぼ全快。

ですが、今度は主人が風邪。。。

私だけ元気です!!

季節の変わり目はなかなか回復も時間がかかるようです。

体調にはくれぐれも気を付けてお過ごしくださいね。

 

昨日、息子は休講だったようで、一日お休み。2人で家でのんびりしていましたよ。

何だろう???この感覚???

息子と2人でいるのはごくごく普通のことですけど、空気感が違うんですよね。

まーるい、穏やかな空気が流れています。

おそらく、息子と私の心の現れなんだと思います。

順応性がない不器用な我が家の特徴かもしれませんが、やっと後期になって心も身体も落ち着いてきたような気がしてます。

どちらかというと心の影響が大きいかな?

大学入学が決まって安心のはずが、自分が思う以上に息子の環境の変化に私がついていけなくて、身体の方もみんなで毒出しみたいになったりで(笑)、これは全く想定外でした。

ほんと最近です。心にもやっと余裕が出てきましたし、体も変な強ばりや緊張がないのがわかります。

息子の大学を通り過ぎるときに思っていた「本当にここの学生なんだろうか・・・」という感覚も、やっと○○大学の学生と思えるようになってきましたね。

気圧の低下は感じても、息子も私も偏頭痛までいかなくなったし、これが落ち着いてきた証拠だと思います。

遅くなりましたが、後期はしっかりと大学1年の生活を噛み締め味わっていきます。

 

前置きが長くなりましたが、今日伝えたい本題は全く別ものです(笑)

先日、修学旅行に行きたくないとごねていたお子さんの話の続きです。

簡単に経緯をお話しすると、

  • 子供さんが修学旅行に行きたくないと言い出した
  • お母さんが、お子さんの気持ちを第一に考え、学校の先生と話し合いを重ねた
  • けど、最終的にはお子さんは修学旅行に参加した
  • 私は、お母さんか先生がお子さんが動きたくなる声がけをしたのではないかと想像した

です。

そこで、お母さんに「どんな声がけをして、背中を押したの?」と聞いてみました。

 

修学旅行前に、冷静に2人で何回も母子での話し合いは重ねたそうです。

 

グループ分けをする時に、子供さんを頼って一緒のグループで行動したい!と言ってくれた子もいたそうで、

「○○が行かなかったら、その子は寂しい思いをするんじゃないかな?」

と伝えたと言っていました。

彼女は、相手の立場に立って、相手の気持ちをわかってあげられる人になって欲しい!という育児に対する姿勢を持っています。

もしかしたら、お子さんもそこでハッとしたのかもしれませんね。

お母さんは、本当のところはわからないけど・・・とは言っていましたが。

 

彼女のすごいところは、いつでも子供に寄って考えてあげられるところ。

行き渋りが生じても、親の思いを態度には出さないで、子供の立場に立って、一緒に考えてあげるんですよね。。。

なかなかできないことだと思います。

私は、しばしば、いかに親の感情が優先になっているかを気付かされています。

 








-想い

執筆者:


  1. みかりん より:

    こんにちは^ ^

    私はいまだに息子が修学旅行に行けたのか、理由がわかりません。

    悔しいけど、主人が背中を押したかな〜

    でも、息子は
    「また沖縄行きたい〜」としょっちゅう言ってます(^O^)

    人の痛み…について
    不登校の子って感受性が強いですよね。
    今日のブログを読んで、長女の予防接種の時のことを思い出しました。

    長女(0歳)は平気な顔をして注射されているのに、息子(2歳)が横で涙を流しておりました…

    看護師さん達には笑われましたが、今思えば、優しいお兄ちゃんですよね!

    人の痛みがわかれば、いじめなどもできないはず。

    私は息子の優しさを、これからも育てていきたいです(^^)

  2. befield より:

    おはようございます!

    修学旅行は良い思い出として残っているのかな?
    そうだといいですよね!
    寒くなってきたので、私も沖縄行きたいです^ – ^

    小さい頃からの資質というか性格は、基本的に、大人になってからも持っていると私は思っています。
    男の子は前面に優しさを出すということは少ないかもしれないですけど、言葉ではないジーン( ; ; )と来る優しさをみかりんさんは感じることも多いのかなと感じました。

    良い息子さんですね(⌒▽⌒)

    優しさをそのままに成長して欲しいです!!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不登校という心理の分析

  こうして記事を書くようになって、改めて不登校のことを考えることが多くなりました。 今の悩みというより、過去どういうことで悩んでいたかという振り返りだったり、自分が学生の時の気持ちを思い出 …

好きという種を植え、励ましという水をあげよう!

  息子と赤本を解いてます。 まさかこの歳になって、こんなことをするとは思いもよらずで・・・(^^;) それでも、なかなか楽しいですよ。 解き始めれば、私も真剣に解いてたりしてね笑 カテキョ …

不登校の息子の主張と主人の主張の違い

  今日は主人と息子が、あるテレビを見ていて、主張のぶつけあいとなっていました。 決して口論ではないんですけどね。 でも、私はそばで聞いていて、息子は本当に学校が嫌いなんだとよ~くわかったよ …

苦しいとき、何かが間違っていると考えたことはありますか?

  不登校も人間関係も恋愛関係もお互いに気持ちが合っていないと苦しみが生じます。 不登校は親子の関係で人間関係だから、全ては人間関係の苦しみが大きいということかな? 不登校と言われる子供はま …

不登校の原因はその子の感じる心にあります。それが、今朝改めて思うこと。

  今週一週間は、息子が珍しく学校へ行きます なんだ、通えるじゃんって(笑)   いえいえ、ちゃんと行かないといけない理由があるんですよ。 それは、学校の学年最後の試験のプリントを …